1959年のロードレース世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1959年の
FIMロードレース世界選手権
前年: 1958 翌年: 1960

1959年のロードレース世界選手権は、FIMロードレース世界選手権の第11回大会である。5月にクレルモン=フェランで開催されたフランスGPで開幕し、モンツァの最終戦イタリアGPまで、全8戦で争われた。

シーズン概要[編集]

1955年以来途絶えていたフランスGPが新たに造られたクレルモン=フェラン・サーキットに舞台を移して復活し、この年の世界選手権は全8戦となった。ただし、8戦全ての大会で開催されたクラスは無い。

4クラスのタイトルをMVアグスタに乗る2人のライダーだけで独占した。350ccと500ccクラスに至っては、シーズンを通してレースに優勝したのはジョン・サーティースただ一人だった。ノートンワークス活動を撤退した後もプライベーター用の市販マシンの開発を続けていたが、単気筒のマンクスではMVアグスタの4気筒には太刀打ちできなかった[1]。MVアグスタ以外で唯一500ccクラスへのワークス参戦を続けていたBMWは、結局1度も勝利することなくこの年を最後にグランプリを去った。一方、125ccと250ccクラスではカルロ・ウビアリタルクィニオ・プロヴィーニというMVアグスタの2人がしのぎを削り、結果は両クラスともウビアリが制したが個性の強い2人の衝突は避けられず、シーズン終了後にはプロヴィーニがMVアグスタを離れてモト・モリーニに移籍することになった[2]

前年、印象的な走りを見せたMZ2ストロークには東ドイツ以外のライダーたちも大きな関心を示し、前年からのレギュラーであるホルスト・フュグナーとエルンスト・デグナーに加えてゲイリー・ホッキングルイジ・タベリといった実力のあるライダーがシーズン中にMZに乗り換え、度々上位に食い込んだ。中でもホッキングはMZを得ると同時に連勝し、それを見たMVアグスタはホッキングと翌年からの契約を結んでいる[3][2]

ホンダRC142(マン島の谷口尚己のマシンを復元した物)

後のグランプリの歴史にとって重要なこの年の出来事が、日本のホンダマン島初挑戦(125ccクラス)である。日本国内では浅間火山レースや富士登山レースのようなダートコースでのレースしかなく舗装路でのレース経験がほとんどないホンダだったが、ヨーロッパでも類を見ない125cc2気筒DOHC4バルブのエンジンを積んだマシン(船便で運んだマシンの2バルブエンジンのヘッドを、レース直前に手荷物で持ち込んだ4バルブヘッドに急遽交換したものだった)で社内ライダーの谷口尚己が6位入賞し、初グランプリで1ポイントを獲得した。レースの1ヵ月前から現地に乗り込んで練習を重ねた谷口を含む4人の日本人ライダーは全員完走してホンダはチーム賞を獲得し、ヨーロッパのメディアはそのエンジンを「まるで腕時計のように精巧で、ヨーロッパのメーカーのコピーではない独創的な設計だ」と賞賛した[4][5]。この年ホンダが走ったのはマン島の1戦のみだったが、ホンダのマシンに可能性を感じた一部のプライベーターは早くも翌シーズンのホンダの動向を気にし始めていた[6]

500ccクラス[編集]

MVアグスタのワン・ツーフィニッシュで開幕すると、ジョン・サーティースは第4戦オランダまで4連勝を飾って最短でチャンピオンを決め、タイトル決定後もそのまま1度も負けることなくシーズンを終えた。500ccクラスでの完全勝利は、この年のサーティースが初めてである。ランキング2位にはサーティースをサポートしたレモ・ベンチューリが入った[7]

元チャンピオンのジェフ・デュークジレラの撤退以後プライベーターとしてノートンの市販マシンで参戦を続けてきたが、この年の最終戦イタリアGPでの3位表彰台を最後にオートバイレースから引退した[2]

350ccクラス[編集]

ジョン・サーティースが350ccクラスでは1949年フレディー・フリース以来となる全戦全勝で500ccクラスとのダブルタイトルを獲得した。ボブ・ブラウンやゲイリー・ホッキングはスペシャル・チューンのノートンで度々表彰台に登る活躍を見せたが、MVアグスタのセカンドライダーでランキング2位となったジョン・ハートルにわずかに届かなかった[8]

250ccクラス[編集]

