1961年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1961年 | 1961年のスポーツ

1961年の相撲(1961ねんのすもう)は、1961年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、初場所、蔵前国技館で15日間。NHKがカラー中継開始。年寄、若者頭の定年制が発足し、立田川(元21代庄之助)、立田山(元能代潟)らが角界を去る。呼出の太郎は出羽海部屋に、小鉄は伊勢ヶ濱部屋に雇いとなって残る。初場所優勝の柏戸がエールフランスの招待で渡欧。
  • 3月、春場所、大阪府立体育会館で15日間。学生横綱の東京農業大学内田が時津風部屋に入門し、幕下付出で初土俵。各段の優勝賞金をそれぞれ増額。
  • 5月、夏場所、蔵前国技館で15日間。控え力士座布団は各個人用のをやめる。8日目に昭和天皇、皇后の観戦。場所後の番付編成会議で北葉山の大関昇進決定。
  • 7月、名古屋場所、金山体育館で15日間。北葉山が新大関となり、5大関となる。
  • 9月、秋場所、蔵前国技館で15日間。場所後、大鵬と柏戸を同時に横綱推挙決定。大鵬21歳3ヶ月、柏戸22歳9ヶ月。
  • 10月、大阪準本場所15日間、大鵬優勝。
  • 11月、大鵬と柏戸が新横綱となり、4横綱となったが、張出とせず4人が正横綱。九州場所、福岡スポーツセンターで15日間。十両で内田が全勝優勝。元大関松登引退、振分襲名。

本場所[編集]

  • 一月場所(蔵前国技館、8~22日)
    幕内最高優勝 : 柏戸剛(13勝2敗,1回目)
    • 殊勲賞-房錦、敢闘賞-富士錦、技能賞-鶴ヶ嶺
    十両優勝 : 芳野嶺元志(11勝4敗)
  •  三月場所(大阪府立体育会館 12~26日)
    幕内最高優勝 : 朝潮太郎(13勝2敗,5回目)
    • 殊勲賞-栃光、敢闘賞-前田川、技能賞-房錦
    十両優勝 : 高錦照雄(12勝3敗)
  • 五月場所(蔵前国技館、7~21日)
    幕内最高優勝 :  佐田の山晋松(12勝3敗,1回目)
    • 殊勲賞-北葉山、敢闘賞-佐田の山、技能賞-栃ノ海
    十両優勝 : 清ノ森政夫(12勝3敗)
  • 七月場所(金山体育館、6月25~7月9日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗、2回目)
    • 殊勲賞-佐田の山、敢闘賞-栃光、技能賞-栃ノ海
    十両優勝 : 若秩父高明(13勝2敗)
  • 九月場所(蔵前国技館、10~24日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(12勝3敗,3回目)
    • 殊勲賞-出羽錦、敢闘賞-明武谷
    十両優勝 : 大塚範(12勝3敗)
  • 十一月場所(福岡スポーツセンター、12~26日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗,4回目)
    • 殊勲賞-開隆山、敢闘賞-若三杉、技能賞-栃ノ海
    十両優勝 : 内田勝男(15戦全勝)

参考文献[編集]

  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p55