1962年オランダグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オランダ 1962年オランダグランプリ
レース詳細
1962年F1世界選手権全9戦の第1戦
ザントフォールト・サーキット(1948-1989)
ザントフォールト・サーキット(1948-1989)
日程 1962年5月20日
正式名称 XI Grote Prijs van Nederland
開催地 ザントフォールト・サーキット
オランダの旗 オランダ ザントフォールト
コース 恒久的レース施設
コース長 4.193 km (2.605 mi)
レース距離 80周 335.440 km (208.433 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ローラ-クライマックス
タイム 1:32.5
ファステストラップ
ドライバー ニュージーランドの旗 ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス
タイム 1:34.4 (5周目)
決勝順位
優勝 BRM
2位
  • イギリスの旗 トレバー・テイラー
ロータス-クライマックス
3位 フェラーリ

1962年オランダグランプリ (1962 Dutch Grand Prix) は、1962年のF1世界選手権の開幕戦として、1962年5月20日ザントフォールト・サーキットで開催された。

11回目のオランダグランプリとなる本レースには22回目の「ヨーロッパグランプリ」の冠がかけられ[1]、80周・335kmで行われた。

レース概要[編集]

1.5Lのエンジン規定も2年目を迎え、前年は出遅れたイギリス勢の準備もしっかり整い、コヴェントリー・クライマックスV型8気筒のFWMVエンジンを、BRMも同じV型8気筒のP56エンジンを搭載したP57を本格的に投入した[2]チーム・ロータスF1マシンとしては初めてモノコック構造のシャシーを採用した「25」を投入した[3]ローラバウメーカー英語版の後ろ盾により、初めてのF1マシン「Mk4」を制作し、前年のヨーマン・クレジット・レーシングチームの面々が揃った[4]ジャック・ブラバムは前年半ばに「モーター・レーシング・ディベロップメンツ(ブラバム)」を設立し、本年からドライバー兼コンストラクターとして参戦を始めたが、自製マシンが完成するまでの間はロータス・24で参戦した[4]。イギリス勢以外ではポルシェ空冷水平対向8気筒エンジンを搭載した新車804を投入した[5]。前年圧倒的な速さを見せたフェラーリは、前年末にカルロ・キティをはじめとしたチーム首脳陣が離脱し、ドライバーもフィル・ヒルが残留したものの、若いジャンカルロ・バゲッティリカルド・ロドリゲスらを迎え若返り化したことによる混乱、イタリア国内の労働ストライキによるマシン開発の遅れなどにより、前年の156を改変するにとどまった[6]。イギリス勢の巻き返しの尖兵と目されたスターリング・モスだったが、開幕1ヶ月前の非選手権レース「グローヴァー・トロフィー」(グッドウッド・サーキット)でクラッシュして頭部を強打する瀕死の重傷を負ってしまい、事故から1年後に引退した[5]

予選はF1初参戦のローラを駆るジョン・サーティースポールポジションを獲得した[5]

決勝はグラハム・ヒルがBRM・P57を駆って初勝利を挙げた。BRMにとっては1959年オランダGPヨアキム・ボニエ以来、2回目の優勝である。27秒差の2位にチーム・ロータスのトレバー・テイラー、前年のドライバーズチャンピオンのフィル・ヒルは3位表彰台を獲得した。

エントリーリスト[編集]

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン
イタリアの旗 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 1 アメリカ合衆国の旗 フィル・ヒル フェラーリ 156 フェラーリ Tipo178 1.5L V6
2 イタリアの旗 ジャンカルロ・バゲッティ
3 メキシコの旗 リカルド・ロドリゲス
イギリスの旗 チーム・ロータス 4 イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス 25 クライマックス FWMV 1.5L V8
5 イギリスの旗 トレバー・テイラー 24
イギリスの旗 クーパー・カー・カンパニー 6 ニュージーランドの旗 ブルース・マクラーレン クーパー T60 クライマックス FWMV 1.5L V8
7 南アフリカの旗 トニー・マグス T55 クライマックス FPF 1.5L L4
イギリスの旗 ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 8 オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム ロータス 24 クライマックス FWMV 1.5L V8
イギリスの旗 UDT・レイストール・レーシングチーム 9 イギリスの旗 イネス・アイルランド ロータス 24 クライマックス FWMV 1.5L V8
10 アメリカ合衆国の旗 マステン・グレゴリー 18/21 クライマックス FPF 1.5L L4
西ドイツの旗 ポルシェ・システム・エンジニアリング 11 スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ ポルシェ 804 ポルシェ 753 1.5L F8
12 アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー
オランダの旗 エキュリー・マールスベルゲン 14 オランダの旗 カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
15 オランダの旗 ベン・ポン 787
16 西ドイツの旗 ヴォルフガング・ザイデル エメリソン 61 クライマックス FPF 1.5L L4
オランダの旗 ロブ・スローテマーカー 1 ポルシェ 718 ポルシェ 547/3 1.5L F4
イギリスの旗 オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 17 イギリスの旗 グラハム・ヒル BRM P57 BRM P56 1.5L V8
18 アメリカ合衆国の旗 リッチー・ギンサー P48/57
イギリスの旗 ヨーマン・クレジット・レーシングチーム 19 イギリスの旗 ジョン・サーティース ローラ Mk4 クライマックス FWMV 1.5L V8
20 イギリスの旗 ロイ・サルヴァドーリ
イギリスの旗 エキュリー・ギャロワーズ 21 イギリスの旗 ジャッキー・ルイス クーパー T53 クライマックス FPF 1.5L L4
ソース:[7]
追記

