1953年の政治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

1953年の政治では、1953年昭和28年)の政治分野に関する出来事について記述する。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

第26回総選挙後の衆議院における党派別勢力図
第3回通常選挙後の参議院における党派別勢力図

5月[編集]

第5次吉田内閣組閣(昭和28年5月21日撮影)。
  • 5月1日 - 改進党中央常任委員会開催。「重光葵総裁を首班か、しからずんば野党」という野党派の主張が通る。
  • 5月18日
  • 5月20日
    • 鎌倉モリソン屋敷で吉田・重光会談。吉田首相は重光総裁に連立を申し入れ。重光は連立を拒否するものの、改進党は閣外協力に傾く。
    • 第5次吉田内閣成立。

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

  • 9月 - イタリアユーゴスラビアとトリエステ紛争。
  • 9月28日 - 鎌倉のモリソン屋敷で、吉田首相と重光改進党総裁が会談。重光は協力を約束。
  • 9月末 - 池田勇人自由党政務調査会長、愛知揆一大蔵政務次官がMSAと自衛力漸増について交渉するため渡米。

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

奄美群島の地図