1966年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1966年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ボルチモア・オリオールズAL 4
ロサンゼルス・ドジャースNL 0
シリーズ情報
試合日程 10月5日–9日
観客動員 4試合合計:22万0791人
1試合平均:05万5198人
MVP フランク・ロビンソン(BAL)
のちの殿堂表彰者 ルイス・アパリシオ(BAL内野手)
ジム・パーマー(BAL投手)
ブルックス・ロビンソン(BAL内野手)
フランク・ロビンソン(BAL外野手)
ウォルター・オルストン(LAD監督)
ドン・ドライスデール(LAD投手)
サンディー・コーファックス(LAD投手)
ネスター・チャイラク(審判員)
チーム情報
ボルチモア・オリオールズ(BAL)
シリーズ出場 22年ぶり02回目
GM ハリー・ダルトン
監督 ハンク・バウアー
シーズン成績 97勝63敗・勝率.606
分配金 選手1人あたり1万1683.04ドル[1]
ロサンゼルス・ドジャース(LAD)
シリーズ出場 02年連続13回目
GM バジー・バベシ
監督 ウォルター・オルストン
シーズン成績 95勝67敗・勝率.586
分配金 選手1人あたり8189.36ドル[1]
全米テレビ中継
放送局 NBC
ワールドシリーズ
 < 1965 1967 > 

1966年の野球において、メジャーリーグベースボール(MLB)優勝決定戦の第63回ワールドシリーズ(63rd World Series)は、10月5日から9日にかけて計4試合が開催された。その結果、ボルチモア・オリオールズアメリカンリーグ)がロサンゼルス・ドジャースナショナルリーグ)を4勝0敗で下し、球団創設66年目で初の優勝を果たした。

両チームの対戦はシリーズ史上初めて。オリオールズは、前回のシリーズ出場時ミズーリ州セントルイスを本拠地都市とする "セントルイス・ブラウンズ" として活動しており、メリーランド州ボルチモアに移転してオリオールズとなってからは今回が初のシリーズ出場だった。今シリーズではオリオールズ投手陣がドジャース打線を封じ込んでおり、シリーズ防御率0.50および33イニング連続無失点はいずれも当時のシリーズ史上最高記録である[2]シリーズMVPには、第4戦で先制・決勝のソロ本塁打を放つなど、4試合で打率.286・2本塁打・3打点OPS 1.232という成績を残したオリオールズのフランク・ロビンソンが選出された。

試合結果[編集]

1966年のワールドシリーズは10月5日に開幕し、途中に移動日を挟んで5日間で4試合が行われた。日程・結果は以下の通り。

日付 試合 ビジター球団(先攻) スコア ホーム球団(後攻) 開催球場
10月05日(水) 第1戦 ボルチモア・オリオールズ 5-2 ロサンゼルス・ドジャース ドジャー・スタジアム
10月06日(木) 第2戦 ボルチモア・オリオールズ 6-0 ロサンゼルス・ドジャース
10月07日(金) 移動日
10月08日(土) 第3戦 ロサンゼルス・ドジャース 0-1 ボルチモア・オリオールズ メモリアル・スタジアム
10月09日(日) 第4戦 ロサンゼルス・ドジャース 0-1 ボルチモア・オリオールズ
優勝:ボルチモア・オリオールズ(4勝0敗 / 球団創設66年目で初)

第1戦 10月5日[編集]

映像外部リンク
1回表、フランク・ロビンソンがドン・ドライスデールから先制2点本塁打を放つ。MLB.comによる映像(英語、49秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボルチモア・オリオールズ 3 1 0 1 0 0 0 0 0 5 9 0
ロサンゼルス・ドジャース 0 1 1 0 0 0 0 0 0 2 3 0
  1. : モー・ドラボウスキー(1勝)  : ドン・ドライスデール(1敗)  
  2. :  BAL – フランク・ロビンソン1号2ラン、ブルックス・ロビンソン1号ソロ
  3. 審判:球審…ビル・ジャッコウスキー(NL)、塁審…一塁: ネスター・チャイラク(AL)、二塁: クリス・ペレコダス(NL)、三塁: ジョニー・ライス(AL)、外審…左翼: メル・スタイナー(NL)、右翼: カル・ドラモンド(AL)
  4. 試合時間: 2時間56分 観客: 5万5941人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボルチモア・オリオールズ ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・アパリシオ 1 M・ウィルス
2 R・スナイダー 2 W・デービス
3 F・ロビンソン 3 L・ジョンソン
4 B・ロビンソン 4 T・デービス
5 B・パウエル 5 J・ラフィーバー
6 C・ブレファリー 6 W・パーカー
7 D・ジョンソン 7 J・ギリアム
8 A・エチェバレン 8 J・ローズボロ
9 D・マクナリー 9 D・ドライスデール
先発投手 投球 先発投手 投球
D・マクナリー D・ドライスデール

