1965年の中日ドラゴンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1965年の中日ドラゴンズ
成績
セントラル・リーグ2位
77勝59敗4分 勝率.566[1]
本拠地
都市 愛知県名古屋市
球場
中日スタヂアム
球団組織
経営母体 中日新聞社
監督 西沢道夫
« 1964
1966 »

1965年の中日ドラゴンズでは、1965年シーズンの中日ドラゴンズの動向をまとめる。

この年の中日ドラゴンズは、西沢道夫監督の2年目(途中就任の前年含む)のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 高木守道
2 中三夫
3 マーシャル
4 江藤慎一
5 葛城隆雄
6 アスプロ
7 伊藤竜彦
8 高木時夫
9 柿本実
1965年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 大洋 -- 大洋 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 -- 巨人 --
2位 広島 0.5 巨人 0.5 阪神 4.0 阪神 2.5 阪神 5.5 中日 7.5 中日 13.0
3位 阪神 1.0 阪神 2.0 大洋 4.5 大洋 5.0 中日 6.5 阪神 10.5 阪神 19.5
4位 巨人 1.0 中日 4.0 中日 6.0 中日 9.0 大洋 10.0 大洋 17.5 大洋 23.0
5位 中日 5.0 広島 5.0 広島 11.0 広島 10.5 広島 16.5 広島 25.0 広島 31.0
6位 サンケイ 7.5 サンケイ 9.5 サンケイ 11.5 サンケイ 24.0 サンケイ 30.5 サンケイ 38.5 サンケイ 45.5
1965年セントラル・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 読売ジャイアンツ 91 47 2 .659 -
2位 中日ドラゴンズ 77 59 4 .566 13.0
3位 阪神タイガース 71 66 3 .518 19.5
4位 大洋ホエールズ 68 70 2 .493 23.0
5位 広島カープ 59 77 4 .434 31.0
6位 サンケイスワローズ 44 91 5 .326 45.5

[1]

オールスターゲーム1965[編集]

ファン投票 江藤慎一
監督推薦 柿本実 マーシャル

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
江藤慎一 首位打者 .336 2年連続2度目
高木守道 盗塁王 44個 2年ぶり2度目
山中巽 最高勝率 .857 2年ぶり2度目
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
高木守道 二塁手 3年連続3度目
江藤慎一 外野手 3年連続4度目
中暁生 5年ぶり2度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 豊永隆盛 投手 八代第一高 入団
2位 新宅洋志 捕手 駒澤大学 入団
3位 広野功 内野手 慶應義塾大学 入団
4位 平松政次 投手 岡山東商業高 拒否・日本石油入社
5位 平野年明 投手 八幡製鐵 拒否
6位 高岡英司 投手 富士製鐵広畑 入団
7位 小弓場保 投手 日本生命 拒否
8位 永江健一 投手 鹿児島実業高 拒否
9位 仲子隆司 投手 日本楽器 拒否
10位 松井猛 外野手 電電北海道 拒否
11位 鳥谷元 投手 築上中部高 入団

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 年度別成績 1965年 セントラル・リーグ”. 2017年8月2日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 108