1966年のテレビ (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

1966年のテレビ(1966ねんのテレビ)では、1966年昭和41年)の日本におけるテレビジョン放送全般の動向についてまとめる。

できごと[編集]

カラーテレビの普及に伴い、カラーテレビジョン放送の中継網が完成[1]。また民放ネットワークも、TBSキー局とするJNNに続き、この年の4月に日本テレビ系・NNN、10月にフジテレビ系・FNNがそれぞれ発足した。

TBSがこの年の年間視聴率で、ゴールデンタイム(19〜22時)において首位となる(1963年から4年連続)。また、NHKはこの年の年間視聴率で、全日帯(6〜24時)において首位となる(こちらも1963年から4年連続)。

1月
2月
3月
  • 赤旗が日本で初めてラテ欄を終面に掲載。以後、後追いが続き三大紙、地方紙の標準形態となる。
4月
5月
朝日放送(現・朝日放送グループホールディングス[9]2代目社屋(ABCセンター)稼働開始
(6月1日)
6月
7月
9月
10月
11月
12月

視聴率[編集]

(※関東地区、ビデオリサーチ調べ)

  1. 第17回NHK紅白歌合戦(NHK総合、12月31日)74.0%
  2. プロボクシング・世界バンタム級タイトルマッチ「ファイティング原田×エデル・ジョフレ」(フジテレビ、5月31日)63.7%
  3. ザ・ビートルズ日本公演(日本テレビ、7月1日)56.5%
  4. 連続テレビ小説 おはなはん(NHK総合、9月19日)56.4%
  5. ニュース(NHK総合、12月31日 21:00-21:05)55.9%
  6. プロボクシング・世界フライ級王座決定戦「ホラシオ・アカバロ×高山勝義」(フジテレビ、3月1日)50.7%
  7. てなもんや三度笠(TBS、10月2日)49.4%
  8. ゆく年くる年(NHK総合、12月31日)47.9%
  9. スタジオ102(NHK総合、2月5日 7:30-8:00)47.4%
  10. ニュース(NHK総合、2月5日 8:00-8:15)46.7%
  11. ニュース(NHK総合、4月26日 7:00-7:15)46.2%
  12. スター千一夜王貞治・小八重恭子」(フジテレビ、12月2日)45.9%
  13. 統一スト現場中継(NHK総合、4月26日 7:15-7:35)45.5%
  14. ザ・ガードマン(TBS、9月23日)44.7%
  15. カメラリポート(NHK総合、6月28日)44.4%
  16. そっくりショー(日本テレビ、2月8日)43.9%
  17. 氷点(NETテレビ、4月17日)42.7%
  18. 三菱ダイヤモンドアワープロレスリング(日本テレビ、5月13日)41.9%

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
NETテレビ

映画番組[編集]

特撮番組[編集]

テレビアニメ[編集]

バラエティ番組[編集]

演芸番組[編集]

クイズ番組[編集]

音楽番組[編集]

教育・子供向け番組[編集]

トーク番組[編集]

ドキュメンタリー番組[編集]

報道・情報・ワイドショー番組[編集]

特別番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「NHK大河ドラマ大全 50作品徹底ガイド」(NHK出版、2011年)81頁。
  2. ^ このうち『あけてくれ!』は放送されなかったが、1967年12月24日に再放送にて第28話として初放送された。
  3. ^ 1966(昭和41)年1月2日 初の怪獣番組「ウルトラQ」スタート - 毎日.jp ニュースボックス、2012年3月1日閲覧[リンク切れ]
  4. ^ a b なお『ウルトラQ』終了翌週ならびに『ウルトラマン』開始前となる7月10日には緊急特別番組として『ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生』が放送された(杉並公会堂にて公開収録)。
  5. ^ NHK放映終了後もなお人気を誇り、その後もTBSやテレビ東京などで放送され、2000年代にはNHK教育(現・Eテレ)でも放送された。
  6. ^ 1966(昭和41)年5月4日 フジテレビで「銭形平次」が放送開始 - 毎日.jp ニュースボックス、2012年3月2日閲覧[リンク切れ]
  7. ^ 現在『笑点』の開始5分前に放送されているミニ番組『もう笑点』にて、死去する前日の2018年7月1日放送分まで出演した。
  8. ^ 1966(昭和41)年5月15日 「笑点」スタート - 毎日.jp ニュースボックス、2011年11月23日閲覧[リンク切れ]
  9. ^ 2018年4月1日の放送持株会社制移行で朝日放送グループホールディングスとなり、テレビ放送事業は現在の朝日放送テレビに承継された。
  10. ^ 当初から参天製薬の一社提供で『(大学→サンテ)10人抜きのど自慢』だったが、この年の4月から松下電器産業(現・パナソニック)にスポンサーが交代し『ナショナル10人抜きのど自慢』となった。
  11. ^ “テレビ朝日:「日曜洋画劇場」を名称変更しリニューアル 洋画苦戦で大型ドラマなど投入へ”. まんたんウェブ (毎日新聞デジタル). (2013年3月6日). http://mantan-web.jp/2013/03/06/20130306dog00m200021000c.html 
  12. ^ 日本テレビ50年史編集室(編集) 『テレビ夢50年 番組編2 1961〜1970』、2004年、22頁。 
  13. ^ テレビアニメとしてはそれ以前に『もぐらのアバンチュール』『新しい動画 3つのはなし』『インスタントヒストリー』『おとぎマンガカレンダー』などが放映されている。
  14. ^ 日本テレビ最後のハウス食品一社提供番組。
  15. ^ 7月16日に『日産スター劇場』で放送。アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロケ作品。
  16. ^ 日本初放映から38年後の2004年に、当時と同じTBSにて日本オリジナルのリメイク版が放映された。
  17. ^ 1984年4月まで18年にわたり放送され、大川版終了後も、同じくフジテレビにて北大路欣也主演で数回制作されている(これ以外にも、大川版終了から3年後の1987年には日本テレビにて風間杜夫主演で制作された。また2004年にはテレビ朝日にて村上弘明主演で制作された)。

参考[編集]

など