1955年の航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1955年

1954年の航空 - 1955年の航空 - 1956年の航空

航空に関する出来事[編集]

  • 2月19日 - TWA航空のマーチン4-0-4が、ニューメキシコ州の山地に衝突し16人が死亡した。
  • 2月26日 - ジョージ F. スミスが、マッハ 1.05で飛行中のノースアメリカン F-100 スーパーセイバーから脱出、超音速で射出されて生還した初のパイロットとなった。
  • 3月10日 - パキスタン国際航空が設立された。
  • 3月20日 - アメリカン航空のコンベア240がミズーリ州、スプリングフィールドに進入中に墜落、乗員・乗客35人中13人が死亡した。
  • 3月22日 - アメリカ海軍のダグラス R6D-1(DC-6)がホノルル付近に墜落し66人が死亡した。
  • 4月1日 - 第二次世界大戦後、禁止されていたドイツの飛行が解除され、ルフトハンザ航空が再建され、運航を再開された。
  • 4月11日 - エア・インディアのロッキード L-749A コンステレーション「カシミール・プリンセス」号が周恩来を暗殺する目的で国民党の工作員に爆破され16人が死亡した。(カシミールプリンセス号爆破事件
  • 5月 - オーストリア空軍が再建された。
  • 5月20日 - 東京国際空港(羽田空港)の先代のターミナルビルが開館。
  • 6月28日 - Jean Moireが標高 4,807 mのモンブランの頂上にベル 47で着陸した。
ヴィッカース バイカウント

1955年に初飛行した機体の画像[編集]

航空に関する賞の受賞者[編集]

関連項目[編集]