1962年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1962年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ6位
57勝73敗1分 勝率.438[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 別当薫
« 1961
1963 »

1962年の近鉄バファローズでは、1962年シーズンについての近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、別当薫監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

この年から球団名称を「近鉄バファロー」から「近鉄バファローズ」と複数形に変更。別当監督の初シーズンは相変わらず最下位であったものの、ジャック・ブルームフィールド(ブルーム)が.374の高打率で首位打者を獲得、またそれまで目の出なかった久保征弘が、「クボ・ボール」という独特の落ちる球を屈指し、29勝で最多勝投手を獲得するなどの活躍で、前年が首位との差が51.5ゲームだったのに対し、この年は首位・東映との差が21ゲームへと縮まった。また前年入団しながらも二軍でくすぶっていた土井正博が別当監督に見出され18歳でありながら四番打者に抜擢、土井は「18歳の四番打者」として有名になり、以後パ・リーグを代表する強打者へ成長する。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 加藤昌利
2 島田光二
3 ブルーム
4 小玉明利
5 関根潤三
6 義原武敏[注 1]
7 木村軍治
8 吉沢岳男
9 板東里視
1962年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 東映 -- 東映 -- 東映 -- 東映 -- 東映 -- 東映 --
2位 西鉄 4.5 大毎 6.0 大毎 9.5 阪急 15.0 南海 10.5 南海 5.0
3位 阪急 6.5 阪急 6.0 阪急 12.5 大毎 16.0 阪急 13.0 西鉄 16.0
4位 大毎 6.5 西鉄 9.0 近鉄 14.0 南海 17.0 西鉄 14.0 阪急 18.0
5位 近鉄 8.5 近鉄 11.5 西鉄 14.5 近鉄 19.5 大毎 17.5 大毎
6位 南海 10.0 南海 15.5 南海 18.5 西鉄 19.5 近鉄 20.0 近鉄 21.0
1962年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 東映フライヤーズ 78 52 3 .600 -
2位 南海ホークス 73 57 3 .562 5.0
3位 西鉄ライオンズ 62 68 6 .477 16.0
4位 毎日大映オリオンズ 60 70 2 .462 18.0
阪急ブレーブス 60 70 1 .462 18.0
6位 近鉄バファローズ 57 73 1 .438 21.0

[1]

オールスターゲーム1962[編集]

コーチ 別当薫
ファン投票 ブルーム 小玉明利
監督推薦 久保征弘 関根潤三


できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2][3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
ブルーム 首位打者 .374 初受賞
久保征弘 最多勝利 28勝 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
ブルーム 二塁手 初受賞
小玉明利 三塁手 2年ぶり2度目

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 偵察メンバーの伊香輝男と交代。

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1962年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 138 
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。