1960年のロードレース世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
1960年の
FIMロードレース世界選手権
前年: 1959年 翌年: 1961年

1960年のロードレース世界選手権は、FIMロードレース世界選手権の第12回大会である。5月にクレルモン=フェランで開催されたフランスGPで開幕し、モンツァの最終戦イタリアGPまで、全7戦で争われた。

シーズン概要[編集]

スウェーデンGPがカレンダーから外れ、この年の選手権は全7戦で争われた。ドイツGPの舞台はソリチュード・サーキットに戻り、以後しばらくの間はソリチュードとホッケンハイムリンクで交互に開催されることになる。

1960年はMVアグスタの強さがピークとなったシーズンだった。全てのクラスの全てのレースの中で、MVアグスタのマシンが勝てなかったのは僅か2レースしかなかったのである。その内のひとつであるアルスターGP500ccクラスでのジョン・ハートルノートンの優勝はMVアグスタのマシントラブルによるものであり、実質的にこの年MVアグスタに勝ったと言えるのはベルギーGP125ccクラスのエルンスト・デグナーが乗るMZが唯一だった[1]。しかし、ライバル不在で2輪レースに対するモチベーションが薄れつつあったMVアグスタのエースライダー、ジョン・サーティースカルロ・ウビアリが共にこの年限りで2輪レースから引退し、シーズンオフにはアグスタ伯爵がワークス活動からの撤退を決定した。ウビアリはビジネスの世界に転身し、この年ついに「楽に勝てた」と漏らすまでになったサーティースは4輪レースに活躍の場を移し、やがて2輪と同様に大きな成功を収めることになる[2][3]

参戦2年目のホンダは早くも小排気量クラスで一大勢力になりつつあった。前年のマン島でグランプリデビューを果たしたばかりのホンダは、2年目のこの年には125ccと250ccクラスにフルエントリーして表彰台に上るほどの進歩を見せたのである。その一方でダッチTTではトム・フィリス谷口尚己が負傷、アルスターGPでは田中健二郎が重傷を負った上に練習中の事故でボブ・ブラウンが命を落とすという、ホンダにとっては新たな課題ができたシーズンでもあった[4]

ホンダに続いてこの年のマン島に出場したのが日本のスズキである。2ストロークエンジンというホンダとは異なるアプローチで125ccクラスに挑戦したスズキだが、エースの伊藤光夫が練習中のクラッシュで決勝不出場となり、決勝を走った3台のマシンも完走こそ果たしたものの15、16、18位と前年のホンダに比べて惨憺たる結果に終わった。しかし、この時スズキチームが宿泊したホテルには同じ2ストロークで既に成功を収めていたMZチームとエースライダーのエルンスト・デグナーも泊まっており、この両者の出会いは後に大きな意味を持つことになった[5]

500ccクラス[編集]

前年に全勝でタイトルを獲ったジョン・サーティースは開幕から2連勝を飾り、1958年から続く500ccクラスの連勝記録を11とした。第2戦のマン島では、初めてレース全体の平均速度100mph以上を記録している。しかし第3戦のオランダでサーティースはクラッシュしてしまい、連勝記録は途切れることになった。オランダで勝ったのはサーティースのチームメイトのレモ・ベンチューリで、これがベンチューリにとってはグランプリで唯一の勝利である。連勝が途切れたサーティースだったが続く第4戦ベルギーと第5戦ドイツで連勝し、このクラスで3年連続4回目となるタイトルを決めた[6]

開幕戦のフランスGPには伊藤史朗がプライベーターとしてBMWのマシンで出場して6位入賞し、初めて500ccクラスのポイントを獲得した日本人となった。

350ccクラス[編集]

この年MVアグスタが350ccクラスに持ち込んだのは、それまでの500ccをスケールダウンしたマシンではなく、250ccの2気筒エンジンを286ccにスケールアップした機動性を重視したマシンだった[7]。このマシンを駆るディフェンディングチャンピオンのジョン・サーティースは開幕戦フランスでエンジントラブルによって後退し、3位に終わった。350ccと500ccの両クラスを通じて、サーティースが出場したレースに勝てなかったのは1957年以来のことだった。代わって開幕戦を制したのはサーティースのチームメイトのゲイリー・ホッキングで、ホッキングは2周目に転倒したにもかかわらずヤワシャフトドライブDOHC2気筒に乗るフランタ・スタストニィを押さえて優勝した[1]。サーティースは第2戦のマン島でも同じMVアグスタに乗るジョン・ハートルに勝ちを譲ったが、続くオランダアルスターと連勝してかろうじてタイトルの防衛に成功した。サーティースは3年連続で500ccクラスとのダブルタイトルだった[8]

