1952年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1952年 | 1952年のスポーツ

1952年の相撲(1952ねんのすもう)は、1952年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、巣鴨拘置所でA級戦犯の慰問大相撲。春場所、蔵前仮設国技館で15日間。力士幟が復活し、弓取り式は連日となる。民間放送のラジオ相撲実況中継開始。元大関・佐賀ノ花引退、年寄二所ノ関専任に。
  • 2月、ベースボール・マガジン社『相撲』復刊、第1号発行。
  • 3月、名古屋準本場所15日間、横綱羽黒山優勝。
  • 4月、両国国技館の接収解除。
  • 5月、夏場所、蔵前仮設国技館で15日間。
  • 9月、秋場所、蔵前仮設国技館で15日間。土俵の四本柱を撤廃し、吊り屋根に4色の房を下げる。栃錦、技能賞は連続5回、通算9回目。
  • 10月、場所後の番付編成会議で栃錦の大関昇進決定。明治神宮奉納の全日本力士選手権大会が復活し、横綱千代ノ山優勝。
  • 11月、東富士、朝潮一行の沖縄初巡業。立浪取締死去、横綱羽黒山が二枚鑑札となる。
  • 12月、大阪で第1回王座決定戦を開催し、大関吉葉山優勝。

本場所[編集]

  • 一月場所(蔵前仮設国技館、12~26日)
    幕内最高優勝 : 羽黒山政司(15戦全勝,7回目)
    • 殊勲賞-栃錦、敢闘賞-輝昇、技能賞-栃錦
    十両優勝 : 藤田山忠義(13勝2敗)
  •  五月場所(蔵前仮設国技館、11~25日)
    幕内最高優勝 : 東富士欽壹(13勝2敗,5回目)
    • 殊勲賞-三根山、敢闘賞-清水川、技能賞-栃錦
    十両優勝 : 今大嶋幸男(12勝3敗)
  • 九月場所(蔵前仮設国技館、21~10月5日)
    幕内最高優勝 : 栃錦清隆(14勝1敗,1回目)
    • 殊勲賞-朝潮、敢闘賞-名寄岩、技能賞-栃錦
    十両優勝 : 鶴嶺山昭男(11勝4敗)

参考文献[編集]

  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p44