1960年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1960年の読売ジャイアンツ
成績
セントラル・リーグ2位
66勝61敗3分 勝率.519[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 正力松太郎
経営母体 読売新聞社
監督 水原茂
 < 1959 1961 > 

1960年の読売ジャイアンツ(1960ねんのよみうりジャイアンツ)では、1960年シーズンについての読売ジャイアンツの動向についてまとめる。

この年の読売ジャイアンツは水原茂監督の11年目のシーズンである。

概要[編集]

4年続けて日本シリーズに敗れた巨人は、初のリーグ6連覇と5年ぶりの日本一を目指しシーズンに臨んだが、開幕3戦目で広岡達朗が負傷リタイヤし、その後長嶋茂雄が遊撃を守る試合が数試合続いた。4月は首位に立ったものの、5月は勝ち星が伸び悩み、広岡が戦列に復帰した下旬に中日に首位の座を明け渡す。7月に入ると大洋が首位争いに加わり、中日と三つ巴の争いとなる。9月に中日が脱落、巨人は7連勝で首位に迫るが、その前に立ちはだかったのが、かつて西鉄の監督として3年連続で水原巨人を叩きのめした三原脩新監督率いる大洋であった。大洋との直接対決の14敗(11勝)のうち10試合が1点差負けと、なかなか三原大洋との差を詰められない水原監督の苛立ちは10月2日、広島とのダブルヘッダー第1試合に敗れ、大洋の優勝が決まるや遂にピークに達し、第2試合にも敗れた後監督室に立ち入ったカメラマンに暴行を働くという不祥事を起こした。翌日から水原は謹慎、川上哲治ヘッドコーチがシーズン終了まで指揮を取り、終了後の11月19日に水原の辞任と川上の監督就任が発表された。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 広岡達朗
2 宮本敏雄
3 土屋正孝
4 長嶋茂雄
5 与那嶺要
6 藤尾茂
7 難波昭二郎
8 森昌彦
9 伊藤芳明
1960年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位
2位
3位
4位
5位
6位
1960年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 大洋ホエールズ 70 56 4 .554 -
2位 読売ジャイアンツ 66 61 3 .519 4.5
3位 大阪タイガース 64 62 4 .508 6.0
4位 広島カープ 62 61 7 .504 6.5
5位 中日ドラゴンズ 63 67 0 .485 9.0
6位 国鉄スワローズ 54 72 4 .431 16.0

[1]

オールスターゲーム1960[編集]

  • 監督
水原茂
  • ファン投票
堀本律雄(出場辞退)
王貞治
長嶋茂雄
  • 監督推薦
森昌彦

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー[編集]

新人王
最多勝利(29勝、初受賞)
沢村賞(初受賞)
首位打者(.334、2年連続2度目)
最多安打(151本、3年連続3度目)

ベストナイン[編集]

長嶋茂雄(三塁手、3年連続3度目)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1960年 パシフィック・リーグ”. 2016年12月17日閲覧。
  2. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 2016年12月17日閲覧。