1962年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1962年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ3位
70勝60敗3分 勝率.538[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
中日スタヂアム
球団組織
経営母体 中日新聞社
監督 濃人貴実
 < 1961 1963 > 

1962年の中日ドラゴンズでは、1962年の中日ドラゴンズにおける動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、濃人貴実監督の2年目のシーズンである。

概要[編集]

前年あと一方で優勝を逃した中日は、この年はさらにトレードを多発。井上登南海にトレードし、長谷川繁雄寺田陽介を獲得、また正捕手・吉沢岳男も濃人監督から「キャッチングが下手」とけなされて近鉄へトレード。そして若き主砲・森徹も前年濃人監督の依頼で主将になったものの、その理由が仲間から「森を大人しくするため」と知らされて激怒し監督と対立したため、大洋にトレードされる。

こうして臨んだシーズンだが、新戦力の長谷川と寺田が活躍せず、さらに正捕手・吉沢を出したばかりに捕手を若手に頼りざるを得なくなり、やげてチームは低迷、ファンからも「なぜ生え抜きを出すんだ」と批判される有様。事の重大さに慌てた球団は戦力を強化すべく、元メジャーリーガーのドン・ニューカム(ニューク)とラリー・ドビーを加入させる。両名はすでにピークは過ぎていたが、チームを強化するには大いに役立ち、やがて権藤博が盛り返して30勝(2年連続30勝)をあげて最多勝投手を獲得した。特にこの年は巨人が不振な事も手伝って、徹底的に巨人を痛めつけた。

チームは一応3位で終わったが、相次ぐトレードでファンを失わさせた濃人体制は2年で崩壊、杉浦清が監督に復帰した。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 中利夫
2 河野旭輝
3 長谷川繁雄
4 江藤慎一
5 寺田陽介
6 伊藤竜彦
7 高木守道
8 前田益穂
9 柿本実
1962年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位
2位
3位
4位
5位
6位
1962年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪神タイガース 75 55 3 .577 -
2位 大洋ホエールズ 71 59 4 .546 4.0
3位 中日ドラゴンズ 70 60 3 .538 5.0
4位 読売ジャイアンツ 67 63 4 .515 8.0
5位 広島カープ 56 74 4 .431 19.0
6位 国鉄スワローズ 51 79 4 .392 24.0

[1]

オールスターゲーム1962[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 権藤博 江藤慎一
補充選手 柿本実

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
河野旭輝 盗塁王 26個 5年ぶり3度目
権藤博 最多勝利 30勝 2年連続2度目
ベストナイン
選出なし

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1962年 セントラル・リーグ”. 2017年8月2日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 108