1955年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1955年 | 1955年のスポーツ

1955年の相撲(1955ねんのすもう)は、1955年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、初場所、蔵前国技館で15日間。栃錦が新横綱となる。年寄藤島(元横綱安藝ノ海)廃業。
  • 2月、名古屋準本場所15日間、横綱栃錦優勝。
  • 3月、第1回伊勢神宮奉納大相撲、横綱鏡里優勝。春場所、大阪府立体育会館で15日間。場所後の番付編成会議で大内山の大関昇進決定。この場所より読売新聞社が雷電賞を創設、関脇以下の最多勝利者に授与。
  • 5月、夏場所、蔵前国技館で15日間。場所の10日目、昭和天皇が戦後初の相撲観戦
  • 6月、蔵前国技館に相撲錬成道場開設。指導普及部に時津風取締就任。
  • 9月、秋場所、蔵前国技館で15日間。三根山が関脇に陥落。この場所は打出しが午後8時のナイター興業となる。
  • 10月、場所後の番付編成会議で松登と若ノ花の同時大関昇進決定。
  • 11月、福岡で九州準本場所15日間、横綱吉葉山優勝。

本場所[編集]

  • 一月場所(蔵前国技館、9~23日)
    幕内最高優勝 : 千代の山雅信(12勝3敗,4回目)
    • 殊勲賞-朝潮、敢闘賞-時津山、技能賞-信夫山
    十両優勝 : 星甲昌男(11勝4敗)
  •  三月場所(大阪府立体育会館、6~20日)
    幕内最高優勝 : 千代の山雅信(13勝2敗,5回目)
    • 殊勲賞-大内山、敢闘賞-若ノ海、技能賞-琴ヶ濱
    十両優勝 : 栃光正之(15戦全勝)
  • 五月場所(蔵前国技館、15~29日)
    幕内最高優勝 : 栃錦清隆 (14勝1敗,5回目)
    • 殊勲賞-時津山、敢闘賞-若ノ海、技能賞-信夫山
    十両優勝 : 平鹿川泰二(12勝3敗)
  • 九月場所(蔵前国技館、18~10月2日)
    幕内最高優勝 : 鏡里喜代治(14勝1敗,2回目)
    • 殊勲賞-松登、敢闘賞-出羽錦、技能賞-若ノ花
    十両優勝 : 神生山清(13勝2敗)

参考文献[編集]

  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p48