1959年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1959年の南海ホークス
Pichers of Nankai hawks in 1959.jpg
1959年度の投手陣 後列左より:榎原、原田、宅和、木村、中村、田沢、白崎、長光、祓川、野母、杉浦、皆川
成績
日本一
4勝0敗(対巨人[1]
パシフィック・リーグ優勝
88勝42敗4分 勝率.677[2]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
大阪球場
Osakastudiam1989.jpg
球団組織
経営母体 南海電気鉄道
監督 鶴岡一人
« 1958
1960 »

1959年の南海ホークスでは、1959年シーズンの南海ホークスの動向をまとめる。

この年の南海ホークスは、鶴岡一人監督の14年目のシーズンであり、4年ぶり7度目のリーグ優勝に輝いたシーズンである。5回目の日本シリーズ挑戦で初の日本一を果たした。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 広瀬叔功
2 半田春夫
3 杉山光平
4 穴吹義雄
5 野村克也
6 岡本伊三美
7 大沢昌芳
8 寺田陽介
9 杉浦忠
1959年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 西鉄 西鉄 3.5 大毎 7.0 大毎 5.0 大毎 3.0 大毎 8.0 大毎 6.0
3位 東映 2.5 東映 5.0 西鉄 7.5 東映 8.5 西鉄 12.0 西鉄 20.5 東映 21.0
4位 大毎 4.0 大毎 5.5 東映 9.5 西鉄 10.5 東映 15.0 東映 25.0 西鉄 22.0
5位 近鉄 8.0 阪急 11.0 阪急 20.5 阪急 29.5 阪急 35.5 阪急 38.5 阪急 40.0
6位 阪急 8.5 近鉄 17.0 近鉄 24.5 近鉄 36.5 近鉄 39.5 近鉄 49.0 近鉄 49.0
1959年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 88 42 4 .677 -
2位 毎日大映オリオンズ 82 48 6 .631 6.0
3位 東映フライヤーズ 67 63 5 .515 21.0
4位 西鉄ライオンズ 66 64 14 .508 22.0
5位 阪急ブレーブス 48 82 4 .369 40.0
6位 近鉄バファロー 39 91 3 .300 49.0

[2]

日本シリーズ[編集]

1959年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月24日(土) 第1戦 読売ジャイアンツ 7-10 南海ホークス 大阪球場
10月25日(日) 第2戦 読売ジャイアンツ 3-6 南海ホークス
10月26日(月) 移動日
10月27日(火) 第3戦 南海ホークス 3-2 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月28日(水) 第4戦 雨天中止
10月29日(木) 南海ホークス 3-0 読売ジャイアンツ
優勝:南海ホークス(11年ぶり3回目)

[1]

オールスターゲーム1959[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
コーチ 山本一人
投手 杉浦忠 2
捕手 野村克也 3
内野手 半田春夫
寺田陽介
岡本伊三美 5
外野手 広瀬叔功 2
  • 太字はファン投票による選出。▲は出場辞退選手発生による補充選手。

できごと[編集]

  • 10月20日 - 大毎オリオンズダブルヘッダー、打率1位の南海・杉山光平(この日まで0.323)は出場せず、2位の山内和弘(同0.319)に対し、第1試合第1打席は敬遠。ところが第2打席、山内が二塁打を打って打率アップ。慌てた南海投手陣は以後は第2試合第3打席まで慎重に敬遠、観念した山内はベンチへ下がり、杉山の首位打者が確定。これが初の「首位打者争いでの敬遠」である。

選手・スタッフ[編集]

[3]


表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
杉浦忠 最高殊勲選手 初受賞
最優秀防御率 1.40 初受賞
最多勝利 38勝 初受賞
最多奪三振 336個 初受賞
最高勝率 .905 初受賞
杉山光平 首位打者 .323 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
杉浦忠 投手 初受賞
野村克也 捕手 4年連続4度目
岡本伊三美 二塁手 2年ぶり5度目
杉山光平 外野手 2年連続3度目[注 1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1955年に一塁手部門で受賞しており、通算4度目。

出典[編集]

  1. ^ a b 1959年度日本シリーズ”. 2015年10月31日閲覧。
  2. ^ a b 年度別成績 1959年 パシフィック・リーグ”. 2015年10月31日閲覧。
  3. ^ ベースボール・マガジン 1998年夏季号