MVアグスタカルロ・ウビアリタルクィニオ・プロヴィーニは共に2勝ずつ挙げたが、プロヴィーニは優勝したレース以外ではポイントを挙げることができず、3度の2位入賞を果たしたウビアリがシーズンを制した[9]。前年ランキング2位のMZのホルスト・フュグナーは、第2戦ドイツGPで優勝したウビアリから0.8秒遅れの3位になるなど今シーズンも速さを発揮していたが、ベルギーの125ccでの事故によって選手生命を絶たれてしまう。代わってMZのファクトリーチームに加わったゲイリー・ホッキングスウェーデンGPでグランプリ初優勝を飾ると続くアルスターGPでも連勝し、プロヴィーニと同ポイントのランキング2位を獲得した[2]

125ccクラス[編集]

この年、唯一チャンピオン決定が最終戦までもつれ込んだのが125ccクラスである。ホンダのグランプリデビュー戦となったマン島ではタルクィニオ・プロヴィーニが勝ったが、続くドイツGPではカルロ・ウビアリが勝利し、ウビアリはベルギーGPまで3連勝を飾った。その間、プロヴィーニも2位入賞を重ねて追いすがり、スウェーデンGPでの勝利によって最終戦に勝てば逆転チャンピオンというところまで追い上げたが最終戦のイタリアでは5位に沈み、このレースで2位となったウビアリがこのクラスの2年連続タイトルを決めた[10]

ウビアリとプロヴィーニが出場しなかったアルスターGPでは、ドゥカティマイク・ヘイルウッドがグランプリ初勝利を飾った。この時19歳だったヘイルウッドの優勝は、グランプリでの最年少優勝記録だった。また最終戦のイタリアGPでは、MZ2ストロークを駆るエルンスト・デグナーが初優勝している。しかし冷戦のただ中にあったこの時、イタリア当局は表彰台でデグナーの母国である東ドイツ国歌の演奏を許可しなかった[2]

グランプリ[編集]

Rd. 決勝日 GP サーキット 125ccクラス優勝 250ccクラス優勝 350ccクラス優勝 500ccクラス優勝 レポート
1 5月17日 フランスの旗 フランスGP クレルモン=フェラン No Race No Race イギリスの旗 J.サーティース イギリスの旗 J.サーティース 詳細
2 6月6日 マン島の旗 マン島TT マン島 イタリアの旗 T.プロヴィーニ イタリアの旗 T.プロヴィーニ イギリスの旗 J.サーティース イギリスの旗 J.サーティース 詳細
3 6月14日 西ドイツの旗 ドイツGP ホッケンハイム イタリアの旗 C.ウビアリ イタリアの旗 C.ウビアリ イギリスの旗 J.サーティース イギリスの旗 J.サーティース 詳細
4 6月27日 オランダの旗 ダッチTT アッセン イタリアの旗 C.ウビアリ イタリアの旗 T.プロヴィーニ No Race イギリスの旗 J.サーティース 詳細
5 7月5日 ベルギーの旗 ベルギーGP スパ イタリアの旗 C.ウビアリ No Race No Race イギリスの旗 J.サーティース 詳細
6 7月26日 スウェーデンの旗 スウェーデンGP クリスチャンスタード イタリアの旗 T.プロヴィーニ イギリス領ローデシアの旗 G.ホッキング イギリスの旗 J.サーティース No Race 詳細
7 8月8日 北アイルランドの旗 アルスターGP ダンドロッド イギリスの旗 M.ヘイルウッド イギリス領ローデシアの旗 G.ホッキング イギリスの旗 J.サーティース イギリスの旗 J.サーティース 詳細
8 9月6日 イタリアの旗 イタリアGP モンツァ 東ドイツの旗 E.デグナー イタリアの旗 C.ウビアリ イギリスの旗 J.サーティース イギリスの旗 J.サーティース 詳細

最終成績[編集]

ポイントシステム
順位 1 2 3 4 5 6
ポイント 8 6 4 3 2 1
  • 全クラスで上位入賞した4戦分のポイントが有効とされた。
  • 凡例

500ccクラス順位[編集]

