1953年の大洋松竹ロビンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1953年の大洋松竹ロビンス
成績
セントラル・リーグ5位
52勝77敗1分 勝率.403[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
大阪スタヂアム
Osaka Stadium 1989.jpg
球団組織
オーナー 中部謙吉
経営母体 大洋漁業
監督 小西得郎
« 1952
1954 »
« 松竹

1953年の大洋松竹ロビンスでは、1953年の大洋松竹ロビンスの動向をまとめる。

この年の大洋松竹ロビンスは、小西得郎監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

前年、セ・リーグ最下位に終わった松竹ロビンスが大洋ホエールズと合併し、この年から、「大洋松竹ロビンス」という名称となった。名目上は対等合併であるが、翌シーズンいっぱいで松竹が経営から撤退しており、実質的には吸収合併である。チームは4月を13勝12敗1分の貯金1で終えるが、5月に7勝12敗1分と負け越して巨人などに突き放された。5月以降広島と4位争いを演じるが、前年から順位を1つ落として5位に転落し2年ぶりにBクラスに転落。投手陣は新人の権藤正利がチーム最多の15勝、高野裕良が12勝をあげるも、投手陣の大黒柱江田孝が7勝にとどまりチーム防御率は4.10のリーグ最下位。打撃陣は巨人から移籍の青田昇、プロ野球草創期から活躍の藤井勇岩本義行などが健闘したもの、チーム打率.246はリーグ4位。優勝の巨人に37.5ゲーム、2位の阪神に21.5ゲーム離された。カード別成績では広島に同一カード6連勝を2度記録するなど19勝7敗と勝ちまくったが、巨人戦に弱く5月中旬以降同一カード5連敗以上を2度記録し、4勝22敗と負け越しBクラスから脱出できなかった。小西監督は不振の責任を取り、この年限りで辞任した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 小林章良
2 宮崎剛
3 青田昇
4 岩本義行
5 藤井勇
6 目時春雄
7 平野謙二
8 宮崎仁郎
9 江田孝
1953年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 名古屋 2.5 名古屋 3.0 名古屋 3.5 名古屋 5.5 名古屋 7.5 大阪 16.0
3位 洋松 4.5 大阪 6.0 大阪 5.5 大阪 8.0 大阪 9.5 名古屋 18.5
4位 大阪 5.0 洋松 11.0 広島 13.5 広島 16.5 広島 18.0 広島 36.0
5位 国鉄 9.0 広島 12.5 洋松 16.0 洋松 17.5 洋松 23.5 洋松 37.5
6位 広島 9.0 国鉄 21.5 国鉄 24.5 国鉄 30.5 国鉄 31.5 国鉄 42.0
1953年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 87 37 1 .702 -
2位 大阪タイガース 74 56 0 .569 16.0
3位 名古屋ドラゴンズ 70 57 3 .551 18.5
4位 広島カープ 53 75 2 .414 36.0
5位 大洋松竹ロビンス 52 77 1 .403 37.5
6位 国鉄スワローズ 45 79 1 .363 42.0

[1]

オールスターゲーム[編集]

コーチ 小西得郎
ファン投票 選出なし
監督推薦 岩本義行
補充選手 青田昇

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル
権藤正利 新人王
ベストナイン
選出なし

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1953年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年5月22日閲覧。
  2. ^ a b c d 『ホエールズ&ベイスターズ60年の軌跡』ベースボール・マガジン社〈B.B.MOOK スポーツシリーズ〉、2009年、66頁。ISBN 9784583616179。