1956年の大洋ホエールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1956年の大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ6位
43勝87敗 勝率.331[1]
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989 02.jpg
球団組織
オーナー 中部謙吉
経営母体 大洋漁業
監督 迫畑正巳
« 1955
1957 »

1956年の大洋ホエールズでは、1956年シーズンの大洋ホエールズの動向をまとめる。

この年の大洋ホエールズは、迫畑正巳監督の1年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 沖山光利
2 引地信之
3 青田昇
4 藤井勇
5 手塚耀朗
6 目時春雄
7 中島執
8 岩岡保宏
9 江田孝
1956年セントラル・リーグ順位変動
順位 3月終了時 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 大阪 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 大阪 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 中日 1.0 大阪 1.0 中日 1.5 大阪 2.0 巨人 2.0 大阪 1.5 大阪 4.5
3位 巨人 2.0 中日 1.0 大阪 4.0 中日 5.5 中日 5.5 中日 4.0 中日 10.0
4位 広島 3.0 国鉄 7.5 国鉄 9.0 国鉄 11.5 国鉄 13.0 国鉄 15.5 国鉄 21.0
5位 国鉄 4.0 広島 9.0 大洋 13.0 広島 16.5 広島 21.5 広島 28.0 広島 37.5
6位 大洋 5.0 大洋 11.5 広島 14.5 大洋 18.5 大洋 24.0 大洋 32.0 大洋 41.0
1956年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 82 44 4 .651 -
2位 大阪タイガース 79 50 1 .612 4.5
3位 中日ドラゴンズ 74 56 0 .569 10.0
4位 国鉄スワローズ 61 65 4 .485 21.0
5位 広島カープ 45 82 3 .385 37.5
6位 大洋ホエールズ 43 87 0 .331 41.0

[1]

オールスターゲーム[編集]

ファン投票 青田昇
監督推薦 秋山登 土井淳

できごと[編集]

  • 4月26日 - 飯田で行われた大洋対中日8回戦で大洋が中日に5-2で勝利し、中日戦の連敗を26で止める[2]
  • 5月6日 - 青田昇が川崎球場での対広島戦ダブルヘッダー第1試合の6回戦の8回裏に6号2点本塁打、第二試合の9回戦の第1打席から第3打席にかけて本塁打を放ち、プロ野球新記録の4打席連続本塁打を記録[3]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
秋山登 新人王
青田昇 本塁打王 25本 2年ぶり4度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
青田昇 外野手 5年ぶり4度目

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1956年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年5月25日閲覧。
  2. ^ 毎日新聞1956年4月27日7面「大洋、27戦目の勝利 対中日 秋山、投打に大活躍」毎日新聞縮刷版1956年4月p363
  3. ^ 毎日新聞1956年5月7日5面「青田(大洋)6,7,8,9号 "四打席連続"の新記録」毎日新聞縮刷版1956年5月p75