1956年の阪急ブレーブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1956年の阪急ブレーブス
成績
パシフィック・リーグ3位
88勝64敗2分 勝率.578[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪急西宮球場
Hankyu-Nishinomiya-Stadium-2.jpg
球団組織
オーナー 小林一三
経営母体 阪急電鉄
監督 西村正夫
« 1955
1957 »

1956年の阪急ブレーブスでは、1956年の阪急ブレーブスの動向をまとめる。

この年の阪急ブレーブスは、2回目の西村正夫監督体制の3年目(通算7年目)のシーズンである。

概要[編集]

ロベルト・バルボンが入団した前年は4位ながらも貯金20とまずまずで、チームはこの年こそ優勝が期待された。開幕前に阪急だけでなく、阪神とも二重契約で話題だった米田哲也がこの年入団し、先輩の梶本隆夫阿部八郎柴田英治種田弘らと強力にローテーションを形成。投手陣の厚くなったチームは開幕直後に7連勝するなど4月を14勝11敗で終えた。5月を10勝8敗で乗り切ると6月13日から驚異の10連勝。7月にも6連勝するなど6・7月で33勝14敗と貯金19を稼ぐが、8月6日からの2週間で2勝10敗と大きく負け越して優勝争いから脱落。9月以降は負けが込んだが、5位の近鉄などを突き放して貯金24の3位でシーズン終了。チームは優勝の西鉄に12勝9敗1分、4位の毎日に14勝8敗と勝ち越したが前年優勝の南海に8勝13敗1分と負け越し、さらにBクラスの近鉄・東映にも苦戦を強いられた(近鉄に11勝11敗、東映に10勝12敗)。毎年恒例の夏場の息切れで優勝できなかったのが響き、西村監督は辞任した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 バルボン
2 河野旭輝
3 渡辺清
4 戸倉勝城
5 木織武美
6 岡本健一郎
7 常見昇
8 梶本隆夫
9 増田浩
1956年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 毎日 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 西鉄 -- 西鉄 --
2位 毎日 0.5 南海 0.5 西鉄 阪急 1.5 西鉄 4.0 南海 0.0 南海 0.5
3位 西鉄 2.5 西鉄 2.0 毎日 2.0 西鉄 3.5 阪急 7.0 阪急 9.0 阪急 10.5
4位 近鉄 3.0 阪急 6.0 阪急 2.5 毎日 7.0 毎日 11.5 毎日 12.0 毎日 13.5
5位 阪急 4.0 近鉄 10.5 近鉄 18.5 近鉄 19.0 近鉄 22.0 近鉄 27.5 近鉄 29.5
6位 高橋 10.5 東映 13.0 東映 21.5 東映 25.0 東映 34.0 東映 36.5 東映 39.5
7位 東映 11.5 大映 17.5 高橋 23.0 高橋 29.5 大映 40.5 大映 41.0 大映 41.0
8位 大映 12.0 高橋 18.5 大映 24.5 大映 30.5 高橋 41.0 高橋 46.0 高橋 45.5
1956年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西鉄ライオンズ 96 51 7 .653 -
2位 南海ホークス 96 52 6 .643 0.5
3位 阪急ブレーブス 88 64 2 .578 10.5
4位 毎日オリオンズ 84 66 4 .558 13.5
5位 近鉄パールス 68 82 4 .455 29.5
6位 東映フライヤーズ 58 92 4 .390 39.5
7位 大映スターズ 57 94 3 .380 41.0
8位 高橋ユニオンズ 52 98 4 .351 45.5

オールスターゲーム[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 梶本隆夫 米田哲也 山下健 戸倉勝城

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
河野旭輝 盗塁王 85個 初受賞
梶本隆夫 最多奪三振 327個 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
梶本隆夫 投手 初受賞
戸倉勝城 外野手 2年連続2度目

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1956年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年5月24日閲覧。
  2. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。