1958年の大洋ホエールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1958年の大洋ホエールズ
成績
セントラル・リーグ6位
51勝73敗6分 勝率.415[1]
本拠地
都市 神奈川県川崎市
球場
川崎球場
Kawasaki 1989 02.jpg
球団組織
オーナー 中部謙吉
経営母体 大洋漁業
監督 迫畑正巳
« 1957
1959 »

1958年の大洋ホエールズでは、1958年の大洋ホエールズの動向をまとめる。

この年の大洋ホエールズは、迫畑正巳監督の3年目のシーズンである。

概要[編集]

迫畑監督3年目のチームは「今年は何とか最下位から抜け出す」と宣言して開幕。開幕ダッシュには失敗してBクラスに定着したが一時期は4位に上がるなど健闘し、8月までは5位に座っていた。しかし、打撃陣の貧打は相変わらず続き青田昇を除いて本塁打が出ず、投手陣でも前年28連敗で止まった権藤正利やエースの秋山登大石正彦などがローテーションを守って健闘するも9月以降は負けが込んで広島に抜かれて最下位に転落。結局大洋松竹時代の1954年から5年連続の最下位となり、迫畑監督は責任を取り辞任した。後任にはこの年球団社長としてフロント入りしていた早稲田大学野球部元監督の森茂雄が指揮を執ることになり、青田などのベテラン選手は引退あるいは自由契約などで大洋を去った。これによりチームは若手主体へと変貌し、1959年オフの西鉄三原脩監督の大洋入り、そして1960年の初優勝&日本一につながることになる。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 沖山光利
2 引地信之
3 青田昇
4 児玉利一
5 小林章良
6 土井淳
7 中島執
8 芝野忠男
9 大石正彦
1958年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 大阪 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 国鉄 2.5 国鉄 1.0 国鉄 5.0 大阪 4.5 大阪 5.5 大阪 5.5
3位 中日 4.5 大阪 2.5 大阪 5.0 国鉄 12.0 中日 15.0 中日 9.0
4位 巨人 5.0 中日 8.0 大洋 12.0 中日 12.5 国鉄 16.5 国鉄 17.5
5位 大洋 5.0 大洋 9.0 中日 12.5 大洋 16.5 大洋 22.0 広島 19.5
6位 広島 7.0 広島 9.5 広島 16.5 広島 20.5 広島 25.0 大洋 23.5
1958年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 77 52 1 .596 -
2位 大阪タイガース 72 58 0 .554 5.5
3位 中日ドラゴンズ 66 59 5 .527 9.0
4位 国鉄スワローズ 58 68 4 .462 17.5
5位 広島カープ 54 68 8 .446 19.5
6位 大洋ホエールズ 51 73 6 .415 23.5

[1]

オールスターゲーム[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 秋山登 鈴木隆 土井淳

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1958年 セントラル・リーグ”. 日本野球機構. 2017年5月25日閲覧。
  2. ^ 読売新聞1958年11月19日4面「森大洋社長監督に就任」読売新聞縮刷版1958年11月p298