1963年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1963年の阪神タイガース
成績
セントラル・リーグ3位
69勝70敗1分 勝率.496[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
甲子園球場
Hanshin Koshien Stadium 2007-21.jpg
球団組織
オーナー 野田誠三
経営母体 阪神電気鉄道
監督 藤本定義
« 1962
1964 »

1963年の阪神タイガース(1963ねんのはんしんタイガース)では、1963年の阪神タイガースにおける動向をまとめる。

この年の阪神タイガースは、シーズン途中で就任をした1961年を含めて、藤本定義監督の3年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 吉田義男
2 ヤシック
3 並木輝男
4 藤本勝巳
5 藤井栄治
6 ソロムコ
7 鎌田実
8 福塚勝哉
9 小山正明
1963年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 中日 1.5 中日 3.0 中日 8.5 中日 10.0 中日 6.0 中日 4.0 中日 2.5
3位 広島 5.0 広島 7.5 国鉄 14.5 国鉄 17.0 阪神 18.0 阪神 16.5 阪神 14.5
4位 阪神 7.0 国鉄 8.0 阪神 15.5 大洋 20.5 大洋 21.0 大洋 19.0 国鉄 18.0
5位 国鉄 7.5 阪神 11.0 広島 16.5 阪神 20.5 国鉄 22.0 国鉄 19.5 大洋 24.0
6位 大洋 9.0 大洋 12.5 大洋 17.0 広島 22.0 広島 26.0 広島 25.0 広島 25.0
1963年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 83 55 2 .601 -
2位 中日ドラゴンズ 80 57 3 .584 2.5
3位 阪神タイガース 69 70 1 .496 14.5
4位 国鉄スワローズ 65 73 2 .471 18.0
5位 大洋ホエールズ 59 79 2 .428 24.0
6位 広島カープ 58 80 2 .420 25.0

[1]

オールスターゲーム1963[編集]

監督 ファン投票 監督推薦
藤本定義 選出なし 小山正明
吉田義男
藤井栄治
村山昌史
ソロムコ
  • 取り消し線は出場辞退

できごと[編集]

  • 5月26日 - 阪神甲子園球場大洋ホエールズダブルヘッダー、第1試合は1回2死に大洋の近藤和彦がホームランを打ったのみで、小山正明の1安打完投勝利(3-1)。続く第2試合はジーン・バッキーが9回表1死まで完全試合、その後は四球やエラーを続けるも2死2塁まで追い込むが、浜中祥和に初ヒットを許し、2塁走者の稲川誠(大洋先発投手)が生還してノーヒットノーランと完封は全て潰され、挙げ句の果てに9回裏で阪神は稲川を打てず0-1で負けて、バッキーは勝利投手まで潰された(「9回2死までノーヒット→負け投手」は史上初)。一方の大洋はダブルヘッダーで17回連続ノーヒットながら、ノーヒットノーランされずに一方の試合は勝ったという珍記録となった。
  • 8月11日 - 後楽園球場での巨人戦、7回の裏にリリーフして直ぐの村山昌史投手、国友球審のボールの判定に激怒、暴言を吐いたために退場を命じられるも、村山がこの裁定に怒って飛びかかろう(に見える)としたのを、国友球審の左手が村山のアゴに当たる。この一件に対し村山は泣きながら「何もやってない」と主張。世に言う「村山の涙の抗議事件」[2]
  • 12月20日 - 小山正明投手、大毎オリオンズ(翌1964年より「東京オリオンズ」)の主砲・山内一弘との交換トレードで大毎に移籍。いわゆる「世紀のトレード」。

選手・スタッフ[編集]

  • シーズン途中から閉幕まで村山実が登録名を村山昌史に変更

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
藤井栄治 外野手 初受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1963年 セントラル・リーグ”. 2017年4月26日閲覧。
  2. ^ 『ベースボールマガジン 2002年秋季号』 ベースボール・マガジン社2002年、119頁。