1954年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1954年の南海ホークス
成績
パシフィック・リーグ2位
91勝49敗 勝率.650[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
大阪球場
Osakastudiam1989.jpg
球団組織
経営母体 南海電気鉄道
監督 山本一人
« 1953
1955 »

1954年の南海ホークスでは、1954年の南海ホークスにおける動向をまとめる。

この年の南海ホークスは、山本一人監督の9年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 蔭山和夫
2 木塚忠助
3 岡本伊三美
4 飯田徳治
5 堀井数男
6 森下正夫
7 島原輝夫
8 松井淳
9 大神武俊
1954年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 西鉄 -- 毎日 -- 西鉄 -- 西鉄 -- 西鉄 -- 西鉄 -- 西鉄 --
2位 毎日 1.5 西鉄 1.5 毎日 0.5 毎日 0.5 南海 5.0 南海 0.5 南海 0.5
3位 南海 2.5 南海 4.0 南海 1.0 南海 5.5 毎日 5.5 毎日 10.0 毎日 10.5
4位 阪急 4.5 阪急 6.0 近鉄 8.0 近鉄 10.0 近鉄 11.5 近鉄 16.5 近鉄 16.0
5位 近鉄 近鉄 8.5 阪急 8.5 阪急 10.5 阪急 14.5 阪急 阪急 23.5
6位 大映 5.0 東映 11.0 大映 16.0 東映 20.5 高橋 24.5 高橋 30.0 高橋 37.0
7位 東映 6.5 大映 11.5 東映 16.5 大映 20.5 東映 28.0 東映 33.0 東映 38.5
8位 高橋 11.5 高橋 13.5 高橋 17.5 高橋 20.5 大映 31.0 大映 37.5 大映 46.0
1954年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西鉄ライオンズ 90 47 3 .657 -
2位 南海ホークス 91 49 0 .650 0.5
3位 毎日オリオンズ 79 57 4 .581 10.5
4位 近鉄パールス 74 63 3 .540 16.0
5位 阪急ブレーブス 66 70 4 .485 23.5
6位 高橋ユニオンズ 53 84 3 .387 37.0
7位 東映フライヤーズ 52 86 2 .377 38.5
8位 大映スターズ 43 92 5 .319 46.0

オールスターゲーム1954[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
監督 山本一人
投手 大神武俊
柚木進 4
捕手 松井淳 2
一塁手 飯田徳治 4
二塁手 森下正夫
遊撃手 木塚忠助 4
内野手 蔭山和夫 4
外野手 堀井数男 3
  • 太字はファン投票による選出。

できごと[編集]

8月22日から9月21日まで、日本プロ野球最多の18連勝を記録した。途中に引き分けのない連勝としても最多記録。

試合日 ホーム スコア ビジター 球場 勝利投手 敗戦投手
8月22日 東映 0 - 2 南海 駒澤 中原 米川
8月22日 東映 2 - 3 南海 駒澤 柚木 宮沢
8月24日 大映 2 - 3 南海 後楽園 戸川
8月25日 大映 4 - 5 南海 後楽園 中原 高松
8月26日 大映 3 - 5 南海 後楽園 宅和 小川
8月28日 高橋 2 - 3 南海 川崎 柚木
8月31日 南海 6 - 2 東映 大阪 戸川 寺川
9月2日 南海 4 - 3 東映 大阪 戸川 米川
9月3日 南海 4 - 1 西鉄 大阪 宅和 西村
9月4日 南海 2 - 1 西鉄 大阪 柚木 川崎
9月5日 南海 3 - 0 西鉄 大阪 宅和 大津
9月7日 阪急 1 - 2 南海 西宮 野母 梶本
9月9日 阪急 0 - 1 南海 西宮 柚木 柴田
9月11日 東映 6 - 8 南海 駒澤 大神 米川
9月12日 東映 0 - 4 南海 駒澤 宅和 今西
9月15日 南海 6 - 3 近鉄 大阪 宅和 関根
9月19日 南海 5 - 4 毎日 大阪 戸川 植村
9月21日 南海 4 - 3 西鉄 大阪 宅和 川崎

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
宅和本司 新人王
最優秀防御率 1.58 初受賞
最多勝利 26勝 初受賞
最多奪三振 275個 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
森下正夫 二塁手 初受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]