順位 ライダー マシン FRA
フランスの旗
IOM
マン島の旗
GER
西ドイツの旗
NED
オランダの旗
BEL
ベルギーの旗
ULS
北アイルランドの旗
ITA
イタリアの旗
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1 イギリスの旗 ジョン・サーティース MVアグスタ 1 1 1 1 1 1 1 32 56 7
2 イタリアの旗 レモ・ベンチューリ MVアグスタ 2 - 2 3 5 - 2 22 24 0
3 オーストラリアの旗 ボブ・ブラウン ノートン - 3 3 2 4 5 4 17 22 0
4 イギリスの旗 ジェフ・デューク ノートン - - - - 3 3 3 12 0
5 イギリス領ローデシアの旗 ゲイリー・ホッキング ノートン 3 - - - 2 - - 10 0
6 イギリスの旗 ボブ・マッキンタイヤ ノートン - 5 - - - 2 - 8 0
7 イギリスの旗 アリステア・キング ノートン - 2 - - - 6 - 7 0
8 イギリスの旗 ディッキー・デイル BMW 4 - - 4 - - - 6 0
9 イギリスの旗 テリー・シェパード ノートン 5 - - - - 4 - 5 0
10 ニュージーランドの旗 ジョン・ヘンペルマン ノートン - - 5 - - - 5 4 0
11 イギリスの旗 デレク・パウエル マチレス - 4 - - - - - 3 0
11 オーストラリアの旗 ケン・カバナ ノートン - - 4 - - - - 3 0
13 南アフリカの旗 パディ・ドライバー ノートン 6 6 - - - - 6 3 0
14 イギリス領ローデシアの旗 ジム・レッドマン ノートン - - - 5 - - - 2 0
15 西ドイツの旗 アロイス・フーバー BMW - - 6 - - - - 1 0
15 オーストラリアの旗 ロン・マイルス ノートン - - - 6 - - - 1 0
15 イギリスの旗 ボブ・アンダーソン ノートン - - - - 6 - - 1 0

350ccクラス順位[編集]

順位 ライダー マシン FRA
フランスの旗
IOM
マン島の旗
GER
西ドイツの旗
SWE
スウェーデンの旗
ULS
北アイルランドの旗
ITA
イタリアの旗
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1 イギリスの旗 ジョン・サーティース MVアグスタ 1 1 1 1 1 1 32 48 6
2 イギリスの旗 ジョン・ハートル MVアグスタ 3 2 - 2 - - 16 0
3 オーストラリアの旗 ボブ・ブラウン ノートン - - - 3 2 3 14 0
4 イギリス領ローデシアの旗 ゲイリー・ホッキング ノートン 2 - 2 - - - 12 0
5 イギリスの旗 ジェフ・デューク ノートン - 4 4 - 3 - 10 0
6 イタリアの旗 レモ・ベンチューリ MVアグスタ - - - - - 2 6 0
7 イギリスの旗 ディッキー・デイル AJS - - - 4 4 - 6 0
8 ニュージーランドの旗 ジョン・ヘンペルマン ノートン - - 5 - 6 4 6 0
9 イギリスの旗 ボブ・アンダーソン ノートン 4 5 - - - - 5 0
10 イギリスの旗 アリステア・キング ノートン - 3 - - - - 4 0
10 イタリアの旗 エルネスト・ブランビラ MVアグスタ - - 3 - - - 4 0
12 南アフリカの旗 パディ・ドライバー ノートン 5 - - - - 5 4 0
13 イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド AJS - - - 5 - - 2 0
13 オーストラリアの旗 トム・フィリス ノートン - - - - 5 - 2 0
15 イギリス領ローデシアの旗 ジム・レッドマン ノートン - - 6 6 - - 2 0
16 イギリスの旗 テリー・シェパード ノートン 6 - - - - - 1 0
16 イギリスの旗 デイブ・チャドウィック ノートン - 6 - - - - 1 0
16 イタリアの旗 ジルベルト・ミラーニ ノートン - - - - - 6 1 0

250ccクラス順位[編集]

順位 ライダー マシン IOM
マン島の旗
GER
西ドイツの旗
NED
オランダの旗
SWE
スウェーデンの旗
ULS
北アイルランドの旗
ITA
イタリアの旗
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1 イタリアの旗 カルロ・ウビアリ MVアグスタ 2 1 2 2 - 1 28 34 2
2 イタリアの旗 タルクィニオ・プロヴィーニ MVアグスタ 1 - 1 - - - 16 2
2 イギリス領ローデシアの旗 ゲイリー・ホッキング MZ - - - 1 1 - 16 2
4 東ドイツの旗 エルンスト・デグナー MZ - - 6 4 3 2 14 0
5 イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド モンディアル - 5 4 5 2 - 13 0
6 イタリアの旗 エミリオ・メンドーニ モト・モリーニ - 2 - - - 3 10 0
7 イギリスの旗 デレク・ミンター モト・モリーニ - - 3 - - 4 7 0
8 アイルランドの旗 トミー・ロブ GMS-NSU 4 - - - 4 - 7 0
MZ - - - - - 6
9 東ドイツの旗 ホルスト・フュグナー MZ - 3 5 - - - 6 0
10 オーストラリアの旗 ジェフ・デューク ベネリ - 6 - 3 - - 5 0
11 イギリスの旗 デイブ・チャドウィック MVアグスタ 3 - - - - - 4 0
12 イタリアの旗 リベロ・リベラーティ モト・モリーニ - 4 - - - - 3 0
13 西ドイツの旗 ベルント・カスナー NSU 5 - - - - - 2 0
13 イギリスの旗 フィル・カーター NSU - - - - 5 - 2 0
13 スイスの旗 ルイジ・タベリ MZ - - - - - 5 2 0
16 オーストリアの旗 ルドルフ・タルハマー NSU 6 - - - - - 1 0
16 イギリスの旗 ディッキー・デイル ベネリ - - - 6 - - 1 0
16 西ドイツの旗 ギュンター・ビア アドラー - - - - 6 - 1 0