結果[編集]

予選[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 19 イギリスの旗 ジョン・サーティース ローラ-クライマックス 1:32.5 1
2 17 イギリスの旗 グラハム・ヒル BRM 1:32.6 +0.1 2
3 4 イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-クライマックス 1:33.2 +0.7 3
4 8 オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム ロータス-クライマックス 1:33.3 +0.8 4
5 6 ニュージーランドの旗 ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:33.9 +1.4 5
6 9 イギリスの旗 イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 1:34.1 +1.6 6
7 18 アメリカ合衆国の旗 リッチー・ギンサー BRM 1:34.5 +2.0 7
8 12 アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー ポルシェ 1:34.7 +2.2 8
9 1 アメリカ合衆国の旗 フィル・ヒル フェラーリ 1:35.0 +2.5 9
10 5 イギリスの旗 トレバー・テイラー ロータス-クライマックス 1:35.4 +2.9 10
11 3 メキシコの旗 リカルド・ロドリゲス フェラーリ 1:36.1 +3.6 11
12 2 イタリアの旗 ジャンカルロ・バゲッティ フェラーリ 1:36.3 +3.8 12
13 11 スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ ポルシェ 1:37.0 +4.5 13
14 14 オランダの旗 カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 1:37.4 +4.9 14
15 7 南アフリカの旗 トニー・マグス クーパー-クライマックス 1:37.5 +5.0 15
16 10 アメリカ合衆国の旗 マステン・グレゴリー ロータス-クライマックス 1:38.0 +5.5 16
17 20 イギリスの旗 ロイ・サルヴァドーリ ローラ-クライマックス 1:38.8 +6.3 17
18 15 オランダの旗 ベン・ポン ポルシェ 1:40.9 +8.4 18
19 21 イギリスの旗 ジャッキー・ルイス クーパー-クライマックス 1:43.2 +10.7 19
20 16 西ドイツの旗 ヴォルフガング・ザイデル エメリソン-クライマックス 1:46.0 +13.5 20
ソース:[8]

決勝[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 17 イギリスの旗 グラハム・ヒル BRM 80 2:11:02.1 2 9
2 5 イギリスの旗 トレバー・テイラー ロータス-クライマックス 80 +27.2 10 6
3 1 アメリカ合衆国の旗 フィル・ヒル フェラーリ 80 +1:21.1 9 4
4 2 イタリアの旗 ジャンカルロ・バゲッティ フェラーリ 79 +1 Lap 12 3
5 7 南アフリカの旗 トニー・マグス クーパー-クライマックス 78 +2 Laps 15 2
6 14 オランダの旗 カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 76 +4 Laps 14 1
7 11 スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ ポルシェ 75 +5 Laps 13
8 21 イギリスの旗 ジャッキー・ルイス クーパー-クライマックス 70 +10 Laps 19
9 4 イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-クライマックス 70 +10 Laps 3
Ret 3 メキシコの旗 リカルド・ロドリゲス フェラーリ 73 スピンオフ 11
Ret 18 アメリカ合衆国の旗 リッチー・ギンサー BRM 71 アクシデント 7
Ret 9 イギリスの旗 イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 61 スピンオフ 6
Ret 10 アメリカ合衆国の旗 マステン・グレゴリー ロータス-クライマックス 54 ハーフシャフト 16
NC 16 西ドイツの旗 ヴォルフガング・ザイデル エメリソン-クライマックス 52 周回数不足 20
Ret 12 アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー ポルシェ 47 ギアボックス 8
Ret 6 ニュージーランドの旗 ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 21 ギアボックス 5
Ret 20 イギリスの旗 ロイ・サルヴァドーリ ローラ-クライマックス 12 撤退 17
Ret 19 イギリスの旗 ジョン・サーティース ローラ-クライマックス 8 アクシデント 1
Ret 8 オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム ロータス-クライマックス 4 アクシデント 4
Ret 15 オランダの旗 ベン・ポン ポルシェ 2 スピンオフ 18
ソース:[9]
ラップリーダー

第1戦終了時点のランキング[編集]

  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時は毎年各国の持ち回りにより、その年の最も権威のあるレースに対して「ヨーロッパGP」の冠がかけられていた。
  2. ^ (林信次 1997, p. 35)
  3. ^ (林信次 1997, p. 36)
  4. ^ a b (林信次 1997, p. 38,48)
  5. ^ a b c (林信次 1997, p. 38)
  6. ^ (林信次 1997, p. 38,46)
  7. ^ Netherlands 1962 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年4月22日閲覧。
  8. ^ Netherlands 1962 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年4月22日閲覧。
  9. ^ 1962 Dutch Grand Prix”. formula1.com. 2014年11月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月20日閲覧。

参照文献[編集]

前戦
1961年アメリカグランプリ
FIA F1世界選手権
1962年シーズン
次戦
1962年モナコグランプリ
前回開催
1961年オランダグランプリ
オランダの旗 オランダグランプリ 次回開催
1963年オランダグランプリ
前回開催
1961年ドイツグランプリ
欧州連合の旗 ヨーロッパグランプリ
(冠大会時代)
次回開催
1963年モナコグランプリ