1952年のロードレース世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
1952年の
FIMロードレース世界選手権
前年: 1951年 翌年: 1953年

1952年のロードレース世界選手権は、FIMロードレース世界選手権の第4回大会である。5月にスイスブレムガルテンで開幕し、スペインモンジュイックで開催される最終戦まで全8戦で争われた。

シーズン概要[編集]

1952年シーズンから、これまで許可されていなかったドイツ人ライダーとドイツメーカーの参戦が可能になった。戦前のレースで活躍したBMWワークス参戦を見合わせたが、DKWNSUがこの年から参戦を開始した[1]

また、同時にこの年からドイツGPがカレンダーに加わり、40万人の観衆を集めた[2]。但し、前年開催されたフランスGPがカレンダーから消えたため、前年同様に全8戦で争われた。

この年の第6戦アルスターGPの500ccクラスでは、18歳のジョン・サーティースがグランプリデビューを果たしている[3]

500ccクラス[編集]

前年に圧倒的な強さを誇ったノートンにとって、一転してこの年は受難のシーズンとなった。チャンピオンのジェフ・デュークとオーストラリアのケン・カバナに加え、新戦力としてデイブ・ベネットを新たにファクトリーチームに迎えたが、ベネットは開幕戦のスイスGPでトップ争いの最中のクラッシュによって命を落としてしまった。ベネットのマシンは当初はプライベーターとして参戦していたレイ・アムに与えられたが、アムはドイツGPの予選で負傷してしまう。そしてエースのデュークも選手権の合間に出場したノンタイトルのレースで足首骨折という重傷を負い、シーズン後半を棒に振ってしまった[4]

一方のジレラはシーズン中もパワーの強化を続け、シーズン終盤には55ps/10000rpmにまでパワーアップされていた[3]ウンベルト・マセッティはスイスGPはリタイヤに終わり、マン島にはジレラの伝統として出場しなかったが、オランダベルギーと続けてデュークを降して勝利を収め、デュークが負傷欠場した後半戦では2度の2位表彰台を獲得して1950年に続く2度目のタイトルを獲得した[5][6]。マセッティは最高峰クラスで複数回タイトルを獲得した最初のライダーとなった。

ノートンに代わってジレラのライバルとなったのは、レスリー・グラハムの手によって大きく進化を遂げたMVアグスタだった。グラハムはイタリアGPでMVアグスタにとって500ccクラス初となる勝利を挙げ、続く最終戦のスペインでも連勝を飾ったが、この2戦で2位となったマセッティに3ポイント及ばずランキング2位となった[4]

350ccクラス[編集]

350ccクラスでは前年に続いてノートンとジェフ・デュークによる支配が続いた。デュークは開幕から4連勝を飾り、その後の怪我によって後半の3戦に不出場となったにもかかわらず、タイトルを獲得したのである[7]

残る3戦の勝者も全てノートンのライダーで占められており、アルスターGPで優勝したケン・カバナはグランプリで優勝した最初のオーストラリア人となり、続くイタリアGP勝者のレイ・アムはグランプリで優勝した最初のローデシア人となった[2]

250ccクラス[編集]

エンリコ・ロレンツェッティ

250ccクラスも350ccクラスと同様に前年の覇者であるモト・グッツィによって支配されたシーズンであった。ただし主役となったのは前年チャンピオンのブルーノ・ルフォではなく、イタリア人のエンリコ・ロレンツェッティとイギリス人のファーガス・アンダーソンだった。

アンダーソンが開幕から2連勝で選手権をリードしたが、ロレンツェッティは2戦とも2位に入り、第3戦オランダでシーズン初優勝を飾った。ドイツGPでは地元のルディ・フェルデンハイヤーがDKWにグランプリ初優勝をもたらしたが、これは2ストロークエンジンのマシンによるグランプリ初優勝でもあった[2]

アルスターGPで2位となったロレンツェッティがポイントを逆転してトップに立ち、最終戦ではヴェルナー・ハースとのタイム差が計測できないほどの接戦を制して優勝、初タイトルを決めた[2][8]

125ccクラス[編集]

