1955年の広島カープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1955年の広島カープ
成績
セントラル・リーグ4位
58勝70敗2分 勝率.453[1]
本拠地
都市 広島県広島市
球場
広島県総合野球場
球団組織
監督 白石勝巳(選手兼任)
« 1954
1956 »

1955年の広島カープでは、1955年シーズンについての広島カープの動向についてまとめる。

この年の広島カープは、白石勝巳選手兼任監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

白石監督3年目、そして球団創設6年目を迎えたチームはアメリカ・カリフォルニア出身で日系二世の平山智を獲得。平山は銭村健四銭村健三兄弟などに次ぐ、日系人選手の第4号であり金山次郎小鶴誠らのベテラン組が衰えた中で主に3番を打ち、チームに大きく貢献した。投手陣では大黒柱の長谷川良平が30勝を上げる活躍を見せ、チーム勝ち星の大半を長谷川1人で稼いだ。肝心の成績は4月に最下位に落ちると、6月まで大洋との最下位争いが続いた。大洋が大型連敗を繰り返した7月以降は国鉄とのBクラス首位争いとなり最後は4位に浮上したが借金を返済できず、優勝の巨人に33ゲーム以上、2位中日に18ゲーム以上も離されてシーズンを終えた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 銭村健四
2 金山次郎
3 平山智
4 小鶴誠
5 門前真佐人
6 三村勇
7 藤井弘
8 米山祐昭
9 長谷川良平
1955年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 大阪 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 巨人 0.0 中日 3.5 大阪 9.0 中日 5.5 中日 7.5 中日 15.5 中日 15.0
3位 中日 0.5 大阪 6.0 中日 9.0 大阪 14.5 大阪 17.5 大阪 18.5 大阪 20.5
4位 国鉄 4.0 国鉄 10.0 国鉄 17.0 国鉄 21.5 国鉄 25.5 広島 32.0 広島 33.5
5位 大洋 4.0 大洋 12.0 広島 23.0 広島 23.5 広島 28.5 国鉄 32.5 国鉄 34.5
6位 広島 6.5 広島 13.5 大洋 26.0 大洋 35.0 大洋 46.0 大洋 53.0 大洋 61.5
1955年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 92 37 1 .713 -
2位 中日ドラゴンズ 77 52 1 .597 15.0
3位 大阪タイガース 71 57 2 .555 20.5
4位 広島カープ 58 70 2 .453 33.5
5位 国鉄スワローズ 57 71 2 .445 34.5
6位 大洋ホエールズ 31 99 0 .238 61.5

[1]

選手・スタッフ[編集]

オールスターゲーム1955[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 長谷川良平

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
長谷川良平 最多勝利 30勝 初受賞
ベストナイン
選出なし

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]