1963年の南海ホークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
1963年の南海ホークス
成績
パシフィック・リーグ2位
85勝61敗4分 勝率.582[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
大阪球場
Osaka Stadium 1989.jpg
球団組織
経営母体 南海電気鉄道
監督 鶴岡一人
« 1962
1964 »

1963年の南海ホークスでは、1963年の南海ホークスの動向をまとめる。

この年の南海ホークスは、鶴岡一人監督の18年目のシーズンである。

概要[編集]

前年、一度は最下位になりながらも借金を返済して2位になったものの、この年は前年優勝の東映が開幕から躓き逆に南海が首位をひた走る最高のスタート。この年は打撃陣が184本塁打と打ちまくり4番の野村克也小鶴誠が記録していた51本塁打を13年ぶりに破って52本塁打まで記録を伸ばし(翌年に巨人王貞治が55本塁打で更新)、リーグのMVPや打点王も獲得するなど野村が大活躍した1年となった。投手陣では大黒柱の杉浦忠ジョー・スタンカ皆川睦雄などが勝ち星を重ねていき、チームは2位に10ゲーム近くを付ける独走状態で前半戦を終了。しかし、後半戦に入ると西鉄が追い上げ最後は14.5ゲーム差からの大逆転優勝を許して2位に終わった。対戦成績は西鉄には前半互角だったものの、後半以降直接対決でほとんど勝てず(8月以降はわずか4勝)、5位の大毎や最下位の近鉄に大きく勝ち越すのがやっとだった。それでも開幕ダッシュ失敗の前年と違って1年通して好調で、翌年のリーグ優勝&日本一につながることになる。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 広瀬叔功
2 樋口正蔵
3 ピート
4 野村克也
5 ハドリ
6 井上登
7 森下整鎮
8 小池兼司
9 スタンカ
1963年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 西鉄 --
2位 東映 2.0 東映 4.5 東映 8.0 東映 7.5 西鉄 7.5 西鉄 3.5 南海 1.0
3位 阪急 4.5 近鉄 8.5 近鉄 11.5 近鉄 11.0 近鉄 9.0 東映 11.0 東映 10.5
4位 西鉄 5.0 大毎 9.0 西鉄 13.5 西鉄 13.0 東映 10.0 近鉄 12.0 近鉄 12.5
5位 大毎 5.5 西鉄 10.0 大毎 19.5 大毎 16.5 大毎 16.5 大毎 17.5 大毎 23.5
6位 近鉄 7.0 阪急 13.0 阪急 19.5 阪急 21.0 阪急 23.0 阪急 25.0 阪急 30.5
1963年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西鉄ライオンズ 86 60 4 .589 -
2位 南海ホークス 85 61 4 .582 1.0
3位 東映フライヤーズ 76 71 3 .517 10.5
4位 近鉄バファローズ 74 73 3 .503 12.5
5位 毎日大映オリオンズ 64 85 1 .430 23.5
6位 阪急ブレーブス 57 92 1 .383 30.5

オールスターゲーム1963[編集]

コーチ 鶴岡一人
ファン投票 野村克也 ハドリ
監督推薦 高橋栄一郎 森中千香良 ピート 広瀬叔功

できごと[編集]

  • 8月29日 - 阪急ブレーブス戦(大阪球場)が雨天中断、中断時間は2時間14分となるも、当時日本新記録ペースで本塁打を打っていた野村克也捕手の本塁打を取り消したくない大阪球場側は、試合続行を強行した。
  • 10月17日 - 近鉄バファローズ戦で野村克也が本塁打52号を打ち、1950年松竹ロビンス小鶴誠が作った「年間51本塁打」の記録を塗り替えた。これで南海は全日程を終了し、2位の西鉄ライオンズが残りの近鉄戦を「2勝2敗」以下なら南海優勝、「3勝1敗」なら同率プレーオフ、「3勝1引き分け」以上なら西鉄優勝となるが、結果は4戦全勝して西鉄優勝となった。

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
野村克也 最優秀選手 2年ぶり2度目
本塁打王 52本 3年連続4度目
打点王 135打点 2年連続2度目
広瀬叔功 最多安打 187本 初受賞
盗塁王 45個 3年連続3度目
森中千香良 最高勝率 .680 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
野村克也 捕手 8年連続8度目
小池兼司 遊撃手 初受賞
広瀬叔功 外野手 初受賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 年度別成績 1963年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年5月22日閲覧。
  2. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。