1958年の東映フライヤーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1958年の東映フライヤーズ
成績
パシフィック・リーグ5位
57勝70敗3分 勝率.450[1]
本拠地
都市 東京都世田谷区
球場
駒澤野球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 大川博
経営母体 東映
監督 岩本義行
 < 1957 1959 > 

1958年の東映フライヤーズでは、1958年シーズンの東映フライヤーズの動向をまとめる。

この年の東映フライヤーズは、この年から監督専任となった岩本義行監督の3年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 ラドラ
2 松岡雅俊
3 毒島章一
4 山本八郎
5 吉田勝豊
6 スタンレー橋本
7 西園寺昭夫
8 前川忠男
9 牧野伸
1958年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位
2位
3位
4位
5位
6位
1958年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西鉄ライオンズ 78 47 5 .619 -
2位 南海ホークス 77 48 5 .612 1.0
3位 阪急ブレーブス 73 51 6 .585 4.5
4位 毎日大映オリオンズ 62 63 5 .496 16.0
5位 東映フライヤーズ 57 70 3 .450 22.0
6位 近鉄パールス 29 97 4 .238 49.5

[1]

オールスターゲーム1958[編集]

ファン投票 スタンレー橋本 ラドラ
監督推薦 土橋正幸 西田亨 毒島章一

できごと[編集]

  • 4月5日 - 南海ホークス戦、杉山光平二出川延明球審の判定に抗議し、暴言を吐いたため退場処分。
  • 4月6日 - 南海ホークス戦のダブルヘッダー第2試合、小雨の中行われ、8回裏に東映が1点返して3対4、なお無死三塁のチャンスに井野川利春球審は「コールドゲーム」の宣告。これに東映選手やファンは激怒し大混乱。
  • 5月10日 - 南海ホークス戦、6回裏に山本八郎は遊ゴロ、ショート・広瀬叔功の送球は右へそれるが角田隆良塁審の判定はアウト。これに激怒した山本は角田塁審を突き飛ばして退場。山本は一旦一塁ベンチへ戻るが、角田塁審の顔を見るなり怒りがわき上がって再び角田塁審を殴り倒す。後日山本は「無期限出場停止」処分が科せられる(6月23日解除)。

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
スタンレー橋本 一塁手 初受賞
毒島章一 外野手 2年連続2度目

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1958年 パシフィック・リーグ”. 2017年6月13日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 123