1953年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1953年 | 1953年のスポーツ

1953年の相撲(1953ねんのすもう)は、1953年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、初場所、蔵前仮設国技館で15日間。NHKテレビの大相撲中継実験放送。途中休場した横綱照國引退、年寄荒磯襲名。場所後の番付編成会議で大関鏡里の横綱推挙決定。横綱審議委員会はこれがはじめての昇進案件だった鏡里の横綱推挙の賛否でもめるが了承。
  • 2月、名古屋準本場所15日間、関脇朝潮優勝。
  • 3月、春場所、大阪府立体育会館で15日間。この年から年間4場所開催となり、春場所を3月大阪で興行することになる。この場所不調の千代の山は横綱返上を申し出るも、慰留される。
  • 5月、夏場所、蔵前仮設国技館で15日間。NHKテレビの大相撲中継放送開始。平幕時津山が全勝優勝したが、1敗の大関吉葉山ほか関脇以上との対戦なく、優勝の価値をめぐって問題視された。
  • 6月、場所後の番付編成会議で三根山の大関昇進決定。
  • 9月、力士の身長、体重の検査が始まる。横綱羽黒山引退、年寄立浪専任となる。秋場所、蔵前仮設国技館で15日間。

本場所[編集]

  • 一月場所(蔵前仮設国技館、10~24日)
    幕内最高優勝 : 鏡里喜代治(14勝1敗,1回目)
    • 殊勲賞-朝潮、敢闘賞-玉ノ海、技能賞-常ノ山
    十両優勝 : 成山明(12勝3敗)
  •  三月場所(大阪府立体育会館、8~22日)
    幕内最高優勝 : 栃錦清隆(14勝1敗,2回目)
    • 殊勲賞-清水川、敢闘賞-三根山、技能賞-鳴門海
    十両優勝 : 出羽湊秀一(11勝4敗)
  • 五月場所(蔵前仮設国技館、16~30日)
    幕内最高優勝 : 時津山仁一 (15戦全勝,1回目)
    • 殊勲賞-三根山、敢闘賞-時津山、技能賞-北ノ洋
    十両優勝 : 成山明(12勝3敗)
  • 九月場所(蔵前仮設国技館、19~10月3日)
    幕内最高優勝 : 東富士欽壹(14勝1敗,6回目)
    • 殊勲賞-國登、敢闘賞-琴錦、技能賞-成山
    十両優勝 : 豊登道春(12勝3敗)

参考文献[編集]

  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p45