1961年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1961年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・ヤンキースAL 4
シンシナティ・レッズNL 1
シリーズ情報
試合日程 10月4日–9日
観客動員 5試合合計:22万3247人
1試合平均:04万4649人
MVP ホワイティー・フォード(NYY)
のちの殿堂表彰者 ヨギ・ベラ(NYY捕手)
ホワイティー・フォード(NYY投手)
ミッキー・マントル(NYY外野手)
フランク・ロビンソン(CIN外野手)
ジョッコ・コンラン(審判員)
チーム情報
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
シリーズ出場 02年連続26回目
GM ロイ・ヘイミー
監督 ラルフ・ハウク
シーズン成績 109勝53敗・勝率.673
分配金 選手1人あたり7389.13ドル[1]
シンシナティ・レッズ(CIN)
シリーズ出場 21年ぶり04回目
GM ゲイブ・ポール
監督 フレッド・ハッチンソン
シーズン成績 093勝61敗・勝率.574
分配金 選手1人あたり5356.37ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
ワールドシリーズ
 < 1960 1962 > 

1961年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第58回ワールドシリーズ(58th World Series)は、10月4日から9日にかけて計5試合が開催された。その結果、ニューヨーク・ヤンキースアメリカンリーグ)がシンシナティ・レッズナショナルリーグ)を4勝1敗で下し、3年ぶり19回目の優勝を果たした。

両チームの対戦は、1939年以来22年ぶり2回目。1961年当時は冷戦の真っ只中で、両球団の名称がヤンキースアメリカ合衆国北東部白人)とレッズ共産主義の象徴色)だったことから、政治的な注目を集めた。ペンシルベニア州最高裁判所判事マイケル・マスマノは、新聞の見出しが「アカがヤンキーを殺す」となる事態を恐れ、レッズという球団名を変更するよう求める書簡を監督フレッド・ハッチンソン宛に出したとされる[2]シリーズMVPには、初戦に先発登板して完封勝利を挙げるなど、2試合14.0イニングで2勝・防御率0.00という成績を残したヤンキースのホワイティー・フォードが選出された。

試合結果[編集]

1961年のワールドシリーズは10月4日に開幕し、途中に移動日を挟んで6日間で5試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月04日(水) 第1戦 シンシナティ・レッズ 0-2 ニューヨーク・ヤンキース ヤンキー・スタジアム
10月05日(木) 第2戦 シンシナティ・レッズ 6-2 ニューヨーク・ヤンキース
10月06日(金) 移動日
10月07日(土) 第3戦 ニューヨーク・ヤンキース 3-2 シンシナティ・レッズ クロスリー・フィールド
10月08日(日) 第4戦 ニューヨーク・ヤンキース 7-0 シンシナティ・レッズ
10月09日(月) 第5戦 ニューヨーク・ヤンキース 13-5 シンシナティ・レッズ
優勝:ニューヨーク・ヤンキース(4勝1敗 / 3年ぶり19度目)

第1戦 10月4日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ・レッズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 1 0 1 0 0 X 2 6 0
  1. : ホワイティー・フォード(1勝)  : ジム・オトゥール(1敗)  
  2. :  NYY – エルストン・ハワード1号ソロ、ビル・スコウロン1号ソロ
  3. 審判:球審…エド・ランジ(AL)、塁審…一塁: ジョッコ・コンラン(NL)、二塁: フランク・ウモント(AL)、三塁: オーギー・ドナテリ(NL)、外審…左翼: シャグ・クロフォード(NL)、右翼: ボブ・スチュワート(AL)
  4. 試合時間: 2時間11分 観客: 6万2397人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席
1961年のワールドシリーズの位置(野球内)
J・オトゥール
J・オトゥール
D・ジョンソン
D・ジョンソン
G・コールマン
G・コールマン
G・フリース
G・フリース
E・カスコ
E・カスコ
V・ピンソン
V・ピンソン
W・ポスト
W・ポスト
打順 守備 選手 打席
1 D・ブラッシンゲーム 1 B・リチャードソン
2 E・カスコ 2 T・クーベック
3 V・ピンソン 3 R・マリス
4 F・ロビンソン 4 E・ハワード
5 W・ポスト 5 B・スコウロン
6 G・フリース 6 Y・ベラ
7 G・コールマン 7 H・ロペス
8 D・ジョンソン 8 C・ボイヤー
9 J・オトゥール 9 W・フォード
先発投手 投球 先発投手 投球
J・オトゥール W・フォード

