1960年ローマオリンピックの日本選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オリンピックの日本選手団
Flag of Japan (1870–1999).svg
日章旗
IOCコード JPN
NOC 日本オリンピック委員会
公式サイト
1960年ローマオリンピック
人員: 選手 167名、役員 52名
旗手: 小野喬
主将: 糸山隆司
メダル
国別順位: 8 位

4

7

7

18
夏季オリンピック日本選手団
191219201924192819321936194819521956196019641968197219761980198419881992199620002004200820122016
冬季オリンピック日本選手団
19241928193219361948195219561960196419681972197619801984198819921994199820022006201020142018

1960年ローマオリンピックの日本選手団1960年イタリアローマで行われた1960年ローマオリンピックの日本選手団。選手名及び所属は1960年当時のもの

概要[編集]

メダル獲得者[編集]

金メダル[編集]

銀メダル[編集]

銅メダル[編集]

陸上競技[編集]

総監督:鈴木良徳
ヘッドコーチ:浅川正一
コーチ:和田明
コーチ:西内丈夫
マラソンコーチ:西田勝雄

男子[編集]

  • 早瀬公忠(中京大
    • 男子200m:予選落選(22秒3)
    • 男子400m:予選落ち(49秒1)
  • 大串啓二(旭化成
    • 男子400mハードル:予選落ち(52秒4)
  • 岡本登(旭化成
    • 男子ハンマー投:13位(60m08)
  • 菅原武男(日大
    • 男子ハンマー投:予選落ち(59m32)
  • 広島庫夫旭化成
    • 男子マラソン:31位(2時間29分40秒0)
  • 貞永信義(鐘紡
    • 男子マラソン:46位(2時間35分11秒2)
  • 渡辺和己(九州電工
    • 男子マラソン:32位(2時間29分45秒0)
  • 桜井孝次(日立
    • 男子三段跳:予選落ち(14m59)
  • 柴田宏(中大
    • 男子三段跳:予選落ち(14m93)
  • 太田富夫(早大
    • 男子三段跳:予選落ち(15m42)
  • 杉岡邦由(日大
    • 男子走高跳:予選落ち(1m95)
  • 安間之重(リッカー
    • 男子走幅跳:予選落ち(7m34)
  • 岡崎高之中大
    • 男子走幅跳:決勝棄権(記録なし)
  • 蝦名純関学
    • 男子走幅跳:予選落ち(6m83)
  • 安田矩明(旭化成
    • 男子棒高跳:予選落ち(4m20)
  • 大串啓二・岡崎高之・柴田宏・早瀬公忠
    • 男子4×100mリレー:準決勝落選(42秒2)

女子[編集]

  • 内田弘子(リッカー
    • 女子円盤投:予選落ち(43m78)
  • 伊藤文子(リッカー
    • 女子走幅跳:12位(5m98)
  • 福田晶子(大昭和製紙
    • 女子走幅跳:予選失格(5m79)
  • 木村安子(リッカー
    • 女子走幅跳:予選落ち(5m45)
  • 松田靖子(大昭和製紙
    • 女子砲丸投:予選落ち(13m51)

水泳競技[編集]

総監督:小出靖彦
競泳コーチ:太田光雄
競泳コーチ:赤樫卓爾
飛込みコーチ:柴原恒雄
水球監督:鶸田武
マネージャー:志村文一郎

競泳[編集]

飛込[編集]

  • 金戸俊介日大
    • 男子高飛込:10位(90.99)
    • 男子飛板飛込:23位(47.51)
  • 馬淵良(長野電鉄
    • 男子高飛込:13位(89.13)
  • 山野外嗣夫(北陸軽金属)
    • 男子飛板飛込:7位(140.46)
  • 津谷鹿乃子(倉敷レイヨン
    • 女子高飛込:11位(77.90)
    • 女子飛板飛込:16位(80.37)
  • 渡辺久美子(リッカー
    • 女子高飛込:10位(79.60)
    • 女子飛板飛込:14位(80.57)

水球[編集]

  • 青山礼三(日大)・浅沼寛治(湘南交通)・加藤峰男(横河電機)・佐藤孝尚(太平山酒造)・柴田徹(日大)・清水洋二(慶大)・高木弘毅(本州ビル・メンテナンス)・藤本重信(日大)・宮村元信(新光商事)・山本健(朝日ビール
    • 男子:予選リーグ敗退

