1963年の宝塚歌劇公演一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

本項目では、1963年の宝塚歌劇公演一覧について示す。

一覧[編集]

()内は、作者または演出者名。

宝塚公演[編集]

花・星組[編集]

雪組[編集]

月組[編集]

  • 3月1日 - 3月24日 宝塚大劇場
    • 『トランペット・オルフェ』(小原弘稔
    • 『不死鳥のつばさ燃ゆとも』(平岩弓枝 作、春日野八千代 演出)

星組[編集]

  • 3月26日 - 4月29日 宝塚大劇場

第一部:百花譜(菅沼潤 脚本・演出)  第二部:ブーケ・ダムール(白井鐡造 脚本・演出)

月組[編集]

雪組[編集]

  • 6月4日 - 6月30日 宝塚大劇場
    • 』(内海重典 構成、植田紳爾 脚本・演出)
    • 『青春のバカンス』(内海重典)

花組[編集]

星組[編集]

  • 8月2日 - 9月1日 宝塚大劇場
    • 『虹のオルゴール工場』(高木史朗)
    • 太陽に乾杯!』(横澤英雄)

月組[編集]

  • 9月3日 - 9月29日 宝塚大劇場
    • 『九月の宵の幻想曲』(小原弘稔)
    • 『一人ぽっちのハネムーン』(鴨川清作

花組[編集]

  • 10月1日 - 10月29日 宝塚大劇場
    • いろはにほへと[要曖昧さ回避]』(鴨川清作)
    • 『ラテン・アメリカ』(内海重典)

雪組[編集]

  • 10月31日 - 11月29日 宝塚大劇場
    • 『白い天使たちの歌』(高木史朗)
    • クレオパトラ』(菊田一夫、鴨川清作 演出)

星組[編集]

  • 12月1日 - 12月27日 宝塚新芸劇場
    • 『山彦乙女』(大関弘政
    • 『夢の三郎』(柴田侑宏
    • 『リズム・イン・クリスマス』(海野洋司)

東京公演[編集]

月組[編集]

花組[編集]

  • 3月2日 - 3月27日 東京宝塚劇場
    • 『おみね太鼓』(渡辺武雄 演出、杉本守 脚本・演出)
    • 『皇帝と魔女』(白井鐡造)

雪組[編集]

  • 3月30日 - 4月25日 東京宝塚劇場
    • 『ブラック・キャンドル<あなたは追われている・改題>』(鴨川清作)
    • 花のオランダ坂』(菊田一夫)

星組[編集]

  • 6月2日 - 6月26日 東京宝塚劇場
    • 『ナンバーをどうぞ<ナンバー・ワン・改題>』(横澤英雄)
    • 『カチューシャ物語』(菊田一夫)

雪組[編集]

  • 8月1日 - 8月26日 東京宝塚劇場
    • 『白い天使たちの歌』(高木史朗)
    • 『不死鳥のつばさ燃ゆるとも』(平岩弓枝 作、春日野八千代 演出)

月・雪組[編集]

  • 11月2日 - 11月25日 東京宝塚劇場
    • 『虹のオルゴール工場』(高木史朗)
    • 『レビューへの招待』(高木史朗)

宝塚・東京以外の公演[編集]

花組[編集]

  • 4月3日 大阪・国民会館
    • 『宝塚おどり絵巻』

第2回宝塚フェスティバル[編集]

  • 4月30日 大阪・毎日会館

花組[編集]

  • 5月5日 - 5月14日 関東地方
    • 『宝塚おどり絵巻・春夏秋冬』(内海重典)
    • 『幸せがいっぱい』(高木史朗)
  • 6月1日 - 6月9日 名古屋・名鉄ホール
    • 『宝塚おどり絵巻・春夏秋冬』(内海重典)
    • 『幸せがいっぱい』(高木史朗)

星組[編集]

  • 7月4日・5日 京都会館
    • 『山のうた・海の唄』
    • 『カチューシャ物語』(菊田一夫)

雪組[編集]

  • 7月9日 京都・パレス会館
    • 『宝塚おどり絵巻』(内海重典)

雪・星組[編集]

  • 9月25日 - 9月29日 熊本、久留米、福岡

月組[編集]

  • 12月1日 - 12月8日 名古屋・名鉄ホール
    • 『虹のオルゴール工場』(高木史朗)
    • 『レビューへの招待』(高木史朗)

参考文献[編集]

  • 宝塚歌劇90年史『すみれ花歳月を重ねて』p.266(宝塚)、279(東京)、296(宝塚・東京以外)(宝塚歌劇団) ISBN 4-484-04601-6