1955年のトンボユニオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1955年のトンボユニオンズ
成績
パシフィック・リーグ8位
42勝98敗1分 勝率.300[1]
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989 02.jpg
球団組織
オーナー 高橋龍太郎
経営母体 高橋龍太郎(個人出資)
監督 浜崎真二(9月まで)
笠原和夫(9月から)
« 1954
1956 »

1955年のトンボユニオンズでは、1955年シーズンのトンボユニオンズの動向をまとめる。

この年の高橋ユニオンズは、浜崎真二監督の2年目のシーズンである。シーズン終盤で浜崎監督が休養し、残りのシーズンを笠原和夫選手兼任監督で戦った。トンボ鉛筆と業務提携し、チーム名が「トンボユニオンズ」に変更されたが、業務提携はこのシーズン限りで、翌年には高橋ユニオンズの名称に戻った。また、このシーズン限りで、300勝投手のスタルヒンが引退した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 栗木孝幸
2 前川忠男
3 東谷夏樹
4 レッカ
5 笠原和夫
6 山田利昭
7 河内卓司
8 萩原昭
9 野村武史
1955年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 西鉄 -- 南海 -- 西鉄 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 西鉄 0.5 南海 1.5 西鉄 2.0 南海 0.0 西鉄 2.5 西鉄 4.5 西鉄 9.0
3位 毎日 1.5 毎日 4.5 毎日 4.5 毎日 9.0 毎日 10.0 毎日 11.5 毎日 14.0
4位 阪急 7.5 阪急 10.0 近鉄 14.0 阪急 11.0 阪急 13.5 阪急 18.0 阪急 19.0
5位 近鉄 9.5 近鉄 10.5 阪急 14.5 近鉄 19.0 近鉄 26.5 近鉄 28.0 近鉄 39.0
6位 東映 10.5 大映 16.5 東映 23.0 大映 29.0 大映 34.0 大映 41.5 大映 46.0
7位 トンボ 12.0 トンボ 17.5 大映 23.5 東映 29.5 東映 37.0 東映 44.0 東映 48.0
8位 大映 14.5 東映 18.0 トンボ 26.5 トンボ 34.5 トンボ 44.5 トンボ 51.5 トンボ 57.0
1955年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 99 41 3 .707 -
2位 西鉄ライオンズ 90 50 4 .643 9.0
3位 毎日オリオンズ 85 55 2 .607 14.0
4位 阪急ブレーブス 80 60 2 .571 19.0
5位 近鉄パールス 60 80 2 .429 39.0
6位 大映スターズ 53 87 1 .379 46.0
7位 東映フライヤーズ 51 89 3 .364 48.0
8位 トンボユニオンズ 42 98 1 .300 57.0

オールスターゲーム1955[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 山田利昭

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時はスタルヒンの1939年の勝利数を40勝に訂正していたため、9月4日の大映戦(西京極球場)が300勝目とみなされていた(1939年の記録が以前の数値に戻されたのは1962年)。

出典[編集]