1951年の近鉄パールス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1951年の近鉄パールス
成績
パシフィック・リーグ7位
37勝56敗5分 勝率.398[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
藤井寺球場(デーゲーム)
大阪球場(ナイター)
Osaka Stadium 1989.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 藤田省三
« 1950
1952 »

1951年の近鉄パールスでは、1951年シーズンについての近鉄パールスの動向をまとめる。

この年の近鉄パールスは、藤田省三監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

前年最下位に終わったこともあり、この年こそAクラス入りを狙うチームは4月こそまずまずのスタートだったが5月以降は徐々に成績が下降。6月には阪急東急大映など4球団でBクラスを争ったが、7月には阪急・東急・大映に引き離されると最下位が定位置となった。その後はBクラスから浮上できずチームは2年連続の最下位でシーズンを終えた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 坂本茂
2 苅田久徳
3 田川豊
4 森下重好
5 山下譲
6 青池良正
7 関根潤三
8 宝山省二
9 宍戸善次郎
1951年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 東急 1.5 西鉄 3.0 毎日 9.0 毎日 13.0 毎日 14.5 西鉄 18.5
3位 西鉄 3.5 東急 6.0 西鉄 9.5 西鉄 14.5 西鉄 18.5 毎日 22.5
4位 近鉄 4.0 毎日 7.0 阪急 15.0 東急 17.0 阪急 23.5 大映 29.5
5位 毎日 4.5 近鉄 8.5 東急 16.0 大映 18.0 東急 24.5 阪急 31.0
6位 阪急 4.5 大映 9.5 大映 17.0 阪急 18.5 大映 24.5 東急 33.0
7位 大映 6.5 阪急 11.5 近鉄 17.5 近鉄 24.0 近鉄 31.0 近鉄 33.5
1951年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 72 24 8 .750 -
2位 西鉄ライオンズ 53 42 10 .558 18.5
3位 毎日オリオンズ 54 51 5 .514 22.5
4位 大映スターズ 41 52 8 .441 29.5
5位 阪急ブレーブス 37 51 8 .420 31.0
6位 東急フライヤーズ 38 56 8 .404 33.0
7位 近鉄パールス 37 56 5 .398 33.5

[1]

オールスターゲーム1951[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 関根潤三

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1951年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年8月6日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 138