1955年の国鉄スワローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1955年の国鉄スワローズ
成績
セントラル・リーグ5位
57勝71敗2分 勝率.445[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
球団組織
経営母体 日本国有鉄道
監督 藤田宗一
« 1954
1956 »

1955年の国鉄スワローズ(1955ねんのこくてつスワローズ)では、1955年の国鉄スワローズの動向をまとめる。

この年の国鉄スワローズは、藤田宗一監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

宇野光雄の移籍もあり1953年の最下位から5位に浮上したチームだが、新戦力は宇野に続いて巨人から移籍してきた小松原博喜だけで、ほとんど変わらなかった。とはいえ、投手陣は金田正一のほか、大脇照夫田所善治郎も控えるなど盤石で、チームは6年目にして待望のAクラス入りが期待された。しかし、金田・田所らの投手陣を打線が見殺しにする傾向は変わらず、8月までは4位につけていたが、徐々に失速。最後は優勝の巨人に34.5ゲーム差、2位の中日には19ゲームも離される惨敗で、9月以降は広島にも抜かれ、5位に終わった。

投手陣はチーム防御率2.69で4位と健闘。打撃陣は町田行彦が31本で初の本塁打王に輝き、佐藤孝夫も24本塁打を放つなど、巨人をしのぐ93本塁打でリーグ1位。小松原も29二塁打でリーグトップを記録したが、中軸打者の箱田淳宇野光雄の不振もあり、チーム打率は.227とふるわなかった。

シーズン終了後、藤田監督は責任を取り辞任。後任は宇野光雄が選手兼任監督で就任した。宇野新監督の下、チームの再構築を始めていく。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 佐藤孝夫
2 小松原博喜
3 箱田淳
4 宇野光雄
5 町田行彦
6 石田雅亮
7 南輝明
8 佐竹一雄
9 金田正一
1955年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 大阪 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 巨人 0.0 中日 3.5 大阪 9.0 中日 5.5 中日 7.5 中日 15.5 中日 15.0
3位 中日 0.5 大阪 6.0 中日 9.0 大阪 14.5 大阪 17.5 大阪 18.5 大阪 20.5
4位 国鉄 4.0 国鉄 10.0 国鉄 17.0 国鉄 21.5 国鉄 25.5 広島 32.0 広島 33.5
5位 大洋 4.0 大洋 12.0 広島 23.0 広島 23.5 広島 28.5 国鉄 32.5 国鉄 34.5
6位 広島 6.5 広島 13.5 大洋 26.0 大洋 35.0 大洋 46.0 大洋 53.0 大洋 61.5
1955年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 92 37 1 .713 -
2位 中日ドラゴンズ 77 52 1 .597 15.0
3位 大阪タイガース 71 57 2 .555 20.5
4位 広島カープ 58 70 2 .453 33.5
5位 国鉄スワローズ 57 71 2 .445 34.5
6位 大洋ホエールズ 31 99 0 .238 61.5

オールスターゲーム1955[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 金田正一 町田行彦
補充選手 佐藤孝夫

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
町田行彦 本塁打王 31本 初受賞
金田正一 最多奪三振 350個 2年ぶり4度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
町田行彦 外野手 初受賞

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1955年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月31日閲覧。
  2. ^ スワローズ激動の歩み (徳永喜男 ed.), 恒文社, (1980), p. 451