1952年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1952年の南海ホークス
成績
日本シリーズ敗退
2勝4敗(対巨人[1]
パシフィック・リーグ優勝
76勝44敗1分 勝率.663[2]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
大阪球場
Osaka Stadium 1989.jpg
球団組織
経営母体 南海電気鉄道
監督 鶴岡一人(山本一人)
« 1951
1953 »

1952年の南海ホークスでは、1952年の南海ホークスの動向をまとめる。

この年の南海ホークスは、鶴岡一人選手兼任監督の7年目のシーズンであり、2年連続4度目のリーグ優勝に果たしたシーズンである(当時は山本一人)。

概要[編集]

鶴岡監督7年目のチームは森下整鎮が遊撃手のポジションを獲得するが、それ以外の戦力は前年と不変だった。前年の日本シリーズ巨人に1勝4敗で敗れた影響もあり、チームは開幕から平凡なスタート。6月に首位を走っていた毎日平和台事件を起こしたこともあり一気に首位を奪取すると、それ以降は首位から滑り落ちることなく2年連続のパ・リーグ連覇が決定。投手陣は柚木進が19勝で最優秀防御率とMVPを獲得するなど好調で、チーム防御率2.84はリーグ1位。打撃陣は森下、飯田徳治蔭山和夫などがそれなりの成績を残してリーグ1位の239盗塁を記録し、本塁打も83本でリーグ2位と、長打力と機動力が融合した1年となった。日本シリーズ水原茂監督率いる巨人と2年連続の対決となったが、別所毅彦大友工などの投手陣に打線が封じられて2勝4敗で敗れ鶴岡監督の悲願である日本一奪回はこの年もならなかった。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 蔭山和夫
2 森下整鎮
3 飯田徳治
4 山本一人
5 堀井数男
6 黒田一博
7 島原輝夫
8 筒井敬三
9 江藤正
1952年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 予選終了時 最終成績
1位 毎日 -- 毎日 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 大映 1.0 大映 3.0 大映 4.0 毎日 3.5 毎日 5.5 毎日 1.0
3位 南海 2.0 南海 4.0 毎日 4.5 西鉄 6.5 西鉄 9.0 西鉄 8.5
4位 東急 4.0 東急 6.5 西鉄 6.0 大映 8.0 大映 18.0 大映 21.0
5位 西鉄 5.0 阪急 8.5 阪急 9.0 阪急 8.5 阪急 21.0 予選敗退
6位 阪急 6.5 西鉄 9.5 東急 12.5 東急 13.0 東急 21.5
7位 近鉄 9.5 近鉄 17.5 近鉄 23.5 近鉄 27.5 近鉄 40.5

※各108試合の予選リーグ後、上位4チームでの決勝リーグ(4試合ずつの総当り)を行い、最終順位を決定

1952年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 76 44 1 .663 -
2位 毎日オリオンズ 75 45 0 .625 1.0
3位 西鉄ライオンズ 67 52 1 .563 8.5
4位 大映スターズ 55 65 1 .4583 21.0
5位 阪急ブレーブス 49 58 1 .4579 20.5
6位 東急フライヤーズ 49 59 0 .454 21.0
7位 近鉄パールス 30 78 0 .278 40.0

*1-4位は予選リーグ(108試合)と決勝リーグ(12試合)の通算勝率、5位以下は予選リーグの勝率順で決定 [2]

日本シリーズ[編集]

1952年 日本ワールドシリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月11日(土) 第1戦 南海ホークス 3-6 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月12日(日) 第2戦 南海ホークス 0-11 読売ジャイアンツ
10月13日(月) 移動日
10月14日(火) 第3戦 読売ジャイアンツ 0-4 南海ホークス 大阪球場
10月15日(水) 第4戦 読売ジャイアンツ 6-2 南海ホークス
10月16日(木) 第5戦 読売ジャイアンツ 1-4 南海ホークス
10月17日(金) 移動日
10月18日(土) 第6戦 南海ホークス 2-3 読売ジャイアンツ 後楽園球場
優勝:読売ジャイアンツ(2年連続2回目)

[1]

オールスターゲーム1952[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
監督 山本一人
投手 柚木進 2
江藤正 2
中原宏
捕手 筒井敬三 2
一塁手 飯田徳治 2
二塁手 山本一人 2
三塁手 蔭山和夫 2
遊撃手 木塚忠助 2
外野手 堀井数男
  • 太字はファン投票による選出。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
柚木進 最高殊勲選手 初受賞
最優秀防御率 1.91 2年連続2度目
最多奪三振 104個 初受賞
最高勝率 .731 初受賞
飯田徳治 打点王 86打点 2年連続2度目
最多安打 153本 初受賞
木塚忠助 盗塁王 55個 4年連続4度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
柚木進 投手 初受賞
飯田徳治 一塁手 3年連続3度目
岡本伊三美 二塁手 初受賞
蔭山和夫 三塁手 2年連続2度目
木塚忠助 遊撃手 5年連続5度目

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 1952年度日本シリーズ”. 日本野球機構. 2015年11月1日閲覧。
  2. ^ a b 年度別成績 1952年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2015年11月1日閲覧。
  3. ^ ベースボール・マガジン 1998年夏季号