第2戦 10月5日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
シンシナティ・レッズ 0 0 0 2 1 1 0 2 0 6 9 0
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 2 0 0 0 0 0 2 4 3
  1. : ジョーイ・ジェイ(1勝)  : ラルフ・テリー(1敗)  
  2. :  CIN – ゴーディ・コールマン1号2ラン  NYY – ヨギ・ベラ1号2ラン
  3. 審判:球審…ジョッコ・コンラン(NL)、塁審…一塁: フランク・ウモント(AL)、二塁: オーギー・ドナテリ(NL)、三塁: エド・ランジ(AL)、外審…左翼: シャグ・クロフォード(NL)、右翼: ボブ・スチュワート(AL)
  4. 試合時間: 2時間43分 観客: 6万3083人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
シンシナティ・レッズ ニューヨーク・ヤンキース
打順 守備 選手 打席
1961年のワールドシリーズの位置(野球内)
J・ジェイ
J・ジェイ
J・エドワーズ
J・エドワーズ
G・コールマン
G・コールマン
E・チャコーン
E・チャコーン
G・フリース
G・フリース
E・カスコ
E・カスコ
V・ピンソン
V・ピンソン
W・ポスト
W・ポスト
打順 守備 選手 打席
1 E・チャコーン 1 B・リチャードソン
2 E・カスコ 2 T・クーベック
3 V・ピンソン 3 R・マリス
4 F・ロビンソン 4 Y・ベラ
5 G・コールマン 5 J・ブランチャード
6 W・ポスト 6 E・ハワード
7 G・フリース 7 B・スコウロン
8 J・エドワーズ 8 C・ボイヤー
9 J・ジェイ 9 R・テリー
先発投手 投球 先発投手 投球
J・ジェイ R・テリー

第3戦 10月7日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 0 0 0 1 1 1 3 6 1
シンシナティ・レッズ 0 0 1 0 0 0 1 0 0 2 8 0
  1. : ルイス・アローヨ(1勝)  : ボブ・パーキー(1敗)  
  2. :  NYY – ジョニー・ブランチャード1号ソロ、ロジャー・マリス1号ソロ
  3. 審判:球審…フランク・ウモント(AL)、塁審…一塁: オーギー・ドナテリ(NL)、二塁: エド・ランジ(AL)、三塁: ジョッコ・コンラン(NL)、外審…左翼: シャグ・クロフォード(NL)、右翼: ボブ・スチュワート(AL)
  4. 試合時間: 2時間15分 観客: 3万2589人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース シンシナティ・レッズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1961年のワールドシリーズの位置(野球内)
B・パーキー
B・パーキー
J・エドワーズ
J・エドワーズ
G・コールマン
G・コールマン
E・チャコーン
E・チャコーン
G・フリース
G・フリース
E・カスコ
E・カスコ
W・ポスト
W・ポスト
V・ピンソン
V・ピンソン
1 B・リチャードソン 1 E・チャコーン
2 T・クーベック 2 E・カスコ
3 R・マリス 3 V・ピンソン
4 M・マントル 4 F・ロビンソン
5 Y・ベラ 5 G・コールマン
6 E・ハワード 6 W・ポスト
7 B・スコウロン 7 G・フリース
8 C・ボイヤー 8 J・エドワーズ
9 B・スタッフォード 9 B・パーキー
先発投手 投球 先発投手 投球
B・スタッフォード B・パーキー

