1951年の大洋ホエールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1951年の大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ6位
40勝64敗4分 勝率.385[1]
本拠地
都市 山口県下関市
球場
下関球場
球団組織
オーナー 中部謙吉
経営母体 大洋漁業
監督 中島治康(6月30日まで)
有馬義一(7月18日から)
« 1950
1952 »

1951年の大洋ホエールズでは、1951年シーズンの大洋ホエールズの動向をまとめる。

この年の大洋ホエールズは、チーム創設2年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 宮崎剛
2 木村保久
3 大沢伸夫
4 藤井勇
5 門前眞佐人
6 森雅功
7 荒木茂
8 矢野純一
9 高野裕良
1951年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 国鉄 0.0 松竹 1.5 名古屋 3.5 名古屋 11.0 名古屋 14.0 名古屋 18.0
3位 名古屋 2.5 大阪 2.0 松竹 7.5 松竹 14.5 松竹 19.0 大阪 20.5
4位 大洋 3.0 名古屋 4.5 大阪 9.0 大阪 15.0 大阪 19.5 松竹 27.0
5位 松竹 3.5 国鉄 大洋 12.5 大洋 18.5 国鉄 25.0 国鉄 31.5
6位 広島 4.0 大洋 4.5 国鉄 13.5 国鉄 18.5 大洋 25.5 大洋 37.0
7位 大阪 4.5 広島 7.5 広島 17.0 広島 25.0 広島 33.5 広島 41.0
1951年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 79 29 6 .731 -
2位 名古屋ドラゴンズ 62 48 3 .564 18.0
3位 大阪タイガース 61 52 3 .540 20.5
4位 松竹ロビンス 53 57 5 .482 27.0
5位 国鉄スワローズ 46 59 2 .438 31.5
6位 大洋ホエールズ 40 64 4 .385 37.0
7位 広島カープ 32 64 3 .333 41.0

[1]

オールスターゲーム[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 高野裕良

できごと[編集]

  • 4月18日 - 大沢伸夫が対広島戦でNPB史上5人目の通算1000試合出場を達成[2]
  • 5月10日 - 大沢伸夫が対国鉄戦でNPB史上6人目の通算1000安打を達成[2]
  • 8月5日 - 藤井勇が対広島戦(仙台)でNPB史上2人目、セ・リーグ史上初の1試合4二塁打[3]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1951年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年5月24日閲覧。
  2. ^ a b 18 達成記録一覧 Archived 2013年12月26日, at the Wayback Machine. セ・リーグ公式サイト
  3. ^ 宇佐美徹也 1993, p. 339.