1965年の近鉄バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1965年の近鉄バファローズ
成績
パシフィック・リーグ6位
46勝92敗2分 勝率.333[1]
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場
日本生命球場
Nissay-Stadium.jpg
球団組織
オーナー 佐伯勇
経営母体 近畿日本鉄道
監督 岩本義行
« 1964
1966 »

1965年の近鉄バファローズでは、1965年シーズンについての近鉄バファローズの動向をまとめる。

この年の近鉄バファローズは、岩本義行監督の1年目のシーズンである。

概要[編集]

前年のシーズン終了後に別当薫前監督が最下位の責任を取って辞任すると、別当体制で打撃コーチを務め、また東映の監督を務めたこともある岩本義行監督がこの年から就任。岩本新監督はチーム若返りのため関根潤三巨人へ、首位打者経験者のジャック・ブルームフィールド(ブルーム)を同一リーグの南海へそれぞれ放出。打つだけの野球に限界があったことから機動力強化のためロベルト・バルボン阪急から獲得してチーム再建を図るが、チームは開幕から最下位を独走。それでもこの年は2位以下が団子レースだったこともあり最下位脱出のチャンスが訪れたが8月以降は負けが込み、力及ばず借金46で2年連続の最下位に終わった。シーズン終了後、バルボンがこの年限りで引退した(その後1974年に阪急コーチとして球界に復帰)。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 バルボン
2 安井俊憲
3 小玉明利
4 土井正博
5 山本八郎
6 島田光二
7 小森光生
8 吉沢岳男
9 徳久利明
1965年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 -- 南海 --
2位 東京 2.5 東京 10.5 東映 18.0 東映 21.5 阪急 25.0 東映 22.0 東映 12.0
3位 西鉄 3.0 西鉄 10.5 東京 20.5 西鉄 26.0 西鉄 25.0 西鉄 22.5 西鉄 15.5
4位 東映 3.5 阪急 11.5 阪急 21.5 東京 28.0 東映 26.0 阪急 24.5 阪急 21.5
5位 近鉄 5.5 東映 12.0 西鉄 22.0 阪急 28.0 東京 29.5 東京 30.0 東京 25.5
6位 阪急 6.5 近鉄 15.5 近鉄 23.0 近鉄 31.5 近鉄 38.5 近鉄 42.0 近鉄 42.5
1965年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 88 49 3 .642 -
2位 東映フライヤーズ 76 61 3 .555 12.0
3位 西鉄ライオンズ 72 64 4 .529 15.5
4位 阪急ブレーブス 67 71 2 .486 21.5
5位 東京オリオンズ 62 74 4 .456 25.5
6位 近鉄バファローズ 46 92 2 .333 42.5

[1]

オールスターゲーム1965[編集]

ファン投票 高木喬 小玉明利
監督推薦 徳久利明 吉沢岳男 山本八郎 土井正博

できごと[編集]

選手・スタッフ[編集]

[2][3]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
受賞者なし
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
高木喬 一塁手 初受賞
小玉明利 三塁手 4年連続5度目

ドラフト[編集]

順位 選手名 守備 所属 結果
1位 田端謙二郎 投手 電電九州 入団
2位 鈴木啓示 投手 育英高 入団
3位 長井繁夫 内野手 PL学園高 拒否・中央大学進学
4位 飯田幸夫 内野手 横浜高 入団
5位 松原良明 外野手 米子工業高 入団
6位 田中章 投手 日本通運 拒否
7位 渡辺立也 捕手 徳島商業高 拒否・関西大学進学
8位 得津高宏 外野手 PL学園高 拒否・クラレ岡山入社
9位 金子準一 投手 今治南高 拒否・同年ドラフト外で西鉄入団

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1965年 パシフィック・リーグ”. 日本野球機構. 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ ベースボールマガジン2002夏季号, ベースボールマガジン社, (2002), p. 138 
  3. ^ 『日本プロ野球80年史 1934-2014』【記録編】、ベースボール・マガジン社、2014年12月24日。ISBN 978-4-583-10668-7。