1961年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1961年オールスターゲーム (日本プロ野球)

1961年のオールスター
Previous: 1960 Next: 1962

試合概要[編集]

前年、初の日本一を達成した大洋ホエールズ三原脩監督が全セ(オールセントラル・リーグ)を率い、対する全パ(オールパシフィック・リーグ)は前年リーグ優勝した毎日大映オリオンズ(大毎)西本幸雄監督が率いるはずだったが、前年の日本シリーズで4連敗した責任を永田雅一オーナーから問われて解任されたため、同年2位の南海鶴岡一人監督が率いた。

第1戦、全パ投手陣が3安打完封の大活躍。第2戦も全パが逆転勝利を飾り、前年来の5連勝を達成した。

選出選手[編集]

セントラル・リーグ[1] パシフィック・リーグ[1]
監督 三原脩 大洋 監督 鶴岡一人 南海
コーチ 砂押邦信 国鉄 コーチ 川崎徳次 西鉄
濃人貴実 中日 水原茂 東映
藤本定義 阪神
投手 金田正一 国鉄 11 投手 稲尾和久 西鉄 4
北川芳男 国鉄 2 久保田治 東映
堀本律雄 巨人 2 杉浦忠 南海 4
秋山登 大洋 6 土橋正幸 東映 4
弘瀬昌彦 広島 ミケンズ 近鉄 2
森滝義巳 国鉄 小野正一 大毎 4
伊藤芳明 巨人 梶本隆夫 阪急 6
西尾慈高 中日 皆川睦男 南海 2
村山実 阪神 3
島田源太郎 大洋 2
権藤博 中日
捕手 森昌彦 巨人 2 捕手 野村克也 南海 5
根来広光 国鉄 和田博実 西鉄 4
土井淳 大洋 6 安藤順三 東映
一塁手 王貞治 巨人 2 一塁手 榎本喜八 大毎 7
二塁手 土屋正孝 国鉄 二塁手 仰木彬 西鉄
三塁手 長嶋茂雄 巨人 4 三塁手 中西太 西鉄 7
遊撃手 吉田義男 阪神 8 遊撃手 豊田泰光 西鉄 7
内野手 江藤慎一 中日 2 内野手 ブルーム 近鉄
桑田武 大洋 3 小玉明利 近鉄 5
広瀬叔功 南海 4
西園寺昭夫 東映 2
外野手 高林恒夫 巨人 外野手 山内和弘 大毎 8
森徹 中日 3 張本勲 東映 2
近藤和彦 大洋 2 杉山光平 南海 3
国松彰 巨人 田宮謙次郎 大毎 7
町田行彦 国鉄 3 毒島章一 東映 5
高倉照幸 西鉄 4
田中久寿男 西鉄
  • 太字はファン投票で選ばれた選手。▲は出場辞退選手発生による補充選手。
    • 弘瀬、皆川、西尾、島田は2試合とも出場機会がなかった。[2]

試合結果[編集]

試合 試合日 球場 開始時刻 勝利 スコア 敗戦 MVP 入場者数
第1戦 7月18日(火) 中日 19時0分 パシフィック 3 - 0 セントラル 広瀬叔功 20768人
第2戦 7月19日(水) 甲子園 19時2分 パシフィック 4 - 2 セントラル 田宮謙次郎 33635人

第1戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 0 0 0 3 0 0 0 0 0 3 7 1
全セ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1
  1. パ : ○杉浦()、ミケンズ)、土橋)、稲尾西)-野村(南)、安藤順(東)
  2. セ : 北川)、●森滝(国)、伊藤)、秋山)、権藤)-根来(国)、土井(洋)、(巨)
  3. : 杉浦(1勝)  : 森滝(1敗)  
  4. :  パ – 広瀬(南)1号(3ラン・伊藤)
  5. 審判:球審…筒井(セ)、塁審…(パ)・津田(セ)・二出川(パ)、外審…佐藤(セ)・田川(パ)
  6. 試合時間:2時間6分

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [一] 榎本喜八
2 [中] 田宮謙次郎
3 [三] 中西太
4 [左] 山内一弘
5 [右] 張本勲
6 [捕] 野村克也
7 [遊] 広瀬叔功
8 [二] ブルーム
9 [投] 杉浦忠
セントラル
打順 守備 選手
1 [二] 土屋正孝
2 [左] 近藤和彦
3 [右] 森徹
4 [三] 長嶋茂雄
5 [一] 王貞治
6 [遊] 桑田武
7 [中] 国松彰
8 [捕] 根来広光
9 [投] 北川芳男


第2戦[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
全パ 0 0 2 1 0 1 0 0 0 4 10 1
全セ 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 7 4
  1. パ : 梶本隆)、○久保田(東)、稲尾、小野)、ミケンズ-野村
  2. セ : 村山)、●金田(国)、堀本(巨)、権藤-根来、森
  3. : 久保田(1勝)  : 金田(1敗)  
  4. 審判:球審…川瀬(パ)、塁審…佐藤(セ)・田川(パ)・(セ)、外審…沖(パ)・津田(セ)
  5. 試合時間:2時間25分

オーダー[編集]

パシフィック
打順 守備 選手
1 [一] 榎本喜八
2 [中] 田宮謙次郎
3 [右] 張本勲
4 [左] 山内一弘
5 [三] 中西太
6 [捕] 野村克也
7 [遊] 広瀬叔功
8 [二] 仰木彬
9 [投] 梶本隆夫
セントラル
打順 守備 選手
1 [遊] 吉田義男
2 [中] 近藤和彦
3 [一] 江藤慎一
4 [三] 長嶋茂雄
5 [右] 森徹
6 [二] 土屋正孝
7 [左] 町田行彦
8 [捕] 根来広光
9 [投] 村山実


テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

ラジオ中継[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ この当時にはまだ日本テレビ系列の中京エリア局が存立していなかったため。

出典[編集]

  1. ^ a b 『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.89
  2. ^ 『オールスターゲームの軌跡 DREAM GAMES HISTORY since 1951』(2001年、ベースボール・マガジン社)、P.90-91

関連項目[編集]