1963年の相撲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

< 1963年 | 1963年のスポーツ

1963年の相撲(1963ねんのすもう)は、1963年の相撲関係のできごとについて述べる。

大相撲[編集]

できごと[編集]

  • 1月、初場所、蔵前国技館で15日間。8日目、大晃の初土俵から1000回出場を表彰。20代式守伊之助が第24代木村庄之助襲名。21代式守伊之助には木村庄九郎が昇格。場所後の番付編成会議で豊山の大関昇進決定。
  • 2月、大鵬がエールフランスの招待で渡欧。
  • 3月、春場所、大阪府立体育会館で15日間。新大関の豊山は負け越す。
  • 4月、広島準本場所8日間、横綱大鵬優勝。
  • 5月、夏場所、蔵前国技館で15日間。初日、昭和天皇、皇后観戦。横綱柏戸は栃木・塩原温泉で治療。
  • 7月、名古屋場所、金山体育館で15日間。大鵬は5日目、青ノ里に敗れ30連勝でストップ。
  • 9月、秋場所、蔵前国技館で15日間。
  • 10月、秋場所千秋楽の柏鵬戦を八百長とスポーツ紙に書いた石原慎太郎を相撲協会は名誉棄損で告訴。大阪準本場所15日間、大鵬優勝。
  • 11月、九州場所、福岡スポーツセンターで15日間。佐渡ヶ嶽部屋でフグ中毒事件が起こり、力士2人死亡。佐渡ヶ嶽検査役引責辞任。

本場所[編集]

  • 一月場所(蔵前国技館、13~27日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(14勝1敗,9回目)
    • 殊勲賞-豊山、敢闘賞-豊山、技能賞-海乃山
    十両優勝 : 琴櫻紀雄(13勝2敗)
  •  三月場所(大阪府立体育会館 10~24日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(14勝1敗,10回目)
    • 殊勲賞-富士錦、敢闘賞-海乃山、技能賞-鶴ヶ嶺
    十両優勝 : 大雄辰實(12勝3敗)
  • 五月場所(蔵前国技館、12~26日)
    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(15戦全勝,11回目)
    • 殊勲賞-岩風、敢闘賞-逆鉾、技能賞-鶴ヶ嶺
    十両優勝 : 麒麟児將能(13勝2敗)
  • 七月場所(金山体育館、6月23~7月7日)
    幕内最高優勝 : 北葉山英俊(13勝2敗、1回目)
    • 殊勲賞-富士錦、敢闘賞-若浪
    十両優勝 : 高鐵山孝之進(13勝2敗)
  • 九月場所(蔵前国技館、8~22日)
    幕内最高優勝 : 柏戸剛(15戦全勝,2回目)
    • 殊勲賞-岩風、敢闘賞-琴櫻
    十両優勝 : 沢光幸夫(12勝3敗)
  • 十一月場所(福岡スポーツセンター、10~24日)
    幕内最高優勝 : 栃ノ海晃嘉(14勝1敗,2回目)
    • 殊勲賞-琴櫻、敢闘賞-沢光、技能賞-海乃山
    十両優勝 : 北の冨士勝明(15戦全勝)

参考文献[編集]

  • 『大相撲戦後70年史』(ベースボールマガジン社、2015年)p58