第4戦 10月8日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 0 0 0 1 1 2 3 0 0 7 11 0
シンシナティ・レッズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
  1. : ホワイティー・フォード(2勝)  : ジム・オトゥール(2敗)  S: ジム・コーツ(1S)[注 1]  
  2. 審判:球審…オーギー・ドナテリ(NL)、塁審…一塁: エド・ランジ(AL)、二塁: ジョッコ・コンラン(NL)、三塁: フランク・ウモント(AL)、外審…左翼: シャグ・クロフォード(NL)、右翼: ボブ・スチュワート(AL)
  3. 試合時間: 2時間27分 観客: 3万2589人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース シンシナティ・レッズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1961年のワールドシリーズの位置(野球内)
J・オトゥール
J・オトゥール
D・ジョンソン
D・ジョンソン
G・コールマン
G・コールマン
E・チャコーン
E・チャコーン
G・フリース
G・フリース
E・カスコ
E・カスコ
W・ポスト
W・ポスト
V・ピンソン
V・ピンソン
1 B・リチャードソン 1 E・チャコーン
2 T・クーベック 2 E・カスコ
3 R・マリス 3 V・ピンソン
4 M・マントル 4 F・ロビンソン
5 E・ハワード 5 W・ポスト
6 Y・ベラ 6 G・フリース
7 B・スコウロン 7 G・コールマン
8 C・ボイヤー 8 D・ジョンソン
9 W・フォード 9 J・オトゥール
先発投手 投球 先発投手 投球
W・フォード J・オトゥール

第5戦 10月9日[編集]

映像外部リンク
MLB.comによる動画(英語)
3回裏、フランク・ロビンソンがラルフ・テリーから3点本塁打を放ち、レッズが3点差に詰め寄る(43秒)
9回裏、バド・デイリーがベイダ・ピンソンを左飛に打ち取り、ヤンキースの優勝が決定(24秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ニューヨーク・ヤンキース 5 1 0 5 0 2 0 0 0 13 15 1
シンシナティ・レッズ 0 0 3 0 2 0 0 0 0 5 11 3
  1. : バド・デイリー(1勝)  : ジョーイ・ジェイ(1勝1敗)  
  2. :  NYY – ジョニー・ブランチャード2号2ラン、ヘクター・ロペス1号3ラン  CIN – フランク・ロビンソン1号3ラン、ウォーリー・ポスト1号2ラン
  3. 審判:球審…エド・ランジ(AL)、塁審…一塁: ジョッコ・コンラン(NL)、二塁: フランク・ウモント(AL)、三塁: オーギー・ドナテリ(NL)、外審…左翼: シャグ・クロフォード(NL)、右翼: ボブ・スチュワート(AL)
  4. 試合時間: 3時間5分 観客: 3万2589人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ニューヨーク・ヤンキース シンシナティ・レッズ
打順 守備 選手 打席
1961年のワールドシリーズの位置(野球内)
R・テリー
R・テリー
B・スコウロン
B・スコウロン
H・ロペス
H・ロペス
J・ブランチャード
J・ブランチャード
打順 守備 選手 打席
1961年のワールドシリーズの位置(野球内)
J・ジェイ
J・ジェイ
J・エドワーズ
J・エドワーズ
G・コールマン
G・コールマン
G・フリース
G・フリース
E・カスコ
E・カスコ
W・ポスト
W・ポスト
V・ピンソン
V・ピンソン
1 B・リチャードソン 1 D・ブラッシンゲーム
2 T・クーベック 2 E・カスコ
3 R・マリス 3 V・ピンソン
4 J・ブランチャード 4 F・ロビンソン
5 E・ハワード 5 G・コールマン
6 B・スコウロン 6 W・ポスト
7 H・ロペス 7 G・フリース
8 C・ボイヤー 8 J・エドワーズ
9 R・テリー 9 J・ジェイ
先発投手 投球 先発投手 投球
R・テリー J・ジェイ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ MLBにおいてセーブが公式記録となったのは1969年のことである。そのため、今シリーズでのセーブは参考記録である。

出典[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2018年12月15日閲覧。
  2. ^ Jeff Merron, "The strangest Series moments," ESPN.com, 2004. 2018年12月15日閲覧。