250ccクラス[編集]

第4戦までMVアグスタに乗るカルロ・ウビアリゲイリー・ホッキングのふたりが優勝2回と2位2回と全く互角だったが、終盤の2戦に連勝したウビアリが2年連続となる250ccクラスのタイトルを獲得した[9]。前年ウビアリとタイトルを争ったタルクィニオ・プロヴィーニは、移籍したモト・モリーニの新型マシンの開発のためにイタリア選手権に専念し、この年はグランプリに出場していない[1]

この年から250ccクラスに参戦を開始したホンダは、DOHCギアで駆動させる4気筒のマシンを投入した[10]。ホンダはシーズン後半になるにしたがって調子を上げ、第4戦のドイツでは練習中の事故でボブ・ブラウンを亡くすというアクシデントがあったものの田中健二郎がホンダにとっても日本人としても初めてとなる3位表彰台を獲得。アルスターGPではトム・フィリスジム・レッドマンが2位・3位と揃って表彰台に上り、レッドマンは最終戦のイタリアでも2位に入ってMVアグスタの3人に次ぐランキング4位を獲得した[11]

125ccクラス[編集]

MVアグスタカルロ・ウビアリが全5戦中4勝を挙げ、このクラスでは6度目となるタイトルを獲得した。ランキング2位にはウビアリと同じマシンに乗るゲイリー・ホッキングが入ったがホッキングは125ccクラスでは勝利を挙げることができず、ウビアリが唯一勝利を逃したベルギーで勝ったのは進境著しいMZエルンスト・デグナーだった[12]

ホンダは前年から更に進化させたDOHC4バルブ2気筒のマシンで参戦してコンスタントに入賞する速さを見せたが、250ccクラスのような表彰台に上るほどの活躍はできずコンストラクターズポイントではMZの後塵を拝してランキング3位に終わった。しかし今シーズンのマシンRC143はシーズン終了後も開発が続けられ、その努力は翌シーズンの開幕戦で実を結ぶことになる[13]

グランプリ[編集]

Rd. 決勝日 GP サーキット 125ccクラス優勝 250ccクラス優勝 350ccクラス優勝 500ccクラス優勝 レポート
1 5月22日 フランスの旗 フランスGP クレルモン=フェラン No Race No Race イギリス領ローデシアの旗 G.ホッキング イギリスの旗 J.サーティース 詳細
2 6月13日・17日 マン島の旗 マン島TT マン島 イタリアの旗 C.ウビアリ イギリス領ローデシアの旗 G.ホッキング イギリスの旗 J.ハートル イギリスの旗 J.サーティース 詳細
3 6月25日 オランダの旗 ダッチTT アッセン イタリアの旗 C.ウビアリ イタリアの旗 C.ウビアリ イギリスの旗 J.サーティース イタリアの旗 R.ベンチューリ 詳細
4 7月3日 ベルギーの旗 ベルギーGP スパ 東ドイツの旗 E.デグナー イタリアの旗 C.ウビアリ No Race イギリスの旗 J.サーティース 詳細
5 7月24日 ドイツの旗 ドイツGP ソリチュード No Race イギリス領ローデシアの旗 G.ホッキング No Race イギリスの旗 J.サーティース 詳細
6 8月6日 北アイルランドの旗 アルスターGP ダンドロッド イタリアの旗 C.ウビアリ イタリアの旗 C.ウビアリ イギリスの旗 J.サーティース イギリスの旗 J.ハートル 詳細
7 9月11日 イタリアの旗 イタリアGP モンツァ イタリアの旗 C.ウビアリ イタリアの旗 C.ウビアリ イギリス領ローデシアの旗 G.ホッキング イギリスの旗 J.サーティース 詳細

最終成績[編集]

ポイントシステム
順位 1 2 3 4 5 6
ポイント 8 6 4 3 2 1
  • 500cc・250ccクラスでは上位入賞した4戦分の、350cc・125ccクラスでは3戦分のポイントが有効とされた。
  • 凡例

500ccクラス順位[編集]

