1963年の阪急ブレーブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1963年の阪急ブレーブス
成績
パシフィック・リーグ6位
57勝92敗1分 勝率.383[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪急西宮球場
Hankyu-Nishinomiya-Stadium-2.jpg
球団組織
オーナー 小林米三
経営母体 京阪神急行電鉄
監督 西本幸雄
 < 1962 1964 > 

1963年の阪急ブレーブスでは、1963年シーズンの阪急ブレーブスの動向をまとめる。

この年の阪急ブレーブスは、西本幸雄監督の1年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 本屋敷錦吾
2 岡嶋博治
3 衆樹資宏
4 杉山光平
5 石井晶
6 中田昌宏
7 バルボン
8 松並和視
9 梶本隆夫
1963年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 西鉄 --
2位 東映 2.0 東映 4.5 東映 8.0 東映 7.5 西鉄 7.5 西鉄 3.5 南海 1.0
3位 阪急 4.5 近鉄 8.5 近鉄 11.5 近鉄 11.0 近鉄 9.0 東映 11.0 東映 10.5
4位 西鉄 5.0 大毎 9.0 西鉄 13.5 西鉄 13.0 東映 10.0 近鉄 12.0 近鉄 12.5
5位 大毎 5.5 西鉄 10.0 大毎 19.5 大毎 16.5 大毎 16.5 大毎 17.5 大毎 23.5
6位 近鉄 7.0 阪急 13.0 阪急 19.5 阪急 21.0 阪急 23.0 阪急 25.0 阪急 30.5
1963年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 西鉄ライオンズ 86 60 4 .589 -
2位 南海ホークス 85 61 4 .582 1.0
3位 東映フライヤーズ 76 71 3 .517 10.5
4位 近鉄バファローズ 74 73 3 .503 12.5
5位 毎日大映オリオンズ 64 85 1 .430 23.5
6位 阪急ブレーブス 57 92 1 .383 30.5

[1]

オールスターゲーム[編集]

ファン投票 選出なし
監督推薦 梶本隆夫 米田哲也

できごと[編集]

  • 8月14日 - 近鉄戦の1回表、1937年10月27日の「金鯱×イーグルス」でのイーグルス以来26年振りの「5連続安打で無得点」となる。次の通り。
  1. 先頭のロベルト・バルボンが右前安打で出塁するが、次打者・岡島博治の時に二盗失敗。
  2. 岡島が二塁左を抜く安打、続く戸口天従も左前安打。ところが岡島が三塁手前で土井正博左翼手からの返球でアウト。
  3. 4番・中田昌宏が中前安打、続く早瀬方禧も中前安打となったが、一挙本塁を狙った戸口が山本八郎中堅手の返球で3アウト。

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選出なし

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1963年 パシフィック・リーグ”. 2017年5月24日閲覧。