体操[編集]

監督:近藤天
男子チームリーダー:金子明友
男子コーチ:上迫忠夫
女子チームリーダー:荒川御幸
女子コーチ:小林喜久

男子[編集]

  • 遠藤幸雄日大コーチ)
    • 男子個人総合:5位(114.45)
    • 男子跳馬:5位(19.175)
    • 男子鉄棒:4位(19.425)
  • 三栗崇東教大
    • 男子あん馬:4位(19.125)
    • 男子個人総合:9位(114.10)
    • 徒手:4位(19.200)
  • 小野喬慶大出)
    • 男子あん馬:6位(18.525)
    • 男子つり輪:銅メダル(19.425)
    • 男子個人総合:銀メダル(115.90)
    • 男子跳馬:金メダル(19.350)
    • 男子鉄棒:金メダル(19.600)
    • 男子平行棒:銅メダル(19.350)
    • 徒手:4位(19.200)
  • 相原信行日体大コーチ)
    • 男子つり輪:5位(19.400)
    • 男子個人総合:7位(114.40)
    • 男子平行棒:4位(19.275)
    • 徒手:金メダル(19.450)
  • 竹本正男日体大講師)
    • 男子個人総合:5位(114.45)
    • 男子鉄棒:銀メダル(19.525)
    • 男子平行棒:6位(19.125)
  • 鶴見修治日体大コーチ)
    • 男子あん馬:銅メダル(19.150)
    • 男子個人総合:4位(114.55)
    • 男子跳馬:6位(19.150)
  • 相原信行遠藤幸雄小野喬竹本正男鶴見修治三栗崇
    • 男子団体総合:金メダル(575.20)

女子[編集]

レスリング[編集]

監督:北野祐秀
コーチ:笹原正三
コーチ:笹原茂

  • 阿部一男(丸大洋紙店)
    • フリースタイル・ライト級:4回戦敗退
  • 永井隆(赤城印刷)
    • フリースタイル・ミドル級:8位
  • 兼子隆(中大学友会)
    • フリースタイル・ウエルター級:6位
  • 高比良政利(拓大
    • グレコローマン・フェザー級:2回戦敗退
  • 佐藤多美治中大
    • フリースタイル・フェザー級:4位
  • 市口政光関大
    • グレコローマン・バンタム級:7位
  • 重岡完治(八幡製鉄
    • グレコローマン・ヘビー級:2回戦(失格)
  • 松原正之日大
    • フリースタイル・フライ級:銀メダル
  • 青海上(明大
    • グレコローマン・ミドル級:2回戦(失格)
  • 石黒馨(日通
    • フリースタイル・ヘビー級:2回戦敗退
  • 石倉俊太(日本カーバイト)
    • グレコローマン・ライトヘビー級:2回戦(失格)
  • 川野俊一(雪印物産)
    • フリースタイル・ライトヘビー級:8位
  • 浅井正(北日本砂鉄)
    • フリースタイル・バンタム級:4位
  • 武田幸彦(中大出)
    • グレコローマン・ウエルター級:3回戦敗退
  • 平田孝(自家営業)
    • グレコローマン・フライ級:4位
  • 北村光治(山本乳業)
    • グレコローマン・ライト級:5位

ボクシング[編集]

監督:田中宗夫
コーチ:市原康允

  • 伊東靖倖(早大)日本チーム主将
    • ライト級:3回戦(判定)
  • 田辺清中大
    • フライ級:銅メダル
  • 渡辺勝治(中大
    • ライトウエルター級:2回戦(判定)
  • 芳賀勝男中大
    • バンタム級:3回戦(判定)
  • 鈴木進悦(農大
    • フェザー級:2回戦(判定)

ウエイトリフティング[編集]

監督:井口幸男
コーチ:飯田勝康

  • 窪田登早大出)
    • ライトヘビー級:7位(400.0)
  • 古山征男(明大
    • フェザー級:5位(345.0)
  • 三宅義信法大
    • バンタム級:銀メダル(337.5)
  • 山崎弘(明大
    • ライト級:28位
  • 大沼賢治(早大出)
    • ライト級:失格
  • 藤島善信(中大
    • フェザー級:失格
  • 木暮茂夫法大出)
    • バンタム級:4位(322.5)

フェンシング[編集]

