1951年の広島カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1951年の広島カープ
成績
セントラル・リーグ7位
32勝64敗3分 勝率.333[1]
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島県総合野球場
球団組織
監督 石本秀一
« 1950
1952 »

1951年の広島カープでは、1951年シーズンの広島カープの動向をまとめる。

この広島カープは、石本秀一監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

前年オフに西日本が経営難により、西鉄と合併し、セントラル・リーグ所属チーム数が奇数(7チーム)になった。所属チーム数が奇数となったことで、試合日程を組みにくくなったことから、球団数をさらに1チーム減らすべきであるという論調が強まっていた。資金難から選手への給与支払いが滞り、大量解雇したカープが削減チームの筆頭候補となり、2年目にしてチーム消滅の危機を迎えていた[2]。開幕前に一時は大洋との合併が報じられたが、所属選手がチーム存続を訴え、チーム後援会を結成した。チーム後援会は株券を発行し、企業に限らず、個人の出資も受け、広くからの資金調達を受けることで経営資金を得ようと考えた。後援会発足や出資のことが地元紙で報じられると、チーム存続への強い思いを持っていた広島市民は株券への出資の他に募金も積極的に行い、チーム経営は一気に黒字に転じた。前年に引き続き、最下位に終わったものの、経営難によるチーム消滅の危機を脱した[2]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 白石勝巳
2 武智修
3 長持栄吉
4 辻井弘
5 井上嘉弘
6 岩本章
7 高木茂
8 磯田憲一
9 杉浦竜太郎
1951年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 国鉄 0.0 松竹 1.5 名古屋 3.5 名古屋 11.0 名古屋 14.0 名古屋 18.0
3位 名古屋 2.5 大阪 2.0 松竹 7.5 松竹 14.5 松竹 19.0 大阪 20.5
4位 大洋 3.0 名古屋 4.5 大阪 9.0 大阪 15.0 大阪 19.5 松竹 27.0
5位 松竹 3.5 国鉄 大洋 12.5 大洋 18.5 国鉄 25.0 国鉄 31.5
6位 広島 4.0 大洋 4.5 国鉄 13.5 国鉄 18.5 大洋 25.5 大洋 37.0
7位 大阪 4.5 広島 7.5 広島 17.0 広島 25.0 広島 33.5 広島 41.0
1951年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 79 29 6 .731 -
2位 名古屋ドラゴンズ 62 48 3 .564 18.0
3位 大阪タイガース 61 52 3 .540 20.5
4位 松竹ロビンス 53 57 5 .482 27.0
5位 国鉄スワローズ 46 59 2 .438 31.5
6位 大洋ホエールズ 40 64 4 .385 37.0
7位 広島カープ 32 64 3 .333 41.0

[1]

選手・スタッフ[編集]

オールスターゲーム1951[編集]

選出選手及びスタッフ
ポジション 名前
投手 長谷川良平

この年の広島からは監督推薦による選出のみであった。

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]