1959年の毎日大映オリオンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1959年の毎日大映オリオンズ
成績
パシフィック・リーグ2位
82勝48敗6分 勝率.631[1]
本拠地
都市 東京都
球場
後楽園球場
球団組織
経営母体 毎日新聞社
監督 別当薫
« 1958
1960 »

1959年の毎日オリオンズでは、1959年シーズンの毎日大映オリオンズ(通称:大毎オリオンズ)の動向をまとめる。

この年の毎日大映オリオンズは、この年から監督専任となった別当薫監督の6年目(代行の1952年後半を含まず)のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 佐々木信也
2 坂本文次郎
3 榎本喜八
4 山内和弘
5 葛城隆雄
6 衆樹資宏
7 矢頭高雄
8 醍醐猛夫
9 荒巻淳
1959年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 西鉄 1.0 西鉄 3.5 大毎 7.0 大毎 5.0 大毎 3.0 大毎 8.0 大毎 6.0
3位 東映 2.5 東映 5.0 西鉄 7.5 東映 8.5 西鉄 12.0 西鉄 20.5 東映 21.0
4位 大毎 4.0 大毎 5.5 東映 9.5 西鉄 10.5 東映 15.0 東映 25.0 西鉄 22.0
5位 近鉄 8.0 阪急 11.0 阪急 20.5 阪急 29.5 阪急 35.5 阪急 38.5 阪急 40.0
6位 阪急 8.5 近鉄 17.0 近鉄 24.5 近鉄 36.5 近鉄 39.5 近鉄 49.0 近鉄 49.0
1959年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 88 42 4 .677 -
2位 毎日大映オリオンズ 82 48 6 .631 6.0
3位 東映フライヤーズ 67 63 5 .515 21.0
4位 西鉄ライオンズ 66 64 14 .508 22.0
5位 阪急ブレーブス 48 82 4 .369 40.0
6位 近鉄バファロー 39 91 3 .300 49.0

オールスターゲーム1959[編集]

コーチ 別当薫
ファン投票 榎本喜八 葛城隆雄 山内和弘 田宮謙次郎
監督推薦 小野正一 植村義信 谷本稔
  • 取り消し線は出場辞退

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
山内和弘 本塁打王 25本 初受賞
葛城隆雄 打点王 95打点 2年連続2度目
最多安打 163本 2年連続2度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
榎本喜八 一塁手 3年ぶり2度目
葛城隆雄 三塁手 初受賞[注 1]
山内和弘 外野手 2年ぶり5度目

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1958年に遊撃手部門で受賞しており、通算2度目。

出典[編集]