1959年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1959年 | 1959年のスポーツ

1959年の相撲(1959ねんのすもう)は、1959年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、初場所、蔵前国技館で15日間。大関松登が関脇へ陥落。千代の山引退、横綱一代年寄になる。年寄名より、木村庄之助、式守伊之助の両家をはずす。
  • 3月、春場所、大阪府立体育会館で15日間。この場所、出羽海部屋は半世紀ぶりに役力士なし。場所後、朝汐の横綱推挙決定。朝潮に改名。元大関大内山引退、年寄錣山襲名。
  • 4月、栃錦、朝潮ら沖縄巡業。
  • 5月、夏場所、蔵前国技館で15日間。納谷が十両入りして大鵬と改名。
  • 7月、名古屋場所、金山体育館で15日間。場所の14日目、栃錦の実父が交通事故死。
  • 8月、横綱の一代年寄制を廃止。ただし、引退後5年間は役員待遇となる。
  • 9月、秋場所、蔵前国技館で15日間。場所後の番付編成会議で若羽黒の大関昇進決定。一代年寄千代の山は年寄名を九重に変更。
  • 10月、春日野取締(元横綱栃木山)が死去し、栃錦が二枚鑑札となる。大阪準本場所15日間、若羽黒優勝。
  • 11月、九州場所、福岡スポーツセンターで15日間。新弟子検査基準改正、173cm、75kg以上となる。年齢区分なくなる。
  • 12月、行司の停年制により庄之助、伊之助らが引退。

本場所[編集]

  • 一月場所(蔵前国技館、11~25日)
    幕内最高優勝 : 若乃花幹士(14勝1敗,5回目)
    • 殊勲賞-時津山、敢闘賞-若秩父、技能賞-若前田
    十両優勝 : 若杉山豊一(12勝3敗)
  •  三月場所(大阪府立体育会館 8~22日)
    幕内最高優勝 : 栃錦清隆(14勝1敗,8回目)
    • 殊勲賞-北の洋、敢闘賞-柏戸、技能賞-柏戸
    十両優勝 : 八染茂雄 (13勝2敗)
  • 五月場所(蔵前国技館、3~17日)
    幕内最高優勝 :  若乃花幹士(14勝1敗,6回目)
    • 殊勲賞-潮錦、敢闘賞-栃光、技能賞-房錦
    十両優勝 : 若乃國照夫(12勝3敗)
  • 七月場所(金山体育館、5~19日)
    幕内最高優勝 : 栃錦清隆(15戦全勝、9回目)
    • 殊勲賞-岩風、敢闘賞-冨士錦、技能賞-鶴ヶ嶺
    十両優勝 : 星甲良夫(12勝3敗)
  • 九月場所(蔵前国技館、13~27日)
    幕内最高優勝 : 若乃花幹士(14勝1敗,7回目)
    • 殊勲賞-鶴ヶ嶺、敢闘賞-柏戸、技能賞-若羽黒
    十両優勝 : 宇田川勝太郎(14勝1敗)
  • 十一月場所(福岡スポーツセンター、8~22日)
    幕内最高優勝 : 若羽黒朋明(13勝2敗,1回目)
    • 殊勲賞-安念山、敢闘賞-冨士錦、技能賞-若ノ海
    十両優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗)

参考文献[編集]

  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p53