125ccクラス順位[編集]

順位 ライダー マシン IOM
マン島の旗
GER
西ドイツの旗
NED
オランダの旗
BEL
ベルギーの旗
SWE
スウェーデンの旗
ULS
北アイルランドの旗
ITA
イタリアの旗
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1 イタリアの旗 カルロ・ウビアリ MVアグスタ 5 1 1 1 2 - 2 30 38 3
2 イタリアの旗 タルクィニオ・プロヴィーニ MVアグスタ 1 2 - 2 1 - 5 28 30 2
3 イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド ドゥカティ 3 3 3 - 4 1 - 20 23 1
4 スイスの旗 ルイジ・タベリ ドゥカティ 2 - - - - - - 14 0
MZ - - - 3 - - 3
5 東ドイツの旗 エルンスト・デグナー MZ - 6 - - - 3 1 13 0
6 イタリアの旗 ブルノ・スパッジャーリ ドゥカティ - 5 2 - - - - 8 0
7 イギリスの旗 デレク・ミンター MZ - - 5 4 - - 4 8 0
8 オーストラリアの旗 ケン・カバナ ドゥカティ - - 6 5 5 4 - 8 0
9 イギリス領ローデシアの旗 ゲイリー・ホッキング MZ - - - - - 2 - 7 0
MVアグスタ - - - - - - 6
10 東ドイツの旗 ホルスト・フュグナー MZ 4 - 4 - - - - 6 0
11 西ドイツの旗 ヴェルナー・ムシオル MZ - - - - 3 - - 4 0
12 イタリアの旗 フランチェスコ・ヴィラ ドゥカティ - 4 - - - - - 3 0
13 イタリアの旗 アルベルト・パガーニ ドゥカティ - - - - - 5 - 2 0
14 日本の旗 谷口尚己 ホンダ 6 - - - - - - 1 0
14 西ドイツの旗 カール・クロンミューラー ドゥカティ - - - 6 - - - 1 0
14 スウェーデンの旗 ウルフ・スベンソン ドゥカティ - - - - 6 - - 1 0
14 イギリスの旗 アーサー・ウィラー ドゥカティ - - - - - 6 - 1 0
- 日本の旗 鈴木義一 ホンダ 7 - - - - - - 0 0
- 日本の旗 田中楨助 ホンダ 8 - - - - - - 0 0
- 日本の旗 鈴木淳三 ホンダ 11 - - - - - - 0 0

脚注[編集]

  1. ^ 『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(p.48)
  2. ^ a b c d e 『二輪グランプリ60年史』(p.50 - p.51)
  3. ^ 『The 500cc World Champion』(p.45)
  4. ^ 『Honda Motorcycle Racing Legend vol.3』(2009年、八重洲出版)ISBN 978-4-86144-143-1(p.24 - p.27)
  5. ^ 大久保力『百年のマン島 - TTレースと日本人』(2008年、三栄書房)ISBN 978-4-7796-0407-2(p.1 - p.10)
  6. ^ 『二輪グランプリ60年史』(p.53)
  7. ^ 500cc World Standing 1959 - The Official MotoGP Website
  8. ^ 350cc World Standing 1959 - The Official MotoGP Website
  9. ^ 250cc World Standing 1959 - The Official MotoGP Website
  10. ^ 125cc World Standing 1959 - The Official MotoGP Website

参考文献[編集]

  • ジュリアン・ライダー / マーティン・レインズ『二輪グランプリ60年史』(2010年、スタジオ・タック・クリエイティブ)ISBN 978-4-88393-395-2
  • ケビン・キャメロン『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(2010年、ウィック・ビジュアル・ビューロウ)ISBN 978-4-900843-57-8
  • マイケル・スコット『The 500cc World Champion』(2007年、ウィック・ビジュアル・ビューロウ)ISBN 978-4-900843-53-0