1965年の阪急ブレーブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1965年の阪急ブレーブス
成績
パシフィック・リーグ4位
67勝71敗2分 勝率.486[1]
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場
阪急西宮球場
Hankyu-Nishinomiya-Stadium-2.jpg
球団組織
オーナー 小林米三
経営母体 京阪神急行電鉄
監督 西本幸雄
 < 1964 1966 > 

1965年の阪急ブレーブスでは、1965年シーズンの阪急ブレーブスの動向をまとめる。

この年の阪急ブレーブスは、西本幸雄監督の3年目のシーズンである。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

開幕オーダー
1 ウインディ
2 石川進
3 スペンサー
4 石井晶
5 ウォールス
6 早瀬方禧
7 河野旭輝
8 岡村浩二
9 足立光宏
1965年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位
2位
3位
4位
5位
6位
1965年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 南海ホークス 88 49 3 .642 -
2位 東映フライヤーズ 76 61 3 .555 12.0
3位 西鉄ライオンズ 72 64 4 .529 15.5
4位 阪急ブレーブス 67 71 2 .486 21.5
5位 東京オリオンズ 62 74 4 .456 25.5
6位 近鉄バファローズ 46 92 2 .333 42.5

[1]

オールスターゲーム[編集]

コーチ 西本幸雄
ファン投票 スペンサー
監督推薦 梶本隆夫 石井茂雄

できごと[編集]

  • 8月14日8月15日南海野村克也三冠王を争っていたダリル・スペンサー東京戦でプロ野球新記録(当時)となる8連続四球責め。
  • 10月2日:南海戦、スペンサーは西本幸雄監督の配慮でトップバッターとなるも、南海投手陣四球責め、7回に抗議を兼ねてバットを逆さまに持って打席に入るが、それでも敬遠される。スペンサーはこの後10月5日にバイク事故に遭い全治2ヶ月の重傷、残り11試合の出場が絶望となる。

選手・スタッフ[編集]

表彰選手[編集]

リーグ・リーダー
選手名 タイトル 成績 回数
スペンサー 最高出塁率 .423 初受賞
ベストナイン
選手名 ポジション 回数
スペンサー 二塁手 2年連続2度目

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 年度別成績 1965年 パシフィック・リーグ”. 2017年5月24日閲覧。