順位 ライダー マシン FRA
フランスの旗
IOM
マン島の旗
NED
オランダの旗
BEL
ベルギーの旗
GER
ドイツの旗
ULS
北アイルランドの旗
ITA
イタリアの旗
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1 イギリスの旗 ジョン・サーティース MVアグスタ 1 1 - 1 1 2 1 32 46 5
2 イタリアの旗 レモ・ベンチューリ MVアグスタ 2 - 1 2 2 - - 26 1
3 イギリスの旗 ジョン・ハートル MVアグスタ - 2 - - - - - 16 1
ノートン - - - - - 1 5
4 オーストラリアの旗 ボブ・ブラウン ノートン 3 6 2 3 - - - 15 0
4 イタリアの旗 エミリオ・メンドーニ MVアグスタ - - 3 6 3 - 2 15 0
6 イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド ノートン - 3 5 4 - - 3 13 0
7 南アフリカの旗 パディ・ドライバー ノートン 4 - 4 - - - 4 9 0
8 イギリスの旗 ディッキー・デイル ノートン - 5 6 - 4 - - 6 0
9 イギリス領ローデシアの旗 ジム・レッドマン ノートン - - - 5 - 5 6 5 0
10 イギリスの旗 アラン・シェパード マチレス - - - - - 3 - 4 0
11 オーストラリアの旗 トム・フィリス ノートン - 4 - - - 6 - 4 0
12 イギリスの旗 ラルフ・レンセン ノートン - - - - - 4 - 3 0
13 オーストリアの旗 ラディスラス・リヒター ノートン 5 - - - - - - 2 0
13 ニュージーランドの旗 ジョン・ヘンペルマン ノートン - - - - 5 - - 2 0
15 日本の旗 伊藤史朗 BMW 6 - - - - - - 1 0
15 ドイツの旗 ルドルフ・グラザー ノートン - - - - 6 - - 1 0

350ccクラス順位[編集]

順位 ライダー マシン FRA
フランスの旗
IOM
マン島の旗
NED
オランダの旗
ULS
北アイルランドの旗
ITA
イタリアの旗
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1 イギリスの旗 ジョン・サーティース MVアグスタ 3 2 1 1 - 22 26 2
2 イギリス領ローデシアの旗 ゲイリー・ホッキング MVアグスタ 1 - 2 - 1 22 2
3 イギリスの旗 ジョン・ハートル MVアグスタ - 1 - 2 3 18 1
4 チェコスロバキアの旗 フランタ・スタストニィ ヤワ 2 - - - 2 12 0
5 イギリスの旗 ボブ・アンダーソン ノートン - 6 3 4 5 9 10 0
6 オーストラリアの旗 ボブ・ブラウン ノートン 4 - 4 - - 6 0
7 ニュージーランドの旗 ヒュー・アンダーソン AJS - - - 3 6 5 0
8 イギリスの旗 ディッキー・デイル ノートン - - - 5 4 5 0
9 南アフリカの旗 パディ・ドライバー ノートン 5 - 5 6 - 5 0
10 イギリスの旗 ボブ・マッキンタイヤ AJS - 3 - - - 4 0
11 イギリスの旗 デレク・ミンター ノートン - 4 - - - 3 0
12 イギリスの旗 ラルフ・レンセン ノートン - 5 - - - 2 0
13 イギリスの旗 フランク・ペリス ノートン 6 - - - - 1 0
13 ニュージーランドの旗 ジョン・ヘンペルマン ノートン - - 6 - - 1 0

250ccクラス順位[編集]

