1961年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1961年の読売ジャイアンツ
成績
日本一
4勝2敗(対南海[1]
セントラル・リーグ優勝
71勝53敗6分 勝率.569[2]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 正力松太郎
経営母体 読売新聞社
監督 川上哲治
 < 1960 1962 > 

1961年の読売ジャイアンツでは、1961年シーズンの読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは、川上哲治監督の1年目のシーズンである。このシーズン限りで、300勝投手の別所毅彦が引退した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[3]
1 国松彰
2 高林恒夫
3 王貞治
4 長嶋茂雄
5 坂崎一彦
6 広岡達朗
7 森昌彦
8 中村稔
9 土居章助
1961年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位
2位
3位
4位
5位
6位
1961年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 71 53 6 .569 -
2位 中日ドラゴンズ 72 56 2 .562 1.0
3位 国鉄スワローズ 67 60 3 .527 5.5
4位 阪神タイガース 60 67 3 .473 12.5
5位 広島カープ 58 67 5 .465 13.5
6位 大洋ホエールズ 50 75 5 .404 21.5

[2]

日本シリーズ[編集]

1961年 日本シリーズ
日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月21日(土) 第1戦 雨天中止 大阪球場
10月22日(日) 読売ジャイアンツ 0-6 南海ホークス
10月23日(月) 第2戦 雨天中止
10月24日(火) 読売ジャイアンツ 6-4 南海ホークス
10月25日(水) 移動日
10月26日(木) 第3戦 南海ホークス 4-5 読売ジャイアンツ 後楽園球場
10月27日(金) 第4戦 雨天中止
10月28日(土)
10月29日(日) 南海ホークス 3-4 読売ジャイアンツ
10月30日(月) 第5戦 南海ホークス 6-3 読売ジャイアンツ
10月31日(火) 移動日
11月1日(水) 第6戦 読売ジャイアンツ 3-2 南海ホークス 大阪球場
優勝:読売ジャイアンツ(6年ぶり5回目)

[1]

オールスターゲーム1961[編集]

  • 選出選手
ポジション 名前 選出回数
投手 堀本律雄 2
伊藤芳明
捕手 森昌彦 2
一塁手 王貞治 2
三塁手 長嶋茂雄 4
外野手 高林恒夫
国松彰
  • 太字はファン投票による選出。

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[4]

表彰選手[編集]

森昌彦(捕手、初受賞)
長嶋茂雄(三塁手、4年連続4度目)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 1961年度日本シリーズ”. 2015年10月15日閲覧。
  2. ^ a b 年度別成績 1961年 セントラル・リーグ”. 2015年10月15日閲覧。
  3. ^ 『読売新聞』1961年4月9日付朝刊、14版、6面
  4. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 2015年10月15日閲覧。