選手権シリーズの開始以来続いていたモンディアルの125ccクラス支配が、このシーズン終わりを迎えた。開幕戦でMVアグスタセシル・サンドフォードが自身とMVアグスタにとってのグランプリ初勝利を飾ると続くオランダでも優勝、第4戦のアルスターGPで3勝目を挙げて初のイタリア人以外による最小クラスチャンピオンとなった[9]

ドイツGPではヴェルナー・ハースNSUに、イタリアGPではエミリオ・メンドーニモリーニに、それぞれグランプリ初勝利をもたらしている[2]

グランプリ[編集]

Rd. 決勝日 GP サーキット 125ccクラス優勝 250ccクラス優勝 350ccクラス優勝 500ccクラス優勝 レポート
1 5月18日 スイスの旗スイスGP ブレムガルテン No Race イギリスの旗F.アンダーソン イギリスの旗G.デューク イギリスの旗J.ブレット 詳細
2 6月13日 マン島の旗マン島TT スネーフェル イギリスの旗C.サンドフォード イギリスの旗F.アンダーソン イギリスの旗G.デューク アイルランドの旗R.アームストロング 詳細
3 6月28日 オランダの旗ダッチTT アッセン イギリスの旗C.サンドフォード イタリアの旗E.ロレンツェッティ イギリスの旗G.デューク イタリアの旗U.マセッティ 詳細
4 7月6日 ベルギーの旗ベルギーGP スパ No Race No Race イギリスの旗G.デューク イタリアの旗U.マセッティ 詳細
5 7月20日 ドイツの旗西ドイツGP ソリチュード ドイツの旗W.ハース ドイツの旗R.フェルデンハイヤー アイルランドの旗R.アームストロング アイルランドの旗R.アームストロング 詳細
6 8月16日 北アイルランドの旗アルスターGP ダンドロッド イギリスの旗C.サンドフォード イギリスの旗M.カーン オーストラリアの旗K.カバナ イギリスの旗C.マッキャンドレス 詳細
7 9月14日 イタリアの旗イタリアGP モンツァ イタリアの旗E.メンドーニ イタリアの旗E.ロレンツェッティ イギリス領ローデシアの旗R.アム イギリスの旗R.グラハム 詳細
8 10月5日 スペインの旗スペインGP モンジュイック イタリアの旗E.メンドーニ No Race No Race イギリスの旗R.グラハム 詳細

最終成績[編集]

ポイントシステム
順位 1 2 3 4 5 6
ポイント 8 6 4 3 2 1
  • 500ccクラスは上位入賞した5戦分の、125・250・350ccクラスは4戦分のポイントが有効とされた。
  • 凡例

500ccクラス順位[編集]

順位 ライダー マシン SUI
スイスの旗
IOM
マン島の旗
NED
オランダの旗
BEL
ベルギーの旗
GER
ドイツの旗
ULS
北アイルランドの旗
ITA
イタリアの旗
SPA
スペインの旗
ポイント 勝利数
1 イタリアの旗 ウンベルト・マセッティ ジレラ - - 1 1 - - 2 2 28 2
2 イギリスの旗 レスリー・グラハム MVアグスタ - 2 - - 4 - 1 1 25 2
3 アイルランドの旗 レグ・アームストロング ノートン - 1 4 - 1 - 6 5 22 2
4 ニュージーランドの旗 ロッド・コールマン AJS 5 4 5 5 - 2 - - 15 0
5 イギリスの旗 ジャック・ブレット AJS 1 - - 4 - 4 - - 14 1
6 オーストラリアの旗 ケン・カバナ ノートン - - 3 - 2 - - 3 14 0
7 イギリスの旗 ジェフ・デューク ノートン - - 2 2 - - - - 12 0
8 イタリアの旗 ネッロ・パガーニ ジレラ 4 - 6 6 - - 3 4 12 0
9 イギリスの旗 クロミー・マッキャンドレス ノートン - 6 - - - - - - 9 1
ジレラ - - - - - 1 - -
10 イギリス領ローデシアの旗 レイ・アム ノートン 6 3 - 3 - - - - 9 0
11 イタリアの旗 カルロ・バンディローラ MVアグスタ 3 - - - - - 4 - 7 0
12 イギリスの旗 ビル・ドラン AJS 2 - - - - - - - 6 0
13 イギリスの旗 ビル・ロマス AJS - 5 - - - - - - 6 0
MVアグスタ - - - - - 3 - -
14 イギリスの旗 シド・ロートン ノートン - - - - 3 - - 6 5 0
15 ベルギーの旗 アウグステ・ゴフィン ノートン - - - - 5 - - - 2 0
15 アイルランドの旗 フィル・カーター ノートン - - - - - 5 - - 2 0
15 イタリアの旗 ジュゼッペ・コルナゴ ジレラ - - - - - - 5 - 2 0
18 ドイツの旗 ハンス・バルティスベルガー BMW - - - - 6 - - - 1 0
18 イギリスの旗 ジョン・サーティース ノートン - - - - - 6 - - 1 0

