1965年のNFL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
1965年のNFL
レギュラーシーズン
日程
東チャンピオン クリーブランド・ブラウンズ
西チャンピオン グリーンベイ・パッカーズ
NFLチャンピオンシップ
開催日 1966年1月2日
開催都市 ウィスコンシン州グリーンベイ
スタジアム ランボー・フィールド
NFLチャンピオン グリーンベイ・パッカーズ
NFLシーズン
 < 1964 1966 > 
1965年のAFL

1965年のNFLは、NFL46回目のレギュラーシーズンである。

シーズンは、NFLチャンピオンシップでグリーンベイ・パッカーズクリーブランド・ブラウンズを破り、幕を閉じた。翌年からスーパーボウル(創設当時の名称はAFL-NFLワールドチャンピオンシップ)が創設されたので、NFLチャンピオンシップが最終的なチャンピオンを決める試合として扱われたのは、この年が最後である。

AFLとの競争[編集]

この頃になると、NFLとAFLの選手獲得競争は激化していた。RBゲイル・セイヤーズはNFLのシカゴ・ベアーズとAFLのカンザスシティ・チーフスの両方からドラフト指名され、シカゴ・ベアーズを選択し、QBジョー・ネイマスはNFLのセントルイス・カージナルスとAFLのニューヨーク・ジェッツの両方からドラフト指名され、42万7千ドルのサラリーを提示したジェッツと契約した。

このような獲得競争は、NFLとAFLの合併が合意するまで、激化した。

主なルール変更[編集]

  • 6人目の審判として線審が追加された。この変更は、スクランブルをしたQBがパスを投げる前にスクリメージラインを超えたか否かを判断しやすくするためのものである。当時、バイキングスQBのフラン・ターケントンがスクランブラーとの異名を持つほど、スクランブルを多用していたので、「フラン・ターケントン・ルール」と呼ばれることもある。

日程[編集]

各チーム14試合の対戦相手は、以下のように組まれた。

  • 同カンファレンス(12試合)
  • 他カンファレンス(2試合)

順位表[編集]

東カンファレンス
チーム 得点 失点
クリーブランド・ブラウンズ 11 3 0 .786 363 325
ダラス・カウボーイズ 7 7 0 .500 325 280
ニューヨーク・ジャイアンツ 7 7 0 .500 270 338
ワシントン・レッドスキンズ 6 8 0 .429 257 301
フィラデルフィア・イーグルス 5 9 0 .357 363 359
セントルイス・カージナルス 5 9 0 .357 296 309
ピッツバーグ・スティーラーズ 2 12 0 .143 202 397
西カンファレンス
チーム 得点 失点
グリーンベイ・パッカーズ 10 3 1 .769 316 224
ボルチモア・コルツ 10 3 1 .769 389 284
シカゴ・ベアーズ 9 5 0 .643 409 275
サンフランシスコ・49ERS 7 6 1 .538 421 402
ミネソタ・バイキングス 7 7 0 .500 383 403
デトロイト・ライオンズ 6 7 1 .462 257 295
ロサンゼルス・ラムズ 4 10 0 .286 269 328

プレイオフ[編集]

NFLチャンピオンシップ[編集]

1966年1月2日 ウィスコンシン州グリーンベイ ランボー・フィールド
グリーンベイ・パッカーズ 23 - 12 クリーブランド・ブラウンズ

プレイオフボウル[編集]

プレイオフボウルは各カンファレンスの2位チーム同士で対戦し、リーグの3位を決定した試合である。

1966年1月9日 フロリダ州マイアミ オレンジボウル
ボルチモア・コルツ 35 - 3 ダラス・カウボーイズ

脚注[編集]

[ヘルプ]