1958年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1958年(1958 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、水曜日から始まる平年昭和33年。

1901年   1951年
1902年   1952年
1903年   1953年
1904年   1954年
1905年   1955年
1906年   1956年
1907年   1957年
1908年   1958年
1909年   1959年
1910年   1960年
1911年   1961年
1912年   1962年
1913年   1963年
1914年   1964年
1915年   1965年
1916年   1966年
1917年   1967年
1918年   1968年
1919年   1969年
1920年   1970年
1921年   1971年
1922年   1972年
1923年   1973年
1924年   1974年
1925年   1975年
1926年   1976年
1927年   1977年
1928年   1978年
1929年   1979年
1930年   1980年
1931年   1981年
1932年   1982年
1933年   1983年
1934年   1984年
1935年   1985年
1936年   1986年
1937年   1987年
1938年   1988年
1939年   1989年
1940年   1990年
1941年   1991年
1942年   1992年
1943年   1993年
1944年   1994年
1945年   1995年
1946年   1996年
1947年   1997年
1948年   1998年
1949年   1999年
1950年   2000年
テンプレート

他の紀年法[編集]

カレンダー[編集]

1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
3月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
4月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
5月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
6月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
7月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
8月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
9月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
12月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

できごと[編集]

エクスプローラー1号打ち上げ(1月31日)
ナンシー梅木、日本人初のアカデミー賞受賞(3月26日)
スバル・360発売(5月1日)
東京タワー竣工(10月14日)
12月7日に公開開始、12月23日に完工式

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

芸術・文化・ファッション[編集]

  • 1958年の文学
    • 芥川賞
      • 第39回(1958年上半期) - 大江健三郎『飼育』
      • 第40回(1958年下半期) - 該当作品なし
    • 直木賞
      • 第39回(1958年上半期) - 山崎豊子『花のれん』、榛葉英治『赤い雪』
      • 第40回(1958年下半期) - 城山三郎『総会屋錦城』、多岐川恭『落ちる』
  • 1958年のコマーシャル
キャッチフレーズなど 商品名 メーカー 出演者 音楽
何はなくとも江戸むらさき 江戸むらさき 桃屋 三木のり平(声) -
アンクル・トリス登場 トリスウイスキー 寿屋 柳原良平(画) -
ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキー サッポロビール 日本麦酒 - -
リボンちゃん、ハーイ リボンジュース 日本麦酒 リボンちゃん(アニメ) -

誕生[編集]

元メジャーリーガーアラン・トランメル(2月21日)
女優シャロン・ストーン(3月10日)
モナコ大公アルベール2世(3月14日)
歌手プリンス(6月7日)
元サッカー選手ウーゴ・サンチェス(7月11日)
読売ジャイアンツ監督原辰徳(7月22日)
「ポップスの女王」マドンナ(8月16日)
俳優・映画監督ティム・ロビンス(10月16日)
中日ドラゴンズ総合コーチ辻発彦(10月24日)
ニュースキャスター安藤優子(11月19日、画像左)
漫画家福本伸行(12月10日)

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

月日不明[編集]

死去[編集]

飛行機設計者エルンスト・ハインケル(1月30日)
労農派におけるマルクス主義の指導的理論家山川均(3月23日)
「われわれが第一歩をふみしめるのは、第二歩をふみだすためである。保守主義者は第一歩をふみしめることを知って、第二歩をふみだすことを忘れている。」 - 「無産階級運動の方向転換」より
宝塚女優香月弘美、出演中に事故死(4月1日)
ハンガリー首相ナジ・イムレ処刑(6月16日)
パウリの排他原理を発見した物理学者ヴォルフガング・パウリ(12月15日)

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

ノーベル賞[編集]

フィクションのできごと[編集]

  • ロズヴェルでドクターがヴァイペロックスの陰謀を阻止する。(テレビドラマ『ドクター・フー』)
  • 岩手県岩屋村に怪獣バランが出現。その後、バランは羽田空港に襲来する。(映画『大怪獣バラン』)
  • 人類初の有人火星探検ロケットが火星怪物の襲撃を受けて遭難。その半年後、救助のために第二次探検隊が火星へと向かう。(映画『恐怖の火星探検』)
  • 制御された原子力(凝縮原子トーチランプ)によって、アリゾナ州の埋没したほら穴に設置していたレコーダーと送信機が2年前に再発掘されたことを検知した人類以外の生物が、人類攻撃のために大量の宇宙船で地球に襲来する。(小説『空は船でいっぱい』)[2]
  • アメリカの探査衛星ヴァイキング1号」が、のちに「BETA」と呼ばれることになる地球外起源種と火星で初接触。画像送信の後に交信を絶つ。(ゲーム『マブラヴ』シリーズ)[3][4]
  • ソ連の有人ロケット「コロリョフ1号」が月面着陸に成功する。(ゲーム『ロケットの夏』)[5]
新横浜ラーメン博物館の体感ゾーンは1958年の下町を再現している。

以下の諸作品の設定年

脚注[編集]

注釈

出典

[ヘルプ]
  1. ^ 気象庁 災害をもたらした気象事例
  2. ^ 浅倉久志伊藤典夫編 『SFマガジン・ベスト2 空は船でいっぱい』 早川書房1980年、207・209・210・216 - 222頁。ISBN 978-4-15-010403-0。
  3. ^ 北側寒囲 『マブラヴ 3 UNLIMITED 戦争』 集英社2007年、106 - 109頁。ISBN 978-4-08-630371-2。
  4. ^ 吉宗鋼紀マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス 3 虚耗の檻穽』 エンターブレイン2009年、170頁。ISBN 978-4-7577-4521-6。
  5. ^ 『ロケットの夏』オープニングの年表より。

関連項目[編集]

  • 1958(昭和33)年 -「豊かさ」に関する意識の変容(2)冨貴島明、城西大学、2004-08、p107