第2戦 10月6日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ボルチモア・オリオールズ 0 0 0 0 3 1 0 2 0 6 8 0
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 6
  1. : ジム・パーマー(1勝)  : サンディー・コーファックス(1敗)  
  2. 審判:球審…ネスター・チャイラク(AL)、塁審…一塁: クリス・ペレコダス(NL)、二塁: ジョニー・ライス(AL)、三塁: メル・スタイナー(NL)、外審…左翼: カル・ドラモンド(AL)、右翼: ビル・ジャッコウスキー(NL)
  3. 試合時間: 2時間26分 観客: 5万5947人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ボルチモア・オリオールズ ロサンゼルス・ドジャース
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 L・アパリシオ 1 M・ウィルス
2 C・ブレファリー 2 J・ギリアム
3 F・ロビンソン 3 W・デービス
4 B・ロビンソン 4 R・フェアリー
5 B・パウエル 5 J・ラフィーバー
6 D・ジョンソン 6 L・ジョンソン
7 P・ブレアー 7 J・ローズボロ
8 A・エチェバレン 8 W・パーカー
9 J・パーマー 9 S・コーファックス
先発投手 投球 先発投手 投球
J・パーマー S・コーファックス

第3戦 10月8日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0
ボルチモア・オリオールズ 0 0 0 0 1 0 0 0 X 1 3 0
  1. : ウォーリー・バンカー(1勝)  : クロード・オスティーン(1敗)  
  2. :  BAL – ポール・ブレアー1号ソロ
  3. 審判:球審…クリス・ペレコダス(NL)、塁審…一塁: ジョニー・ライス(AL)、二塁: メル・スタイナー(NL)、三塁: カル・ドラモンド(AL)、外審…左翼: ビル・ジャッコウスキー(NL)、右翼: ネスター・チャイラク(AL)
  4. 試合時間: 1時間55分 観客: 5万4445人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース ボルチモア・オリオールズ
打順 守備 選手 打席
1966年のワールドシリーズの位置(野球内)
C・オスティーン
C・オスティーン
J・ローズボロ
J・ローズボロ
J・ケネディ
J・ケネディ
L・ジョンソン
L・ジョンソン
R・フェアリー
R・フェアリー
打順 守備 選手 打席
1966年のワールドシリーズの位置(野球内)
W・バンカー
W・バンカー
A・エチェバレン
A・エチェバレン
C・ブレファリー
C・ブレファリー
P・ブレアー
P・ブレアー
1 M・ウィルス 1 L・アパリシオ
2 W・パーカー 2 C・ブレファリー
3 W・デービス 3 F・ロビンソン
4 R・フェアリー 4 B・ロビンソン
5 J・ラフィーバー 5 B・パウエル
6 L・ジョンソン 6 D・ジョンソン
7 J・ローズボロ 7 P・ブレアー
8 J・ケネディ 8 A・エチェバレン
9 C・オスティーン 9 W・バンカー
先発投手 投球 先発投手 投球
C・オスティーン W・バンカー

第4戦 10月9日[編集]

映像外部リンク
4回裏、フランク・ロビンソンがドン・ドライスデールから先制・決勝のソロ本塁打を放つ。MLB.comによる映像(英語、41秒)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ロサンゼルス・ドジャース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
ボルチモア・オリオールズ 0 0 0 1 0 0 0 0 X 1 4 0
  1. : デーブ・マクナリー(1勝)  : ドン・ドライスデール(2敗)  
  2. :  BAL – フランク・ロビンソン2号ソロ
  3. 審判:球審…ジョニー・ライス(AL)、塁審…一塁: メル・スタイナー(NL)、二塁: カル・ドラモンド(AL)、三塁: ビル・ジャッコウスキー(NL)、外審…左翼: ネスター・チャイラク(AL)、右翼: クリス・ペレコダス(NL)
  4. 試合時間: 1時間45分 観客: 5万4458人
    詳細: Baseball-Reference.com
両チームの先発ラインナップ
ロサンゼルス・ドジャース ボルチモア・オリオールズ
打順 守備 選手 打席 打順 守備 選手 打席
1 M・ウィルス 1 L・アパリシオ
2 W・デービス 2 R・スナイダー
3 L・ジョンソン 3 F・ロビンソン
4 T・デービス 4 B・ロビンソン
5 J・ラフィーバー 5 B・パウエル
6 W・パーカー 6 C・ブレファリー
7 J・ローズボロ 7 D・ジョンソン
8 J・ケネディ 8 A・エチェバレン
9 D・ドライスデール 9 D・マクナリー
先発投手 投球 先発投手 投球
D・ドライスデール D・マクナリー

脚注[編集]

  1. ^ a b "World Series Gate Receipts," Baseball Almanac. 2018年12月31日閲覧。
  2. ^ foxsports, "Baltimore Orioles History: Orioles Complete Greatest World Series Pitching Run," FOX Sports, June 30, 2017. 2018年12月31日閲覧。