1955年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1955年オールスターゲーム (日本プロ野球)

1955年のオールスター
Previous: 1954 Next: 1956

概要[編集]

前年、初めて日本選手権を制した中日ドラゴンズ天知俊一監督が前年の日本シリーズ後に退任したため、セ・リーグ2位の読売ジャイアンツ(巨人)水原茂監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率いた。全パ(オールパシフィック・リーグ)は、前年パ・リーグを制した西鉄ライオンズ三原脩監督が率いた。オールスター監督は5度目の水原に対し三原は初監督で、水原・三原の巌流島対決がオールスターの場でも実現した。

第1戦、全セ先発の西村一孔大阪)は3回で打者10人から6奪三振の快投を演じたものの、唯一抑えられなかった全パの主砲・山内一弘毎日)に一発を浴びて敗戦投手になってしまい、全セは完封負けを喫してしまった。続く第2戦は全セが小技を繰り出し、9得点で大勝した。なお、2試合とも近畿地方のフランチャイズ球場を使った。

選出選手[編集]

セントラル・リーグ[1] パシフィック・リーグ[1]
監督 水原円裕 巨人 監督 三原脩 西鉄
コーチ 藤村富美男[2] 大阪 コーチ 山本一人 南海
野口明 中日 石本秀一 西鉄
金田正泰[3] 大阪
投手 西村一孔 大阪 投手 宅和本司 南海
長谷川良平 広島 4 荒巻淳 毎日 4
大友工 巨人 4 河村久文 西鉄 2
杉下茂 中日 5 西村貞朗 西鉄 2
金田正一 国鉄 5 大津守 西鉄 2
別所毅彦 巨人 5 植村義信 毎日
中尾碩志 巨人 4 米川泰夫 東急 4
捕手 徳網茂 大阪 4 捕手 ルイス 毎日 2
広田順 巨人 4 筒井敬三 南海 4
河合保彦 中日 日比野武 西鉄 2
一塁手 川上哲治 巨人 5 一塁手 榎本喜八 毎日
二塁手 白坂長栄 大阪 4 二塁手 岡本伊三美 南海 2
三塁手 広岡達朗 巨人 2 三塁手 中西太 西鉄 3
遊撃手 吉田義男 大阪 2 遊撃手 木塚忠助 南海 5
内野手 千葉茂 巨人 5 内野手 武智修 近鉄
児玉利一 中日 2 中谷準志 西鉄 3
西沢道夫 中日 5 坂本文次郎 大映
藤村富美男[2] 大阪 5 豊田泰光 西鉄
佐藤孝夫 国鉄
外野手 渡辺博之 大阪 2 外野手 山内和弘 毎日 2
金田正泰[3] 大阪 3 大下弘 西鉄 5
田宮謙次郎 阪神 別当薫 毎日 5
与那嶺要 巨人 4 関口清治 西鉄 2
杉山悟 中日 4 飯田徳治 南海 5
原田徳光 中日 4 山田利昭 トンボ
青田昇 大洋 4 戸倉勝城 阪急 3
町田行彦[4] 国鉄
  • 太字はファン投票で選ばれた選手、▲は出場辞退選手発生による補充選手。
    • 中尾は2試合とも出場機会がなかった[5]

試合結果[編集]

試合 試合日 球場 開始時刻 勝利 スコア 敗戦 MVP 入場者数
第1戦 7月2日(土) 大阪 14時14分 パシフィック 2 - 0 セントラル 山内一弘 30032人
第2戦 7月3日(日) 甲子園 14時10分 セントラル 9 - 4 パシフィック 西沢道夫 33663人

第1戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2 4 0
全セ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0
  1. パ : 宅和)、○米川()、河村西)、荒巻)-ルイス(毎)
  2. セ : ●西村()、長谷川)、金田)、杉下)-徳網(神)、河合保(中)
  3. : 米川(1勝)  : 西村(1敗)  
  4. :  パ – 山内(毎)1号(ソロ・西村)
  5. 審判:球審…(セ)、塁審…横沢三(パ)・円城寺(セ)・二出川(パ)、外審…国友(セ)・角谷(パ)
  6. 試合時間:2時間11分

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [中] 別当薫
2 [二] 岡本伊三美
3 [三] 中西太
4 [右] 大下弘
5 [左] 山内一弘
6 [捕] ルイス
7 [一] 榎本喜八
8 [投] 宅和本司
9 [遊] 木塚忠助
セントラル
打順 守備 選手
1 [左] 金田正泰
2 [遊] 吉田義男
3 [右] 渡辺博之
4 [一] 西沢道夫
5 [中] 田宮謙次郎
6 [二] 白坂長栄
7 [三] 広岡達朗
8 [捕] 徳網茂
9 [投] 西村一孔


第2戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 3 0 0 1 0 0 0 0 0 4 6 2
全セ 0 0 3 0 2 0 4 0 X 9 11 3
  1. パ : 宅和、植村(毎)、●西村(西)、米川、荒巻、大津(西)-ルイス、筒井敬(南)、日比野(西)
  2. セ : 西村、金田、長谷川、○大友()、別所(巨)-徳網、広田(巨)
  3. : 大友(1勝)  : 西村(1敗)  
  4. :  パ – 中谷(西)1号(ソロ・長谷川)  セ – 西沢(中)1号(2ラン・植村)・2号(2ラン・西村)
  5. 審判:球審…二出川(パ)、塁審…国友(セ)・角谷(パ)・円城寺(セ)、外審…横沢三(パ)・島(セ)
  6. 試合時間:2時間34分

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [中] 別当薫
2 [二] 岡本伊三美
3 [三] 中西太
4 [右] 大下弘
5 [左] 山内一弘
6 [捕] ルイス
7 [一] 榎本喜八
8 [投] 宅和本司
9 [遊] 木塚忠助
セントラル
打順 守備 選手
1 [左] 与那嶺要
2 [遊] 吉田義男
3 [右] 渡辺博之
4 [一] 西沢道夫
5 [中] 田宮謙次郎
6 [三] 広岡達朗
7 [二] 白坂長栄
8 [捕] 徳網茂
9 [投] 西村一孔


テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

ラジオ中継[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.70
  2. ^ a b 町田が内野から外野に移ったため、コーチから編入。『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.70
  3. ^ a b 負傷のためコーチに就任。『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.70
  4. ^ 金田正泰が負傷のため、内野から外野に編入。『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.70
  5. ^ 『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.71-72

関連項目[編集]