350ccクラス順位[編集]

順位 ライダー マシン SUI
スイスの旗
IOM
マン島の旗
NED
オランダの旗
BEL
ベルギーの旗
GER
ドイツの旗
ULS
北アイルランドの旗
ITA
イタリアの旗
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1 イギリスの旗 ジェフ・デューク ノートン 1 1 1 1 - - - 32 4
2 アイルランドの旗 レグ・アームストロング ノートン 3 2 4 3 1 2 - 24 31 1
3 イギリス領ローデシアの旗 レイ・アム ノートン 6 - 2 2 - - 1 21 1
4 ニュージーランドの旗 ロッド・コールマン AJS 2 3 3 - - 3 2 20 24 0
5 オーストラリアの旗 ケン・カバナ ノートン - - 5 - 2 1 - 16 1
6 イギリスの旗 ジャック・ブレット AJS 4 - 6 4 - 4 4 12 13 0
7 イギリスの旗 ビル・ロマス AJS - 4 - 5 3 - - 9 0
8 イギリスの旗 シド・ロートン AJS 5 5 - - 4 - - 7 0
9 イギリスの旗 ロビン・シェリー AJS - - - - - - 3 4 0
10 オーストリアの旗 アーニー・リング AJS - - - - 6 5 - 3 0
11 ドイツの旗 エバルト・クルーゲ DKW - - - - 5 - - 2 0
11 ベルギーの旗 アウグステ・ゴフィン ノートン - - - - - - 5 2 0
13 イギリスの旗 ジョージ・ブラウン AJS - 6 - - - - - 1 0
13 イギリスの旗 レスリー・グラハム ベロセット - - - 6 - - - 1 0
13 アイルランドの旗 マイク・オルーク AJS - - - - - 6 - 1 0
13 ドイツの旗 ローランド・シュネル AJS - - - - - - 6 1 0

250ccクラス順位[編集]

順位 ライダー マシン SUI
スイスの旗
IOM
マン島の旗
NED
オランダの旗
GER
ドイツの旗
ULS
北アイルランドの旗
ITA
イタリアの旗
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1 イタリアの旗 エンリコ・ロレンツェッティ モト・グッツィ 2 2 1 - 2 1 28 34 2
2 イギリスの旗 ファーガス・アンダーソン モト・グッツィ 1 1 3 - - 3 24 2
3 イギリスの旗 レスリー・グラハム ベロセット 3 4 - - 3 - 11 0
4 イギリスの旗 モーリス・カーン モト・グッツィ - 5 - - 1 - 10 1
5 ドイツの旗 ルディ・フェルデンハイヤー DKW - - - 1 - - 8 1
6 イタリアの旗 ブルーノ・ルフォ モト・グッツィ - 6 2 - - - 7 0
7 ドイツの旗 ハインリヒ・トルン=プリッカー モト・グッツィ - - - 2 - - 6 0
7 ドイツの旗 ヴェルナー・ハース NSU - - - - - 2 6 0
9 イタリアの旗 アラーノ・モンタナリ モト・グッツィ 4 - - - - 4 6 0
10 イギリスの旗 シド・ロートン モト・グッツィ - 3 - - - - 4 0
10 ドイツの旗 ヘルマン・ガブレンツ ホレックス - - - 3 - - 4 0
12 イギリスの旗 アーサー・ウィーラー モト・グッツィ - - 4 6 - - 4 0
13 ドイツの旗 エバルト・クルーゲ DKW - - - 4 - - 3 0
13 イギリスの旗 ロナルド・ミード ベロセット - - - - 4 - 3 0
15 ドイツの旗 ゴットヒルフ・ゲーリング モト・グッツィ 6 - - 5 - - 3 0
16 イタリアの旗 ニーノ・グリエコ パリラ 5 - - - - - 2 0
16 イギリスの旗 ビル・ウェブスター ベロセット - - 5 - - - 2 0
16 イギリスの旗 ベニー・ロッド ベロセット - - - - 5 - 2 0
16 イタリアの旗 ロベルト・コロンボ NSU - - - - - 5 2 0
20 オランダの旗 ジブレン・ポスマ モト・グッツィ - - 6 - - - 1 0
20 イギリスの旗 レイ・ペティ ノートン - - - - 6 - 1 0
20 イタリアの旗 ブルーノ・フランシスキ モト・グッツィ - - - - - 6 1 0

