1963年東京都知事選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1963年東京都知事選挙(1963ねんとうきょうとちじせんきょ)は、1963年4月17日に執行された東京都知事選挙。現職の東龍太郎が再選された。

概説[編集]

阪本勝は元衆議院議員、元尼崎市長、前兵庫県知事で、日本社会党民主社会党日本共産党による革新統一候補として、現職の東龍太郎知事の有力な対抗馬と目されていた。

前々回前回革新系の有田八郎の善戦を許していた保守勢力にとって、東京オリンピックを控え革新都政阻止は焦眉の急になり、大物右翼の児玉誉士夫笹川良一や、政府要人の川島正次郎らから反共活動資金を供与された右派候補が大挙して出馬し、阪本に対する熾烈な減票工作、選挙妨害を展開した。

3候補を擁立した『肥後亨』は政治団体名で、中でも『橋本勝』は戸籍を剽窃した第三者の成りすましであり、本人は既に死亡していた事実が執行日直前に発覚し、立候補無効、得票0とする処分が下された。

これらの経緯詳細は肥後亨(個人名)の項を参照されたい。

この事件では現職の東竜太郎が当選したが、東派によるニセ証紙事件が発覚し、岡安彦三郎元副知事が逮捕・起訴されるなどしている。

投票結果[編集]

※当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持
東竜太郎 70 無所属 2,298,616票 % 自民
阪本勝 63 無所属 1,634,634票 % 社会・民社・共産
赤尾敏 64 大日本愛国党 23,040票 %
中山勝 49 肥後亨 17,799票 %
川村茂久 62 無所属 8,730票 %
高田がん(高田巌) 32 肥後亨 8,032票 %
清水亘 53 議会主義政治擁護国民同盟 7,270票 %
福田進 34 防共挺身隊 6,940票 %
小田俊与 56 無所属 6,168票 %
貴島桃隆 61 無所属 6,048票 %  
中村吟造 67 無所属 5,816票 %
河野孔明 57 新東方会 3,913票 %
橋本勝 58 肥後亨 0票 %