1964年の読売ジャイアンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1964年の読売ジャイアンツ
成績
セントラル・リーグ3位
71勝69敗 勝率.507[1]
本拠地
都市 東京都文京区
球場
後楽園球場
Gthumb.svg
球団組織
オーナー 正力松太郎正力亨
経営母体 読売新聞社
監督 川上哲治
 < 1963 1965 > 

1964年の読売ジャイアンツでは、1964年シーズンの読売ジャイアンツの動向をまとめる。

この年の読売ジャイアンツは、川上哲治監督の4年目のシーズンである。

概要[編集]

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー[2]
1 柳田利夫
2 柴田勲
3 王貞治
4 長嶋茂雄
5 国松彰
6 広岡達朗
7 滝安治
8 森昌彦
9 高橋明
1964年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位
2位
3位
4位
5位
6位
1964年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 阪神タイガース 80 56 4 .588 -
2位 大洋ホエールズ 80 58 2 .580 1.0
3位 読売ジャイアンツ 71 69 0 .507 11.0
4位 広島カープ 64 73 3 .467 16.5
5位 国鉄スワローズ 61 74 5 .452 18.5
6位 中日ドラゴンズ 57 83 0 .407 25.0

[1]

オールスターゲーム1964[編集]

  • 選出選手及びスタッフ
ポジション 名前 選出回数
監督 川上哲治
投手 藤田元司 4
伊藤芳明 3
捕手 森昌彦 5
一塁手 王貞治 5
二塁手 船田和英 2
三塁手 長嶋茂雄 7
遊撃手 広岡達朗 8
外野手 柴田勲 2
  • 太字はファン投票による選出、取消線は出場辞退。

できごと[編集]

  • 3月21日 - 国鉄スワローズとの開幕戦(後楽園球場)、3回裏、王貞治一塁手は国鉄先発・金田正一投手から右翼席を超える場外本塁打を飛ばす(自身最長の本塁打)。
  • 5月3日 - 阪神タイガース戦(後楽園球場)で、王貞治一塁手が一試合4打席4本塁打を飛ばす。「一試合4本塁打」は1951年に松竹ロビンスの岩本義行が記録して以来だが、岩本は「6打席4本塁打」だったため、「4打席4本塁打の10割」は史上初。
  • 8月6日 - 国鉄スワローズ戦の7回裏、広岡達朗内野手が打席の時、3塁走者の長嶋茂雄内野手はホームスチール。これをベンチからの指示と思い込んだ広岡は三振してそのままベンチを去る。これが広岡と川上哲治監督との対立のきっかけとなった(「私が信じられないのか」事件)。
  • 8月18日 - 中日ドラゴンズ戦、巨人は中日の中山義朗投手にノーヒットノーランを食らう。中山はこの年から投球フォームをオーヴァースローからアンダースローに変更しての快挙で、対巨人戦16連敗から脱出した。巨人がノーヒットノーランを食らったのは、1959年大阪タイガースでの村山実に食らった「ノーヒットアリラン」を除けば、1940年、タイガースの三輪八郎に食らって以来で、「戦後」・「2リーグ制」では史上初。
  • 9月26日 - 大洋ホエールズ戦(川崎球場)で王貞治が2本の本塁打を打ち、前年に南海野村克也が樹立した「シーズン52本」をわずか1年で抜いた。この後王のシーズン本塁打記録は「55本」まで伸ばした。この「シーズン55本」は、2013年東京ヤクルトスワローズウラディミール・バレンティン選手が「シーズン60本」を樹立するまで日本記録となる。

選手・スタッフ[編集]

[3]

表彰選手[編集]

森昌彦(捕手、4年連続4度目)
王貞治(一塁手、3年連続3度目)
長嶋茂雄(三塁手、7年連続7度目)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1964年 セントラル・リーグ”. 2015年10月15日閲覧。
  2. ^ 『読売新聞』1964年3月21日付朝刊、14版、9面
  3. ^ 読売巨人軍公式HP 背番号変遷”. 2015年10月15日閲覧。