125ccクラス順位[編集]

順位 ライダー マシン IOM
マン島の旗
NED
オランダの旗
GER
ドイツの旗
ULS
北アイルランドの旗
ITA
イタリアの旗
SPA
スペインの旗
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1 イギリスの旗 セシル・サンドフォード MVアグスタ 1 1 3 1 - 3 28 32 3
2 イタリアの旗 カルロ・ウビアリ モンディアル 2 2 2 - 2 - 24 0
3 イタリアの旗 エミリオ・メンドーニ モト・モリーニ - - - - 1 1 16 2
4 イギリスの旗 レスリー・グラハム MVアグスタ - - - - 3 2 10 0
5 イタリアの旗 ルイジ・ジンザーニ モト・モリーニ - 3 6 - 4 6 9 0
6 ドイツの旗 ヴェルナー・ハース NSU - - 1 - - - 8 1
7 イタリアの旗 アンジェロ・コペタ MVアグスタ 5 5 4 - - - 7 0
8 イギリスの旗 ビル・ロマス MVアグスタ - - - 2 - - 6 0
9 イタリアの旗 グイド・サラ MVアグスタ - 4 - - 5 - 5 0
10 イギリスの旗 レン・パリー モンディアル 3 - - - - - 4 0
10 イギリスの旗 チャーリー・ソルト MVアグスタ - - - 3 - - 4 0
12 イギリスの旗 クロミー・マッキャンドレス モンディアル 4 - - - - - 3 0
12 イタリアの旗 ロモロ・フェリ モンディアル - - - - - 4 3 0
14 ドイツの旗 フーベルト・ルッテンベルク NSU - - 5 - 6 - 3 0
15 ドイツの旗 ヘルマン・パウル・ミューラー モンディアル - - - - - 5 2 0
16 イギリスの旗 フランク・バーマン EMC・パッチ 6 - - - - - 1 0
16 オランダの旗 ロー・シモンズ モンディアル - 6 - - - - 1 0

脚注[編集]

  1. ^ 『二輪グランプリ60年史』(p.25)
  2. ^ a b c d e 『二輪グランプリ60年史』(p.23)
  3. ^ a b 『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(p.28)
  4. ^ a b 『二輪グランプリ60年史』(p.22)
  5. ^ 『The 500cc World Champion』(p.28)
  6. ^ 1952 500cc World Standing - The Official MotoGP Website
  7. ^ 1952 350cc World Standing - The Official MotoGP Website
  8. ^ 1952 250cc World Standing - The Official MotoGP Website
  9. ^ 1952 125cc World Standing - The Official MotoGP Website

参考文献[編集]

  • ジュリアン・ライダー / マーティン・レインズ『二輪グランプリ60年史』(2010年、スタジオ・タック・クリエイティブ)ISBN 978-4-88393-395-2
  • ケビン・キャメロン『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(2010年、ウィック・ビジュアル・ビューロウ)ISBN 978-4-900843-57-8
  • マイケル・スコット『The 500cc World Champion』(2007年、ウィック・ビジュアル・ビューロウ)ISBN 978-4-900843-53-0