順位 ライダー マシン IOM
マン島の旗
NED
オランダの旗
BEL
ベルギーの旗
GER
ドイツの旗
ULS
北アイルランドの旗
ITA
イタリアの旗
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1 イタリアの旗 カルロ・ウビアリ MVアグスタ 2 1 1 2 1 1 32 44 4
2 イギリス領ローデシアの旗 ゲイリー・ホッキング MVアグスタ 1 2 2 1 - - 28 2
3 スイスの旗 ルイジ・タベリ MVアグスタ - 3 3 5 6 - 11 0
4 イギリス領ローデシアの旗 ジム・レッドマン ホンダ - - - - 3 2 10 0
5 イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド モンディアル - 5 - - - - 8 0
ドゥカティ - - 4 - 4 -
6 オーストラリアの旗 トム・フィリス ホンダ - - - - 2 - 6 0
7 日本の旗 高橋国光 ホンダ - - - 6 5 4 6 0
8 東ドイツの旗 エルンスト・デグナー MZ - 6 - - - 3 5 0
9 イタリアの旗 タルクィニオ・プロヴィーニ モト・モリーニ 3 - - - - - 4 0
9 日本の旗 田中健二郎 ホンダ - - - 3 - - 4 0
11 イギリスの旗 ボブ・ブラウン ホンダ 4 - - - - - 3 0
11 ニュージーランドの旗 ジョン・ヘンペルマン MZ - 4 - - - - 3 0
11 イギリスの旗 ディッキー・デイル MZ - - - 4 - - 3 0
14 日本の旗 北野元 ホンダ 5 - - - - - 2 0
14 イタリアの旗 アルベルト・パガーニ アエルマッキ - - 5 - - - 2 0
14 イタリアの旗 ジルベルト・ミラーニ ホンダ - - - - - 5 2 0
17 日本の旗 谷口尚己 ホンダ 6 - - - - - 1 0
17 ドイツの旗 ギュンター・ビア アドラー - - 6 - - - 1 0
17 日本の旗 佐藤幸男 ホンダ - - - - - 6 1 0

125ccクラス順位[編集]

順位 ライダー マシン IOM
マン島の旗
NED
オランダの旗
BEL
ベルギーの旗
ULS
北アイルランドの旗
ITA
イタリアの旗
有効ポイント 合計ポイント 勝利数
1 イタリアの旗 カルロ・ウビアリ MVアグスタ 1 1 3 1 1 24 36 4
2 イギリス領ローデシアの旗 ゲイリー・ホッキング MVアグスタ 2 2 5 2 5 18 22 0
3 東ドイツの旗 エルンスト・デグナー MZ - 5 1 3 3 16 18 1
4 イタリアの旗 ブルノ・スパッジャーリ MVアグスタ - - 4 4 2 12 0
5 ニュージーランドの旗 ジョン・ヘンペルマン MZ 4 - 2 6 - 10 0
6 スイスの旗 ルイジ・タベリ MVアグスタ 3 - - 5 - 6 0
7 イギリス領ローデシアの旗 ジム・レッドマン ホンダ - 4 - - 4 6 0
8 イタリアの旗 アルベルト・ガンドッシ MZ - 3 - - - 4 0
9 イギリスの旗 ボブ・アンダーソン MZ 5 - - - - 2 0
10 日本の旗 谷口尚己 ホンダ 6 - - - - 1 0
10 日本の旗 鈴木義一 ホンダ - 6 - - - 1 0
10 イギリスの旗 マイク・ヘイルウッド ドゥカティ - - 6 - - 1 0
10 日本の旗 高橋国光 ホンダ - - - - 6 1 0

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『二輪グランプリ60年史』(p.54 - p.55)
  2. ^ 『二輪グランプリ60年史』(p.57)
  3. ^ 『The 500cc World Champion』(p.39)
  4. ^ 大久保力『百年のマン島 - TTレースと日本人』(2008年、三栄書房)ISBN 978-4-7796-0407-2(p.350)
  5. ^ 『浅間から世界GPへの道』(2008年、八重洲出版)ISBN 978-4-86144-115-8(p.96 - p.99)
  6. ^ 500cc World Standing 1960 - The Official MotoGP Website
  7. ^ 『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(p.50)
  8. ^ 350cc World Standing 1960 - The Official MotoGP Website
  9. ^ 250cc World Standing 1960 - The Official MotoGP Website
  10. ^ 『Honda Motorcycle Racing Legend vol.3』(2009年、八重洲出版)ISBN 978-4-86144-143-1(p.95)
  11. ^ ミック・ウーレット『HONDA RACERS』(1990年、企画室ネコ)ISBN 4-87366-063-7(p.20)
  12. ^ 125cc World Standing 1960 - The Official MotoGP Website
  13. ^ 『Honda Motorcycle Racing Legend vol.3』(p.68)

参考文献[編集]

  • ジュリアン・ライダー / マーティン・レインズ『二輪グランプリ60年史』(2010年、スタジオ・タック・クリエイティブ)ISBN 978-4-88393-395-2
  • ケビン・キャメロン『THE GRAND PRIX MOTORCYCLE』(2010年、ウィック・ビジュアル・ビューロウ)ISBN 978-4-900843-57-8
  • マイケル・スコット『The 500cc World Champion』(2007年、ウィック・ビジュアル・ビューロウ)ISBN 978-4-900843-53-0