1952年の阪急ブレーブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1952年の阪急ブレーブス
成績
パシフィック・リーグ5位
37勝51敗8分 勝率.420[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪急西宮球場
Hankyu-Nishinomiya-Stadium-2.jpg
球団組織
オーナー 小林一三
経営母体 京阪神急行電鉄
監督 浜崎真二
 < 1951 1953 > 

1952年の阪急ブレーブスでは、1952年シーズンの阪急ブレーブスの動向をまとめる。

この年の阪急ブレーブスは、浜崎真二監督の4年目(途中就任の1947年含む)のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 川合幸三
2 古川清蔵
3 藤井道夫
4 東谷夏樹
5 矢部滋
6 山下健
7 植田武彦
8 天保義夫
9 明石晃一
1952年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 予選終了時 最終成績
1位 毎日 -- 毎日 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 大映 1.0 大映 3.0 大映 4.0 毎日 3.5 毎日 5.5 毎日 1.0
3位 南海 2.0 南海 4.0 毎日 4.5 西鉄 6.5 西鉄 9.0 西鉄 8.5
4位 東急 4.0 東急 6.5 西鉄 6.0 大映 8.0 大映 18.0 大映 21.0
5位 西鉄 5.0 阪急 8.5 阪急 9.0 阪急 8.5 阪急 21.0 予選敗退
6位 阪急 6.5 西鉄 9.5 東急 12.5 東急 13.0 東急 21.5
7位 近鉄 9.5 近鉄 17.5 近鉄 23.5 近鉄 27.5 近鉄 40.5

*各108試合の予選リーグ後、上位4チームで各12試合の決勝リーグを行い、最終順位を決定

1952年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 76 44 1 .663 -
2位 毎日オリオンズ 75 45 0 .625 1.0
3位 西鉄ライオンズ 67 52 1 .563 8.5
4位 大映スターズ 55 65 1 .4583 21.0
5位 阪急ブレーブス 49 58 1 .4579 20.5
6位 東急フライヤーズ 49 59 0 .454 21.0
7位 近鉄パールス 30 78 0 .278 40.0

*1-4位は予選リーグ(108試合)と決勝リーグ(12試合)の通算勝率、5位以下は予選リーグの勝率順で決定 [1]

オールスターゲーム[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 ニューベリー ブリットン 中谷順次

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1952年 パシフィック・リーグ”. 2017年5月24日閲覧。