1961年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1961年の阪神タイガース
成績
レギュラーシーズン4位
60勝67敗3分 勝率.473[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
甲子園球場
Hanshin Koshien Stadium 2007-19.jpg
球団組織
オーナー 野田誠三
経営母体 阪神電気鉄道
監督 金田正泰(6月6日まで)
藤本定義(6月7日から)
« 1960
1962 »

1961年の阪神タイガース(1961ねんのはんしんタイガース)では、1961年シーズンの阪神タイガースの動向をまとめる。

この年の阪神タイガースは、金田正泰監督の2年目のシーズンであり、チーム名が「阪神タイガース」に変更された初のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 吉田義男
2 横山光次
3 並木輝男
4 藤本勝巳
5 三宅秀史
6 ソロムコ
7 鎌田実
8 山本哲也
9 小山正明
1961年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 --
2位
3位
4位
5位
6位
1961年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 71 53 6 .569 -
2位 中日ドラゴンズ 72 56 2 .562 1.0
3位 国鉄スワローズ 67 60 3 .527 5.5
4位 阪神タイガース 60 67 3 .473 12.5
5位 広島カープ 58 67 5 .465 13.5
6位 大洋ホエールズ 50 75 5 .404 21.5

オールスターゲーム1961[編集]

コーチ ファン投票 監督推薦
藤本定義 吉田義男 村山実

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
藤本勝巳 一塁手 2年ぶり2度目

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 年度別成績 1961年 セントラル・リーグ”. 2017年5月1日閲覧。