監督:佐野雅之

  • 小沢嗣央(正路喜社)
    • 男子エペ個人:予選敗退
    • 男子サーブル個人:予選敗退
  • 船水光行(中大出)
    • 男子サーブル個人:予選敗退
    • 男子フルーレ個人:予選敗退
  • 大川平三郎(中大
    • 男子フルーレ個人:予選敗退
  • 田淵和彦(同大出)
    • 男子エペ個人:予選敗退
    • 男子フルーレ個人:予選敗退
  • 藤巻惣之助(法大
    • 男子エペ個人:予選敗退
    • 男子サーブル個人:予選敗退
  • 大川平三郎・小沢嗣央・田淵和彦・船水光行
    • 男子フルーレ団体:予選敗退
  • 大川平三郎・小沢嗣央・田淵和彦・藤巻惣之助
    • 男子エペ団体:予選敗退
  • 小沢嗣央・田淵和彦・藤巻惣之助・船水光行
    • 男子サーブル団体:予選敗退

バスケットボール[編集]

監督:森澤誠一
コーチ:前田昌保

ホッケー[編集]

監督:五百木一雄
コーチ:市川日出男

  • 安倍忠俊(愛知県物産大阪販売斡旋所)・飯島健(三井銀行)・岩橋邦雄(慶大)・神戸勝(明大)・木原征治・小島博(山野順平商店)・小島芳夫(大一実業)・佐土市良(関大)・中村敏治(愛知トヨタ)・中山弘(綱島中央青果)・藤原博之(札幌中央郵便局)・矢口照夫(大一実業)・山崎久寿(恩給社)・勇崎恒也(明大)・綿田道則(法大
    • 男子:14位

ボート[編集]

エイト監督:堀内浩太郎
フォア監督:杉田美昭

セーリング[編集]

監督:堀江喜三

  • 酒井原良松(小松製作所)・山田水城(東大文部教官)
    • スター級:26位(871)
  • 石井正行(中井商店)・岡本豊(岡本造船所)・川田節郎(トヨタ自動車
    • ドラゴン級:22位(1.645)
  • 穂積八洲雄(日本放送協会
    • フィン級:23位(2306)

近代五種[編集]

監督:吉田四郎

  • 田中和宏(皇宮警察)
    • 個人:35位(4085)
  • 内野重昭(大阪府警
    • 個人:38位(3988)

自転車[編集]

監督:林譲四郎

射撃[編集]

総監督兼ライフル監督:芹沢新平
ピストル監督:滝沢光三
クレー監督:山下巌

  • 吉川貴久福岡県庁
    • ライフル射撃男子フリー・ピストル:銅メダル(552)
  • 熊谷賢一英語版早大出)
    • クレー射撃クレー・ピジョン:19位(178)
  • 山根三雄(浅草市場)
    • クレー射撃クレー・ピジョン:予選失格(79)
  • 松井忠夫(警視庁
    • ライフル射撃男子フリー・ピストル:12位(540)
  • 石井孝郎(明大
    • ライフル射撃男子スモール・ボア・ライフル3姿勢:30位(1110)
    • ライフル射撃男子スモール・ボア・ライフル伏射:20位(582)
  • 猪熊幸夫(防衛庁
    • ライフル射撃男子スモール・ボア・ライフル伏射:6位(586)
  • 落合治(京都府警
    • ライフル射撃男子ラピッド・ファイア・ピストル:35位(565)
  • 了泉庵文男(警視庁
    • ライフル射撃男子ラピッド・ファイア・ピストル:30位(569)

馬術[編集]

監督:青山幸高

  • 影山祐三(成蹊大出、馬名:エフォルジオ)
    • 障害飛越個人:失権
  • 影山祐三(馬名:エフォルジオ)・荒木雄豪(京大大学院)・太田邦宏(専大出、馬名:ファシー)
    • 障害飛越団体:15位
  • 太田邦宏(馬名:ファシー)
    • 障害飛越:29位

本部[編集]

団長:春日弘
総務:浅野均一
総務:東俊郎
総務:塩沢幹
渉外兼団長秘書:竹崎道雄
渉外:平井俊一
庶務:茶谷蔵吉
会計:三砂太一郎
チームドクター:黒田善雄
チームドクター:池田亀夫

その他[編集]

シャペロン:桑名寿枝子
芸術視察員:海野建夫
サッカー視察員:松丸貞一
ボートマン:谷古茂
馬取扱人:木村義衛

参考文献[編集]